メンバーのアカウントの解除

時とともに、ワークスペースのメンバーの顔ぶれも変わるものです。メンバーのアカウントを解除することも、または、任意でメンバーがワークスペースを退会することも可能です。 🍂

アカウントが解除された時にはどうなりますか?

  • そのメンバーは、ワークスペースへのサインインができなくなります。
  • このメンバーが設定したアプリやインテグレーションは無効になります。
  • Slack 内のこのメンバーのメッセージやファイルへは引き続きアクセスすることができます。

注意 : ワークスペースのメッセージ履歴を保存するため、メンバーのアカウントを Slack から完全に削除することはできません。


アカウントを解除する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択します。
  3. 「メンバーを管理する」を選択します。
  4. アカウントを解除するメンバーの種別のとなりにある (矢印のアイコン) をクリックします。
  5.  Deactivate Account  をクリックしてアカウントを解除します。

要注意 : 管理者のアカウントの解除は、ワークスペースのオーナーのみ実行することができ、他のオーナーのアカウントの解除は、ワークスペースのプライマリーオーナーのみ実行することができます。

解除済みの アカウントとメッセージ履歴

アカウントの解除後も、そのメンバーのメッセージやファイルへは引き続き Slack 内でアクセスすることが可能です。これは、ワークスペースのメッセージ履歴を保存し、他のメンバーの混乱を防ぐための施策です。

希望に応じて、メンバーはアカウントの解除前に 自身の個々のメッセージファイル の削除を選択することができます。


アカウントの再開

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択します。
  3. 「メンバーを管理する」を選択します。
  4. 右端の「解除済みアカウント」タブをクリックします。
  5. 再開するアカウントの横の  ▸  (矢印のアイコン) をクリックします。
  6.  Enable Account  をクリックしてアカウントを再開します。


アカウントが再開され次第、そのメンバーはワークスペースへサインインできるようになります。 アカウントが解除される以前に送信されたメッセージやダイレクトメッセージのすべてにアクセスすることが可能です。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者しかこの機能を使うことはできません。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事