Slack のインポート/エクスポートの手段

ここでは、Slack のインポート/エクスポートツールを使用する際に、どのようにデータへのアクセスが行われるのか等、知っておくべきポイントをまとめてご紹介します。プランごとの詳細については、以下の プラン別のインポート/エクスポートツール を参照してください。

エクスポートの概要

様々な理由から (場合によっては法的な理由から)、データのエクスポートが必要になる場合があるかと思います。他のビジネス向けツール同様、Slack でもコンテンツのエクスポート機能を提供しています。ですが、このコンテンツのエクスポート機能の利用には条件があり、それらを満たした場合でのみ利用が可能となっています。これらの制限は、雇用法やプライバシー保護法、その他の法律への遵守、および企業ポリシー等を考慮した上で設けられたものです。さらに、ワークスペースの所在地の法律やポリシーによっては、エクスポートツールの使用時には全社員へその旨の通知を行うことを、企業が義務付けられている場合もあります。 

顧客側でコンテンツのエクスポートが必要となる例 :
(※「顧客」とは、Slack を作成・契約した企業/個人を指します)

  • 企業がハラスメントや企業秘密の盗難の報告を受け、職場での調査を行う必要がある場合。
  • 特定の通信内容の一定期間における記録保管が規制により義務付けられている金融サービス企業。
  • 訴訟や捜査により、裁判所命令で Slack の情報を開示しなければならない場合。
  • EU 一般データ保護規則 (GDPR) の定めに従い、元従業員からの要求に応じその従業員に関して元雇用主が保持する情報の写しを提供する場合。

Slack のエクスポートツールは、顧客の皆さまの義務遵守をサポートするものです。同時に、こうしたツールやその使用要件は、皆さまにとって Slack が安全に業務を遂行できる場であり続けるためには欠かせないものです。

注意 : エクスポートが可能なコンテンツは、契約プランやデータ保存設定などの条件によっては制限されている場合があります。詳しくは メッセージとファイルのカスタム保存ポリシーのカスタマイズ を参照してください。

 

プラン別 インポート/エクスポートツール

フリー または スタンダードプラン

  • インポート : インポートツールを使って、次のソースのコンテンツをインポートすることができます :
      • 他の Slack ワークスペース
      • CSV/テキストファイル
      • サードパーティアプリ (HipChat、Flowdock、Campfire、Chatwork 等) からエクスポートされたデータ


  • エクスポート : ワークスペースのオーナーと管理者は、Standard Export を利用して、パブリックチャンネルのコンテンツのみをエクスポートすることができます。Standard Export には、ファイルへのリンクは含まれますが、ファイル自体は含まれません。 

    プライベートチャンネルやダイレクトメッセージ、グループ DM からコンテンツをエクスポートする際には、ワークスペースのオーナーは Slack に連絡し、エクスポートを申請する必要があります。申請の際には、ワークスペースのオーナーは毎回必ず以下を Slack へ提出する必要があります。これらの提出がない場合、データのエクスポート申請は却下となりますのでご注意ください。
      (a) 政府機関もしくは規制当局による有効かつ拘束力のある要求 (命令) 書
      (b) メンバーの同意書
      (c) データのエクスポートが適切な法律および規定に基づく請求・権利であることの証明。
     

プラスプラン

  • インポート : インポートツールを使って、次のソースのコンテンツをインポートすることができます :
      • 他の Slack ワークスペース
      • CSV/テキストファイル
      • サードパーティアプリ (HipChat、Flowdock、Campfire、Chatwork 等) からエクスポートされたデータ


  • エクスポート : セルフサービスエクスポートツールである Corporate Export (コーポレートエクスポート) が利用可能ですが、ワークスペースのオーナーは、このツールへのアクセスを Slack に対し申請する必要があります。このツールにより必要に応じて、ワークスペースのオーナーは法律が許す範囲内でプライベートチャンネルやダイレクトメッセージ、グループ DM からコンテンツをエクスポートすることが可能です。ワークスペースのオーナーはこのエクスポートの実行が、(a) 適切な企業ポリシーおよび雇用契約書を順守するものであり、また (b) いかなる Corporate Export の使用ケースも適切な法の範囲内である事を保証しなければなりません。

    既存のエクスポートツールである「プラスデータエクスポート」は2018年5月25日付で廃止し、これに代わり Corporate Export の利用を開始しました。プラスデータエクスポートを以前有効にしていたワークスペースでは、廃止後も引き続き、Corporate Export を利用してワークスペースのコンテンツをエクスポートすることが可能です。



    加えて、ワークスペースのオーナーと管理者は、Standard Export を利用して、パブリックチャンネルのコンテンツのみをエクスポートすることも可能です。Standard Export には、ファイルへのリンクは含まれますが、ファイル自体は含まれません。

注意 : Corporate Export 申請が承認されると、この機能を利用できるようになります。その代わり、Standard Export(パブリックチャンネルのデータ「のみ」のエクスポート)は利用できなくなります。

 

Enterprise Grid プラン

  • インポート : インポートツールを使って、次のソースのコンテンツをインポートすることができます :
      • 他の Slack ワークスペース
      • CSV/テキストファイル
      • サードパーティアプリ (HipChat、Flowdock、Campfire、Chatwork 等) からエクスポートされたデータ


  • エクスポート :
    【オーガナイゼーションレベル】
    Discovery API
    を経由した、サードパーティー製アプリケーションによるエクスポートが利用できます。これにより OrG オーナーは、OrG のあらゆるコンテンツのエクスポートと保存が可能となり、OrG コンテンツに関するセキュリティとその他法令やポリシーの順守義務を満たすことが可能となります。Discovery API 経由のエクスポートにはファイルへのリンクだけでなく、ファイルそのもの (PDF、JPG など) が含まれます。OrG オーナーはこのエクスポートの実行が、(a) 適切な企業ポリシーおよび雇用契約書を順守するものであり、また (b) いかなる Discovery API の使用ケースも適切な法の範囲内である事を保証しなければなりません。

    Discovery API 経由のエクスポートにはファイルへのリンクだけでなく、ファイルそのもの (PDF、JPG など) が含まれます。また、Discovery API は eDiscovery および情報漏えい対策 (DLP) ソリューションに対応しているため、定期的なエクスポートとその他の保護データ管理策の実施により機密情報および規制情報に関する顧客の義務を順守したデータ管理を可能にします。

    【ワークスペースレベル】
    個々のワークスペースのオーナーと管理者も、Standard Export を利用して、パブリックチャンネルのコンテンツに限りエクスポートすることができます。

Tip : ワークスペースの種別についての詳細は Slack メンバーの種別と権限 を参照してください。Slack アカウントをお持ちの場合には、アカウントページの「ワークスペース設定」タブからワークスペースのオーナーと管理者の連絡先を確認することができます。


エクスポートオプションの比較

以下はそれぞれのエクスポートオプションの特徴と機能の比較リストです。(2018年5月25日付けで発効)

 

Standard Export

全てのワークスペースのオーナーと管理者が実行可能

Corporate
Export

条件を満たした場合に限りワークスペースのオーナーが実行可能


Discovery API

OrG オーナーのみ実行可能

パブリックチャンネルのコンテンツ
パブリックチャンネル (アーカイブされたチャンネル含む) のメッセージ、ファイルへのリンク、およびメッセージの編集と削除のログを含む。
DM とグループ DM*
メッセージとファイルへのリンクを含む。
 
プライベートチャンネルのコンテンツ*
メッセージとファイルへのリンクを含む。
 
eDiscovery と DLP 機能
承認されたサードパーティーアプリを経由。クエリ、アクセス、メッセージの編集と削除のログ、およびファイル (ファイルへのリンクではなくファイル自体) を含む。
    ✓ 


* フリープランおよびスタンダードプランを利用するワークスペースのオーナーは、Slack に連絡し、プライベートチャンネルおよび DM/グループ DM のエクスポートを申請する必要があります。申請の際には、ワークスペースのオーナーは毎回必ず以下を Slack へ提出する必要があります。これらの提出がない場合、データのエクスポート申請は却下となりますのでご注意ください。
  (a) 政府機関もしくは規制当局による有効かつ拘束力のある要求 (命令) 書
  (b) メンバーの同意書
  (c) データのエクスポートが適切な法律および規定に基づく請求・権利であることの証明。

お問い合わせ :  feedback@slack.com までメールにてお気軽にご連絡ください。日本語でのお問い合わせにも対応しています!

関連記事

最近チェックした記事