Slack データエクスポート ガイド

オーナーと管理者は、Slack からワークスペースのデータをエクスポートすることができます。Slack プランによって、利用可能なエクスポートの種類は異なります。詳しくは次でご説明します。 


スタンダードエクスポート

  • ワークスペースのオーナーまたは管理者が行うことができます。
  • フリープランと有料プランのワークスペースで利用できます。
  • パブリックチャンネルで共有されたメッセージとファイルを含みます。


プラスデータエクスポート

  • ワークスペースのオーナーのみが行うことができます。
  • 一部のプラスプランのワークスペースだけが利用可能
  • パブリック/プライベートチャンネルとダイレクトメッセージで共有されたメッセージとファイルを含みます。ただし、この機能が有効にされる前に送信されたメッセージは含まれません。
  • プラスデータエクスポートのデータを Slack 上で確認することはできません。ワークスペースのオーナーがこれらのファイルを Slack 上で閲覧・検索しようとしても、Slack にはそのためのインターフェースが備わっていません。
  • プラスデータエクスポート機能が利用可能になり次第、Slack からワークスペースに通知が届きます。

Tip: 自分のワークスペースでプラスデータエクスポートが有効になっているかどうかは  my.slack.com/account/team  で確認できます。


Discovery API

  • Slack Enterprise Grid を含む、一部の Slack プランで利用可能です。
  • Discovery API は、Slack を利用する顧客 (とそのワークスペースのオーナー) が OrG にサードパーティー製アプリケーションを連携させ、それを利用して Slack にアップロードされた全て (または一部) のメッセージやファイルをエクスポート・保存・アーカイブすることを可能にします。その OrG のデータには、顧客・ワークスペースのオーナーによって Enterprise の OrG に統合された 無料/スタンダード/プラスのプランのワークスペースで共有された全てのメッセージとファイルも含まれます。
  • Discovery API は、Slack が提供する アプリケーションではありません。そのため、このアプリケーションを有効にするかどうか、有効にした場合どのようにそれを設定するか、どのメッセージやファイルをエクスポート・保存・アーカイブするかは、全て顧客の判断になります。(Slack は関与いたしません。)Discovery API アプリケーションの使用の一切は、顧客とサードパーティーアプリケーションの提供者間のものです。 


Slack エクスポートオプションの比較

 

スタンダード エクスポート
全プラン

スタンダード エクスポート
有料プラン

プラスデータエクスポート
プラスプラン

Discovery API
エンタープライズ

パブリックチャンネルのメッセージ履歴

 ✓

パブリックチャンネルで共有されたファイル

 ✓

パブリックチャンネルのアーカイブ

 ✓

パブリックチャンネルのメッセージの編集・削除ログ

 

 ✓

プライベートチャンネルのメッセージ履歴

   

 ✓

ダイレクトメッセージの履歴

   

 ✓

プライベートチャンネルとDM内の共有ファイル

   

 ✓

 

Tip: ワークスペースのデータをエクスポートする方法については、データとメッセージ履歴のエクスポートを参照してください。

関連記事

最近チェックした記事