Slack に Twitter を連携させる

Twitter アプリを使うと、Slack 上で直接ツイートを確認することができます。会社の Twitter アカウントからツイートが投稿された時にチャンネルが自動的に更新されるようにしたり、または、Slack から簡単に自分の @ユーザー名を含むツイートを追跡することもできます。さらには、自分のツイートや、自分がメンションされたツイートを Slack で簡単に検索することも可能になります。

Twitter アプリを設定する

  1.  Twitter app のページ  にアクセスします。
  2. チーム名の横から  Install  をクリックします。
  3.  Add Twitter Integration  をクリックします。
  4. Twitter の認証を求められます。続ける時は、  Authorize app  (アプリを認証する) をクリックします。
  5. Slack で追跡したい Twitter アカウントの @ユーザー名 を入力します。
  6. 確認したいツイートを選択します。(注意 :  ここで何も選択されなかった場合、表示されるツイートはありません。)
  7. そのツイートを投稿する Slack 内のロケーションを設定します :  既存のチャンネルを指定してもいいし、新規にチャンネルを作成することもできます。
  8. 選択が終了したら  Save Settings  をクリックして設定終了です。

以上!これで、Twitter の更新が Slack の指定したチャンネルに表示されるようになりました。

Tip :   Twitter インテグレーションを追加したら、どんなツイートでも追跡できるようになります。無料プランを利用しているチームでは、これは1インテグレーションとしてカウントされます。

 

Twitter アプリのいろいろな使い方

Slack チームに Twitter を連携させれば、Twitter 上の様々なトピックを追跡することができます。

  • 利用しているサービスの最新情報をチェックする。
     新機能が追加されたり、システムの停止の連絡などがあった場合に、Slack からすぐ情報をキャッチできます。
  • 似たようなビジネスをフォローする
    「#business-競合他社」のようなチャンネルを設定してそこで競合ビジネスの動きをリアルタイムでマークすることができます。
  • まとめてチェック!
    会社所有のアカウント全てのツイートを一箇所にまとめれば、みんながそれらを見逃さずにチェックできます。
  • 交通情報のツイートをチェックする
    オフィス近辺の交通情報のツイートをフォローするチャンネルがあれば、電車やバスが止まったり遅延した時にすぐ知ることができます。

関連記事

最近チェックした記事