Google カレンダーと Slack を連携させる

Google カレンダーを Slack に連携させることで、あなたもチームも、通知やイベントリマインダーなどの便利機能で業務を整理整頓し、最新情報を常に把握できるようになります。App ディレクトリからは以下の2つのオプションを選択することができます :

  • Google カレンダー
    個人的な目的で使用するために設計されたアプリ。仕事のスケジュール管理に役立ちます。
  • Google カレンダー for Team Events
    一緒に働くグループのためのアプリ。共有カレンダーを Slack に連携させることができます。


カレンダーを Slack に連携させる

Google Calendar

Google Calendar for Team Events

Step 1 : アプリを開く、またはインストールする

  1. デスクトップから、左サイドバー最下部の「App」に移動します。
  2.  (プラスアイコン) をクリックします。1_Connecting_calendar_to_Slack.png
  3. Google Calendar を検索します。

    ✋まだアプリをインストールしていない場合は、「インストール」をクリックして Slack App ディレクトリに移動し、手順に従ってアプリをリンクします。

    👍すでにアプリをインストールしている場合は、「表示」をクリックします。

Step 2 : Slack で Google Calendar アプリを設定する

Slack への連携が完了すると、Google Calendar が左サイドバーの App の下に表示されます。以下の手順で設定を完了します。

  1. 「アプリ」から Google Calendar をクリックします。
  2. メッセージフィールドにスラッシュコマンド /gcal と入力して送信します。
  3. 「アカウントを連係させる」をクリックし、表示される手順に従います。
  4. アカウントを連係すると、Slack にリダイレクトされます。「このカレンダーを使用する」をクリックすれば設定完了です。
  1. Slack の App ディレクトリで Google カレンダー for Team Events を見つけます。
  2. アプリがまだワークスペースに連携されていない場合には、以下の手順でインストールします。
  3. 「カレンダーを Slack に連携させる」を選択します。
  4. Slack で通知を受け取りたいカレンダーを選択します。 
  5. カレンダーの投稿先となるチャンネルを選択します。 
  6. 受け取りたい通知をカスタマイズします。 
  7. 「インテグレーションの保存」をクリックします。
  8. 「終了する」を選択します。 

注意 : 複数の Google アカウントを Slack に接続し、追加で共有カレンダーを連携させることもできます。


Slack で Google カレンダーを使用する

Google Calendar

Google Calendar for Team Events

Slack のステータスを自動更新する

Google カレンダーアプリを使うと、主に使用するカレンダーに従って Slack のステータスが自動で 「会議中」に設定されるようになります。

Google_Calendar_Slack_Status.png

次の点に注意してください。 

  • Slack のステータスはいつでも削除・更新ができます。ユーザー本人が設定した内容をカレンダーアプリが上書きすることはありません。 
  • 参加を承諾した会議のみが Slack のステータスに反映されます。ステータスには会議の名前は含まれません。
  • 重複するイベントがあり、イベントの時間が異なる場合は、長い方に合わせてステータスが設定されます。ただし、イベントの開始時刻や終了時刻が異なる場合は、開始時刻が早いものに合わせてステータスが設定されます。

その他の機能

  • スケジュールの確認 
    毎朝届く予定概要でその日のスケジュールを確認したり、前夜に翌日の予定をチェックすることができます。メッセージボックスにスラッシュコマンド /gcal today/gcal tomorrow を入力して、今後予定されているイベントを確認することもできます。
  • 出席依頼への返信
    予定表を最新の状態に保つために、出席依頼の詳細や重複している会議の予定を確認し、出席依頼に「承諾」「辞退」「仮の予定」のいずれかで返信することができます。
  • 電話会議への参加
    Google Hangouts や Zoom を使用している場合には、イベントリマインダーからワンタップ/クリックでミーティングにリモート参加できます。

共有された Google Calendar を Slack に接続すると、指定したチャンネルで以下の更新情報を受け取ることができるようになります。

  • 特定の時間に1日のイベントのサマリーを受信
  • 週の特定の日時に週のイベントのサマリーを受信
  • イベントの作成、開始直前、詳細の変更時の通知


通知設定を変更する

Google Calendar

Google Calendar for Team Events

特定の通知のオン/オフの切り替えなど、Slack 内で Google Calendar 通知設定を変更することができます。手順は次のとおりです。

  1. 左サイドバーの App 項目で Google カレンダー をクリックします。
  2. メッセージフィールドに /gcal と入力して送信します。
  3.  「通知設定を更新する」をクリックします。 
  4. 通知設定を更新し、「更新」をクリックして保存します。

Slack で通知をトリガーするカレンダーアクティビティの種類は変更することができます。手順は次のとおりです。

  1. Slack の App ディレクトリで Google カレンダー for Team Events を見つけます。
  2. 更新したいカレンダーを見つけて (鉛筆のアイコン) をクリックします。
  3. なにを投稿したいですか?までスクロールダウンします。
  4. 通知設定を更新します。 
  5. 「保存」をクリックして終了します。


カレンダーの連携を解除する

Google Calendar

Google Calendar for Team Events

  1. 左サイドバーの App 項目で Google Calendar をクリックします。
  2. メッセージフィールドにスラッシュコマンド /gcal と入力して送信します。
  3. 「カレンダーの管理と環境設定」>「管理」を選択します。
  4. 「カレンダーの連携を解除する」を選択します。
  5. 「はい」をクリックして確定します。
  1. Slack の App ディレクトリで Google カレンダー for Team Events を見つけます。
  2. 更新したいカレンダーを見つけて (鉛筆のアイコン) をクリックします。
  3. 右上の  「削除する」をクリックします。
  4. 「OK」を選択して終了します。

関連記事

最近チェックした記事