Slack で Dropbox のファイルを共有する

Slack 上で Dropbox のファイルを共有することができます。これにより、チームで共有したい情報を全て一箇所にまとめることが可能になります。何より、Slack で共有すれば簡単に検索ができるようになり、さらに、チームに連携できる Dropbox のアカウント数にも制限はないので、とても便利です。

Dropbox を Slack に連携させる

以下の 2 種類の手順で、簡単に Dropbox を Slack に連携させることができます :

Dropbox のリンクを使って Slack で共有する

メッセージボックスに、共有しようとしている Dropbox のファイルのリンクをペーストします。ファイルの読み込みを許可する手順を、Slackbot がサポートしてくれますので、それに従います。(ここで Yes をクリックすれば、この手順を次回からスキップできます。)

Slack のファイルの読み込みを許可すると、ファイルのプレビューがインラインで表示されます。

App ディレクトリから Dropbox をインストールする

今すぐ Slack で共有できるファイルはないけれど、Dropbox アプリを設定したいという場合は、以下の手順に従います :

  1.  Dropbox アプリ のページにアクセスします。
  2. チーム名の横から  Install  (インストール) をクリックします。
  3.  Authenticate your Dropbox account (Dropbox のアカウントを認証する) をクリックします。
  4. Dropbox にサインインして、 Accept   (承認する) をクリックして Slack との連携を認証します。

以上です!これで、Dropbox から Slack でファイルを共有できるようになりました!

注意 :  Dropbox からファイルをインポートするメンバーは、それぞれ個々に、Dropbox インテグレーションを設定する必要があります。また、 Installed Apps  (インストールしたアプリ) ページから Dropbox の設定に戻れば、いつでも連携を解除することができます。

 

Dropbox からファイルを共有する

Dropbox のファイルのうち、共有を選択したファイルのみが、Slack にインデックスされます。以下の 2 種類の手順で、Dropbox のファイルを共有することができます :

  1. メッセージボックスに、ファイルへの リンクをペースト します。
  2. メッセージボックスの横の    (プラスアイコン) をクリックし、 A cloud service  にマウスポインタを重ね、 Dropbox  をクリックします。

Slack で、Dropbox から共有したファイルをクリックし、 Open original  (オリジナルを開く) をクリックすると、Dropbox 上でそれを確認することができます。

注意 :  インポートされたファイルは、Slack 上で検索と共有が可能になりますが、Slack に保存されているわけではありません。あくまで、Dropbox にそのまま保管されます。

関連記事

最近チェックした記事