Slack の 教育支援プログラム

Slack の教育支援プログラムは、審査を通った 団体や機関に対し、各プランを85%割引料金 (年額・月額ともに) にて提供いたします。

割引後のメンバー1人あたりの年額料金 :

$12.00  (年間)  —  Standard プラン

$22.50  (年間)  —  Plus プラン

プランを比較したい場合は、Slack の  Pricing Guide のページを参照してください。

対象ワークスペース

Slack の教育支援プログラムの対象 :

  • 非営利の教育機関
  • 正式に認可された初等・中等・高等教育機関*
  • 上記機関に所属する学生グループ
  • 対象となる教育機関の直属の系列団体
  • 学区と地域のサービス代理店*

Slack では、非営利団体を対象とした  Slack の NPO 支援プログラム  も提供しています。

*Slack の利用規約では、13歳未満の子供が Slack を使用することを認めていません。
** 教育省など、連邦政府と州 (または同等の) 政府の機関は Slack for Education を使用することはできません。

応募方法

ワークスペースのオーナーがアップグレードしたいワークスペースから直接応募申請することができます。まだ Slack を利用していないオーガナイゼーションの場合は、Slack ワークスペースを作成  してから応募してください。申請に利用したワークスペースを、Slack 教育支援プログラムの対象として認可します。

準備が整いましたら、Slack for Education application form  (Slack の教育支援プログラム応募フォーム) に入力してください。

自分の所属する団体と申請する Slack ワークスペースについての基本的な情報に加え、団体の非営利性または適格性を証明する書類の提出が必要となります。税務署や学校運営協議会が発行した公式文書などが証明書として利用できます。

審査のプロセス

Slack の担当者により、申請はできるだけ速やかに審査されます。

申請が承認されなかった場合、再審査に応じることはできませんが、今後、団体の状況に変更があった場合には、喜んで再申請を受け付けます。ワークスペースが承認されなくても、引き続き Slack のフリープランはご利用いただけます。

Slack は誰にでも使えますが、すべてのオーガナイゼーションが本プログラムの資格要件を満たせるわけではありません。Slack では資格要件に関するガイドラインを設けて、オーガナイゼーションの資格を独自の基準で審査しています。当社は、いかなる時にも、いかなる理由においても、オーガナイゼーションの申請または参加を承認または拒否し、当社の資格ガイドラインを追補または変更する権限を留保します。

請求額の変更

Slack の教育支援プログラムの対象として認可された場合、それまで無料プランを利用していたワークスペースは、申請が認可され次第、Standard プランへのアップグレードが可能になります。また、大変申し訳ありませんが、既にお支払いいただいた有料プランの 利用料の払い戻し はできません。 

本プログラムへの申請件数が大変多いため、お支払いに関しましては、ベンダー、納付書、決済代行サービス、支払い協定などには対応できません。何卒ご了承ください。

関連記事

最近チェックした記事