リマインダーを設定する

今日も元気に働きバチ!でもやることが多すぎていろいろ忘れそう… –そんな時は自分やメンバーにリマインダーを送るよう設定しておけば安心ですね。ミーティングや締め切り日などの大切なイベントのリマインダーはもちろん、やる気を上げるメッセージを送ることもできます。

デスクトップまたはモバイル端末からのリマインダーの設定方法には以下の2種類があります :

  • スラッシュコマンド「/remind」を使用した独自のリマインダー
    Slack 内のどこからでもスラッシュコマンド「 /remind 」を入力すると、Slackbot からリマインダーメッセージが届きます。
  • メッセージのリマインダー
    Slack でメッセージをフォローアップしたい場合には、時間の選択肢メニューからリマインダーを送ってほしい希望の時間を選び、Slackbot からリマインダーメッセージが届くように設定することができます。
     

Slack の言語設定を英語以外にしている場合
英語版以外の Slack では、リマインダー機能の操作方法が異なる場合があります。リマインド設定がうまくいかない場合は、英語で「/remind」とスラッシュコマンドを入力するといいでしょう。そのまま、カスタムリマインダー (以下) で説明されている通りにコマンドを手入力してもいいですし、または「/remind」と入力後 Enter (エンターキー) を押して、プリセットメニューを呼び出して設定することもできます。


カスタムリマインダーの設定

メッセージボックスに「/remind」と入力すると、入力テンプレートが表示されます : /remind [@メンバー/#チャンネル] [何を (日本語OK)] [任意: いつ (英語)]

以下入力例です :

メンバーやチャンネルにリマインダーを送信する場合

  スラッシュコマンド [@メンバー / #チャンネル] [何を (日本語可)] [いつ (英語)]
自分へ /remind me 水を飲む Everyday
他のメンバーへ /remind @kyoko レポート提出 May 30
チャンネルへ /remind #design 週例会議 Monday

注意 : プライベートチャンネルへのリマインダーを設定するときは、 /remind #[プライベートチャンネル名] と入力していきます。チャンネル名の前には「#」マークを必ずつけ、さらにプライベートチャンネル名を全て正確に手入力してください。

リマインダー入力例

リマインダーは自分に対してだけでなく、他のメンバーに対してやチャンネル全体に送信することが可能で、日時も自由に指定することができます。もし時間を指定せずにコマンドを入力した場合は、指定した日の (日付指定なしの場合には当日の) 午前 9 時に Slackbot がリマインダーを送信します。

📆 日時の入力フォーム

/remind スラッシュコマンドの [いつ (英語)] の部分に関し、Slackbot は多数の日付と時間の表記を理解することができますが、英語での入力が必要となります。以下に日時の入力例をあげましたので、ぜひ参考にしてみてください :

  • 経過時間指定 :
     
    in 10 seconds  (10 秒後)in 17 minutes  (17 分後)in 1 hour  (1 時間後)・in 2.5 hours (2 時間半後)
    入力例 :  /remind me 経理に電話して再確認 in 25 minutes
    (25分後、自分に「経理に電話して再確認」とリマインドが届きます。)

  • 時刻指定 :
    at 8:55pm (12時間制で午後 8:55 に)・at 16:00 (24 時間制で 16:00 に)
    at midnight (午前 0 時に)
    入力例 :  /remind @tomomi 1Fロビーに集合 at 12:30pm
    (午後 12:30 に、tomomiさんへ「1Fロビーに集合」とリマインダーが送信されます。)

  • 日付指定 :
     
    on January 1 (1月1日に)・on 8 Feb (2月8日に)・on 11/30/2018 (西暦で月日年の順に「MM/DD/YYYY」— この場合 2018年11月30日 に)
    入力例 :  /remind #営業 経費清算書提出してください! on December 15
    (12月15日に、#営業 チャンネルに「経費清算書提出してください!」とリマインダーが投稿されます。)

  • 毎週の繰り返し設定 :
    every weekday (平日に毎日)every Monday, Wednesday, and Friday (毎週の月・水・金に)
    入力例 :  /remind #デザイン 今日はレビューミーティングです every Thursday
    (毎週木曜日に、#デザインチャンネルに「今日はレビューミーティングです」とリマインダーが投稿されます。)

  • 隔週の繰り返し設定 :
    every other Tuesday (隔週火曜日に)
    入力例 :  /remind me フットサルの練習日 every other Wednesday
    (隔週水曜日に、自分に「フットサルの練習日」とリマインダーが届きます。)


🔂  繰り返しのリマインダー

繰り返しのリマインダーを設定することもできます。以下はその入力例です。 これらを参考に [いつ (英語)] の部分を入力してみてください :

  • /remind me チームミーティングのアジェンダ更新する on Mondays (毎週月曜日に)
  • /remind me チームミーティング at 11:00 every Tuesday (毎週火曜日の 11:00 に)
  • /remind me to 確定申告の準備 every January 25 (毎年1月25日に)
  • /remind me 家賃の振込 on the 4th of every month (毎月4日に)

注意 : 他のメンバーに対して繰り返しのリマインダーを設定することはできません。

 


メッセージにリマインダーを設定

Slack に投稿されたメッセージやファイルについてリマインダーを設定すると、Slackbot が指定したタイミングでリマインドしてくれます。

ポスト作成の手順は以下の通りです :

デスクトップ

iOS

Android

Windows Phone

  1. メッセージやファイルの     (その他のアクション) アイコンをクリックします。
  2. 後でリマインドするにマウスを重ねて表示されるオプションから、リマインドするタイミングを選択します。
  1. メッセージまたはファイルを長押しします。
  2. リマインダーを設定」をタップします。
  3. リマインドするタイミングを選択してタップします。
  1. メッセージまたはファイルを長押しします。
  2. リマインダーを設定」をタップします。
  3. リマインドするタイミングを選択してタップします。
大変申し訳ありません!現在のところ、Windows Phone アプリから、メッセージやファイルにリマインダーを設定することはできません。


リマインダーの管理

⏰ リマインダーのスヌーズ機能

リマインダーで設定したイベントを先送りしたい場合は、リマインダーに表示されるオプションをクリックして再設定することができます。
選択できる時間 :  in 15 minutes (15分後)、1 hour (1時間後)、tomorrow (明日)

注意 : チャンネルへのリマインダーではスヌーズ機能を使うことはできません。


✅  削除する・完了とする

Slackbot とのダイレクトメッセージで「/remind list」とスラッシュコマンドを入力すると、今後予定されているものや過去、未完了など、自分のリマインダーが一覧で確認できます。チャンネルに設定されているリマインダーを確認するには、そのチャンネルで「/remind list」とスラッシュコマンドを入力してください。

  • もう必要ないリマインダーや間違って設定したリマインダーがあれば、いつでも削除できます。
  • 完了としたリマインダーを確認したい時は、「完了したリマインダーを表示する」をクリックすると、一覧で確認できます。

 

トラブルシューティング

リマインダーの設定は少しコツがいると思います。特に、英語以外の言語設定で Slack を使っている場合は特に難しいかもしれません。

/remind help」とスラッシュコマンドを入力すると、設定方法の簡単な説明が確認できます。さらに、設定がうまくいかない時は以下も参考にしてください :

  • タイムゾーンをチェック
    リマインダーを設定するたびに、Slackbot が確認のためにメッセージを送ってきす。この確認メッセージを気をつけてチェックしてみてください。もし日時指定が自分の設定したものと異なる場合、Slack のプロフィールに登録しているタイムゾーンの設定が、利用しているデバイスのタイムゾーン設定と異なっている可能性があります。

    利用しているデスクトップ、またはモバイル端末の日付と時刻の設定を確認、または Slack のタイムゾーンを変更しましょう。設定を更新後、再度リマインダーを設定し直すことを忘れずに!

  • 英語版 Slack での手順と入力形式に従いましょう
    リマインダー機能は Slack の設定言語によって異なる場合があります。現在エンジニアチームがカスタムリマインダー機能の改善に取り組んでいますので、今しばらくお待ちください。現時点でもすでに、基本的にどの言語でもカスタムリマインダーを入力できるはずですが、もしうまく設定ができない場合は、このぺージにあるように日時の入力形式は英語のリマインダー設定方法に従うことをおすすめします。

関連記事

最近チェックした記事