リマインダーを設定する

今日も元気に働きバチ、でもやることが多すぎていろいろ忘れそう!🐝そんな時は、自分やメンバーにリマインダーを送ることができます。ミーティングや締め切り日などの大切なイベントのリマインダーはもちろん、やる気を上げるメッセージを送ることもできます。

設定の仕方はとても簡単!Slackのどこからでも /remind コマンドを入力するだけです。 指定の日時に、Slackbotがリマインダーを送ります。 (Slackbot って、使える子でしょう! ) 

 

リマインダーを新規に追加

メッセージボックスに、/remind を入力したら続けて以下のように必要な情報を入力します。
 /remind   [ 誰 (英語) ]   [ 何を (日本語) ]   [ いつ (英語) ] 

以下入力例です。

  • /remind me every weekday at 2pm ちょっと休憩する
  • /remind @lima いつもありがとう! in 45 minutes
  • /remind #デザイン on July 31st at 10:55am 月例会議に参加してください

Tip :  " "  (クオーテーションマーク) で「何を」の部分を囲うことで、メッセージの部分を明確に指定することができます。
(例)  /remind me "10:45amに青汁を飲む" every weekday at 10:30am.


メッセージにリマインダーを設定

Slack 内の会話で、引き続きフォローしていきたい・自分のやる事リストに追加したいという時、メッセージにリマインダーを設定する事ができます。メッセージの上にマウスポインターを重ね、  (Show message actions /その他) アイコンをクリックします。そして  Remind me about this  (この件のリマインダーを送る) を選択し、表示されるリストの中からリマインダーしたい時間を選びます。

チームのメンバーやチャンネルにリマインダーを送る

me  と入力すると自分へのリマインダーになりますが、 @表示名  と他のメンバーの表示名を入力すると、そのメンバーへリマインダーを送ることができます。また、 #チャンネル名  と入力すると、チャンネル全体にリマインダーを送ることができます。

注意: プライベートチャンネルで リマインダーを設定するためには、リマインダーの後に/remind #[プライベートチャンネル名]と入力します。正確なチャンネル名の前に # sign in (サインイン)と入力するのをお忘れなく。

注意 : ゲストは他のメンバーに対してリマインダーを設定することはできません。またリマインダーは、ユーザーグループに対して設定することはできません。

時刻と日付

Slackbot はいろいろな形式の時間表記を認識できます。
例えば :

  • /remind #サポート in 15 minutes (15分後)  3時になったら集合!
  • /remind me 新ドラマまでに帰ること at 6pm (午後6時に) tomorrow
  • /remind @shandeep on March 9th at 8:55pm (午後8:55に)  定例女子会

また、日付もいろいろな形式で指定できます。
例えば :

  • /remind #デザイン 朝のブリーフィング at 10am every weekday (平日に毎日) 
  • /remind me 新年会予約 at noon on January 7 (1月7日に) 
  • /remind #マーケティング チケット購入期限 on 8 Feb (2月8日に) 
  • /remind @michelle 猫カフェで会合 on 11/30/2018 (2018年11月30日に) 

特定の日や隔週でリマインダーを設定することもできます。

  • /remind me 猫写真をアップ every Monday, Wednesday, and Friday (毎週月曜日、水曜日と金曜日に)
  • /remind @oscar 犬写真をアップ every other Tuesday (隔週火曜日に)

リマインダーを設定したい日がまだかなり先の場合は、正式な年月日を入力します。時間も指定することができます。デフォルトでは、Slackbot は指定された日の午前9時にリマインダーを送るように設定されています。

繰り返しのリマインダー

リマインダーの繰り返しも、いろいろな形式で設定することができます。
例えば:

  • /remind me 猫写真をアップ on Tuesdays (毎週火曜日に) 
  • /remind me 犬写真をアップ at 11:00 every Thursday (毎週木曜 11:00に) 
  • /remind me 確定申告の準備  every January 25 (毎年1月25日に) 
  • /remind me 家賃の振込み! on the 4th of every month (毎月4日に) 

注意 : 他のメンバーに対して繰り返しのリマインダーを設定することはできません。

 

リマインダーの管理

どのチャンネル・ダイレクトメッセージからでも  /remind list コマンドを入力して、今後・過去・未完了のリマインダーを含むリマインダーリストを表示することができます。(Slackbot があなた以外の人にこのリストを表示することはありませんので、ご安心ください。)

このリストからリマインダーの管理ができます。  Delete  をクリックして削除したり、  Complete  をクリックして完了としてマークすることができます。  View completed reminders  から、完了済みのすべてのリマインダーを確認できます。

補足ノート :

  • 特定のチャンネルに対するリマインダーを確認・管理する時は、そのチャンネル内で/remind list コマンドを入力します。
  • チャンネルへのリマインダーと繰り返しのリマインダーは、完了にすることができません。

リマインダーのスヌーズ機能

リマインダーで設定したイベントを先送りしたい場合は、リマインダーに表示される以下のオプションをクリックして再設定することができます。
in 15 minutes (15分後)、1 hour (1時間後)、tomorrow (明日)

reminder-buttons.png

また、 /remind snooze リマインダーを希望する時に再設定する ようにすることもできます:

  • /remind snooze for 1 hour(1時間スヌーズ)
  • /remind snooze until Monday(月曜日までスヌーズ)

注意 : チャンネルへのリマインダーではスヌーズ機能を使うことはできません。


トラブルシューティング

リマインダーのヘルプを確認

 /remind help とメッセージボックスに入力すると、/remind コマンドの使い方の簡単なまとめを確認できます。

タイムゾーンを確認

リマインダーを設定すると、Slackbotが確認メッセージを返します。そこに表示される日時がおかしい場合、自分の Slackのタイムゾーン設定が、デバイスの設定と異なる可能性があります。 

お使いのシステムの時刻を確認するか、Slackのアカウントページ: my.slack.com/account/settings#timezone で、自分のタイムゾーンの設定を更新してください。

これらの設定を更新したら、再度リマインダーを入力して、正しい時間にリマインドされるようにします。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • すべてのメンバーがこの機能を使用することができます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事