Microsoft インストーラーを使って Slack を割り当てる

Slack では、IT 管理者が Windows 版 Slack を複数のユーザーやマシンにインストールするための 2 種類の Microsoft インストーラーパッケージ (MSI) を提供しています。これらのパッケージは、Slack を数百台、もしくは数千台規模のマシンで展開する必要のあるお客様におすすめです。大規模な Slack の展開を必要としない場合には、次のページ (https://slack.com/download) に記載のインストーラーを使用してください。

2つの MSI パッケージはそれぞれ別のデプロイ&アップデートのメカニズムを採用しており、根本的に異なるものです。どちらを使用される場合でも、事前に以下の内容を充分確認されることをおすすめします。

 

👩‍💻 ユーザー別展開用 MSI

ユーザー別デプロイ用 MSI では、Windows 版 Slack そのものをすぐにインストールするのではなく、Slack のインストーラーをターミナルサーバーにインストールします。Slack インストーラーが Windows 版 Slack のインストールを実行するのは、ユーザーがその時ログインしているマシンに Windows 版 Slack が過去に一度もインストールされたことがない場合のみとなります。

このインストーラーに適した企業 :

この方法は、従業員に各自のマシンやデバイスが配布されていて、各従業員が確実に Slack の自動アップデートを実行できる企業に適しています。

このインストーラーに適していない企業 :

ターミナルサーバーなど、多数の従業員が同一のマシンを使用する企業や、従業員の使用する Slack のバージョン管理を要する企業には、マシン全体へのインストール用 MSI の使用をおすすめします。

注意点 :

    • Windows 版 Slack は %LOCALAPPDATA% へインストールされます。 Slack のインストーラーはターミナルサーバーにインストールされますが、Windows 版 Slack についてはターミナルサーバーへのインストールはされません。
    • メンバー全員が各自の Slack のバージョンをもつこととなります。
    • 自動アップデートはメンバーごとにダウンロードされ、インストールされます。
    • Slack が自動でアップデートを行い、安全な状態に保ちますので、メンテナンスは不要です。
    • 通常の Windows アプリとは異なり、Slack はスタートアップ時に起動しません。
    • MSI インストーラーをアンインストールしてもユーザーのアカウントから Slack アプリが削除されることはありません。

インストーラーの使用 :

  1. Microsoft インストーラーパッケージを以下の手順でインストールします:

    64 bit 用 MSI インストーラー (ユーザー別展開用) をダウンロード

  2. Windows ユーザーアカウントからサインアウトします。
  3. Windows ユーザーアカウントに再度サインインします。
  4. Slack アイコンがデスクトップスタートメニュー上に表示されます。

注意 : 32-bit 対応のインストーラーが必要な場合には、代わりに 32 bit 用 MSI インストーラー (マシン全体へのデプロイ用) を使用する必要があります。

 

👨‍🔧 ターミナルサーバーへのインストール用 MSI

シングルインストールのデプロイ用 MSI では、Windows 版 Slack がターミナルサーバーにインストールされます。インストール場所はプログラムファイルまたは選択した場所のいずれかとなります。これは、複数のユーザーが %ROAMINGAPPDATA% に各自のプロフィールを別々に保存して、同一のマシンを使用できる「マルチクライアント対応」となります。 この方法を選択した場合、Slack の自動アップデートは行われません。

このインストーラーに適した企業 :

この方法は、ターミナルサーバーなど、多数の従業員が同一のマシンを使用する企業や、従業員の使用する Slack のバージョン管理を要する企業に最適です。

このインストーラーに適していない企業 :

従業員が各自のマシンやデバイスを使用していて、Slack の自動アップデートを行う企業には、ユーザー別展開用 MSI が適しています。

注意点 :

  • 1台のマシンにシングルインストールを行うため、ハードドライブの使用領域が比較的小さくなります。
  • すべてのユーザー関連データ (ワークスペースの情報や、環境設定、ログ) は %ROAMINGAPPDATA% に保存されます。
  • Windows 版 Slack の最新バージョンがインストールされていることを各チームで監視する必要があります。
  • Slack を最新かつ安全な状態に保つために IT メンテナンスが必要となります。

インストーラーの使用 :

  1. Microsoft インストーラーパッケージを以下の手順でインストールします:

    32 bit 用 MSI インストーラー (マシン全体へのインストール用) をダウンロード

    64 bit 用 MSI インストーラー (マシン全体へのインストール用) をダウンロード

  2. インストーラーを実行します。インストールプロセスはインストーラー自体がガイドしてくれます。
  3. Slack アイコンがデスクトップスタートメニュー上に表示されます

 

Slack のアップデート

役立つ機能やバグの修正などをユーザーに提供する新しいリリースの内容を常に把握することはとても重要です。ターミナルサーバー用インストーラーを使用してインストールを行うと、Slack の自動アップデートは行われません。Slack の新しいリリースを把握できるよう、 新しい Windows 版 Slack デスクトップアプリのアップデート情報を RSS フィードで以下のページから提供しています: https://slack.com/release-notes/windows/rss.

💡 RSS フィードを Slack のワークフローに連携させる方法を参照。

関連記事

最近チェックした記事