Microsoft インストーラーを使って Slack を割り当てる

Slack では、IT 管理者が Windows 版 Slack アプリを Group Policy/Microsoft System Center 経由でインストールできる Microsoft インストーラーパッケージ (MSI) を提供しています。 MSI インストーラーを使えば、複数のマシンでの Slack の管理やデプロイがさらに簡単になります。

 

簡単に説明すると:

  • インストーラーは Program Files\Slack Machine Installer 内に配置されます。
  • Slack アプリは各ユーザーの ローカルプロフィールにインストールされます。
  • ユーザーのログイン時に「checkInstall」を使ってインストーラーを実行するレジストリキーが作成されます
  • ユーザーのログイン時に Slack アプリがインストールされていない場合は、Slack がインストールされます。ただし、既に Slack がインストールされている場合や、ユーザーによって削除が選択されていた場合は、インストーラーはそのまま終了します。
 

Slack MSI インストーラーを使用する

    1. Microsoft インストーラーパッケージを以下の手順でインストールします:

      32 bit 用 MSI インストーラーをダウンロード

       64 bit 用 MSI インストーラーをダウンロード

    2. Windows ユーザーアカウントからサインアウトします。
    3. Windows ユーザーアカウントに再度サインインします。
    4. Slack アイコンがデスクトップスタートメニュー上に表示されます

注意 : 通常の Windows アプリと異なり、Slack は起動時に自動的に開きません。 Slack をお使いのコンピューターにインストールする方法は、Windows 版 Slackを参照してください。

要注意 : MSI インストーラーをアンインストールしてもユーザーのアカウントから Slack アプリが削除されることはありません。

関連記事

最近チェックした記事