SCIM プロビジョニングによるメンバー管理

Slack は、SCIM (System for Cross-domain Identity Management)  の仕様に基づくユーザープロビジョニングに対応しています。

プロビジョニングを行うには、Slack対応の ID プロバイダの利用とコネクタ・アプリケーションが必要です。カスタムスクリプトを作成してプロビジョニングを行いたい場合は、SCIM API を参照してください。


プロビジョニングのメリット

SCIM プロビジョニングにより、チームのオーナーと管理者は以下の管理を一層効果的に行うことができます :

SCIM プロビジョニングを行っても以下の操作は行えません :

  • ゲストアカウントの作成はできません。変わりに、通常のメンバーとしてユーザーを作成してから、それらのメンバーを以下のページから制限する必要があります : my.slack.com/admin
  • ユーザーグループをメンションする際に使用するハンドルネームを設定することはできません。

 

プロビジョニングを設定する

以下の ID プロバイダに対応しています。設定方法は各プロバイダによって異なります。 

プロバイダーからは OAuth 2.0 フローを通して作られた API トークンが要求されます。

Slack では、これらの ID プロバイダを使って、ワークスペースの Active Directory グループをリアルタイムで同期できます。

注意 : SCIMにより追加を承認されたユーザーは、プロビジョニングされ次第、アクティブユーザーとしてカウントされ、料金が発生します。その新しいメンバーのアカウントにかかる料金は、その時から請求締め日までの残日数を基に日割り計算した金額となります。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーがこの機能を有効にすることができ、管理者はプロビジョニングを管理できます。
  •  プラスプラン Slack Enterprise Grid  をご利用のワークスペースで利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事