チャンネルと DM を整理する

Slack 開始時に、どのチームにも #general と #random の2つのチャンネルがデフォルトで用意されています。ここから、テーマ別にチャンネルを増やしていって、より焦点を絞った会話をしていくようにします。ですが、ワークスペースが大きくなりチャンネルが増えていくにつれ、自分にとって重要なチャンネルが優先的に目につくように、チャンネルを並び替えたくなると思います。

 

一般的なヒント

ここでは、サイドバーで、よく見るチャンネルを簡単にフィルタリングする方法をご紹介します :

 

サイドバーの設定

Slack では、細かい設定オプションから、サイドバーを自分の使いやすいようにカスタマイズすることができます。以下 2 種類の方法でサイドバーの並びを入れ替えて、見やすいように整理していきましょう。

パブリックチャンネルとプライベートチャンネルをまとめる・分ける

パブリックチャンネルとプライベートチャンネルがそれぞれまとまって別々に表示されるよう、デスクトップのサイドバーを簡単に設定することができます :  

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2. 次に、Preferences (環境設定) 、その後 Sidebar (サイドバー)を選択します。
  3.  Sidebar Settings  (サイドバーの設定)の項目で、 List private channels separately  (プライベートチャンネルを分けてリストに表示)の隣のボックスにチェックを入れます。Screen_Shot_2017-07-13_at_3.16.00_PM.png

チャンネルをソートする

チャンネルリストはアルファベット順に並ぶようにあらかじめ設定されていますが、有料プランのチームでは、Slack の用途に合わせてスマートに並べ替えることもできます。デスクトップからの設定手順は以下の通りです :デスクトップからの設定手順は以下の通りです :

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2. 次に、Preferences (環境設定) 、その後 Sidebar (サイドバー)を選択します。 
  3. チャンネルをソートする」のドロップダウンメニューから「重要度順」を選択します。

未読アクティビティのないチャンネルを非表示にする

未読があるチャンネルだけを表示するように設定すれば、もっとデスクトップのサイドバーをすっきりさせることができます。この設定にした場合、チャンネルとダイレクトメッセージに新しいメッセージが投稿された時だけ、サイドバーに表示されます。

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2. 次に、Preferences (環境設定) 、その後 Sidebar (サイドバー)を選択します。 
  3. Sidebar Settings  (サイドバーの設定)の項目で、 Just my unread channels and DMs  (未読のチャンネルとダイレクトメッセージのみ)オプションを選択します。

もし、スターしているチャンネルに、新しいアクティビティがなくても戻って確認することが多い場合は、  My unreads, along with everything I've starred  (全てのスターしたチャンネルと未読チャンネルのみ) を選択すると以下のように表示され、さらに作業がしやすくなるでしょう :

注意 :  マウス操作に慣れてしまっている人は最初混乱するかもしれないですが、 クイックスイッチャー を使うことに慣れると、これが一番早くチャンネル間を移動する方法です。 ⌘+K  (Windowsでは  Ctrl+K 、または Mac 版デスクトップアプリでは  ⌘+T も利用可) とショートカットキーを入力して、新しいチャンネルや会話を素早く検索して移動できます。

注意 :  Slack では、会話を整理するためにサブチャンネルやフォルダを作ることはできませんが、チャンネルはアルファベット順にリストされるため、チャンネルの共通コードがリストを整理するのに便利です。  

関連記事

最近チェックした記事