チャンネルを削除する

ワークスペースのオーナーと管理者は、#general チャンネル以外であれば、参加しているどのチャンネルでも (パブリック設定とプライベート設定どちらも含め) 削除することができます。#general チャンネルは常にワークスペースに組み込まれたビルトイン機能です。チャンネルを削除すると、ワークスペースのアーカイブからそのチャンネルとコンテンツがすべて削除されます。

共有されたパブリックチャンネル (ベータ版) は削除できますが、削除する前にワークスペースのオーナーまたは管理者がそのチャンネルの共有を停止する必要があります。 

注意 : チャンネルを削除するほどではない… そんな時は、チャンネルをアーカイブしてみましょう。Slack ワークスペースのアクティブな会話のリストにはそのチャンネルが出てこないようになります。 


チャンネルを削除する

アクティブなチャンネルは全て、左サイドバーに一覧表示されます。 チャンネルを削除する方法は次のとおりです。

  1. デスクトップからチャンネルを開き、  (歯車のアイコン) をクリックして 「チャンネル設定」メニューを開きます。 
  2. その他のオプション  を選択します。
  3. このチャンネルを削除する をクリックします。
  4. 「はい、完全に削除します」にチェックを入れ、「チャンネルを削除する」をクリックします。

警告: チャンネルは削除したら元に戻せません。くれぐれもご注意ください。

Tip : チャンネルを削除するためのオプションが表示されない?チャンネルを削除するためには、まずそのチャンネルに参加する必要があります。


アーカイブしたチャンネルを削除する

アーカイブしたチャンネルには新しくメッセージを投稿することができなくなりますが、履歴はこれまで同様閲覧したり検索することが可能です。アーカイブしたチャンネルのチャンネル名の横に   (アーカイブアイコン) が表示されます。アーカイブしたチャンネルを削除する方法は以下の通りです : 

  1. デスクトップで、チャンネルリストの最上部にある「チャンネル」 ヘッダーをクリックします。
  2. 表示 : すべてのチャンネル」  をクリックし、メニューから 「アーカイブしたチャンネル」をクリックします。
  3. 削除したい チャンネルを選択します。
  4.  (歯車のアイコン) をクリックして、「削除」 を選択します。 
  5. 「はい、完全に削除します」にチェックを入れ、「チャンネルを削除する」をクリックします。 

注意 :プライベートチャンネルを削除するためには、まずそのチャンネルをアーカイブから復元させる必要があります。

 

ファイルは削除されません

チャンネルを削除しても、そのチャンネルで共有されていたファイルは削除されず、ファイルの表示も消えません。これまでどおり、ワークスペースのメンバーなら誰でも、ファイルを閲覧、アクセス、再共有することができます。

ワークスペースのオーナーと管理者は、my.slack.com/files  ファイル  からファイルを削除することが可能です。詳しくは  共有されたファイルを削除する  をご確認ください。

注意 :有料プランをご利用のワークスペースでは、メッセージとファイルに関するカスタム保存ポリシーを設定している場合があります。詳しくはワークスペースの管理者に確認してください。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースの オーナー 管理者のみに この機能を使うことができます。 
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事