Slack 用語集

この用語集では、Slack を使っている時やヘルプセンターでよく見かける用語を説明しています。🔍

A | BCDEFGHI | J | K | LM | N | OPQR | S | T | U | V | W | X | Y | Z

 

A

アクセスログ
ワークスペースや OrG のオーナーや管理者向けのセキュリティ機能。メンバー全員のアカウントへのアクセスの詳細を一覧に表示します。メンバーは各自のアカウントでアクセスログを閲覧できます。

アクティブ
Slack でのステータス。名前の横に緑色の ◯ 印がついている人は、現在アクティブであることがわかります。

アナリティクス
チャンネルやメンバーのアクティビティや利用状況などの概観。チームによる Slack の利用状況を詳しく把握できます。

アプリ
Slack と連携する Slack 製またはサードパーティ製のソフトウェア。ワークスペースに追加したアプリは、そのワークスペース内で使えます。

App ディレクトリ
ワークスペースに追加できる Slack の公式アプリやサードパーティ製のアプリを集めた場所。

アーカイブ
チャンネルはアーカイブすることができます。

離席中
Slack でのステータス。名前の横に灰色の ◯ 印がついている人は、現在離席中であることがわかります。 

 

B

バッジ
通知が届くとチャンネル、メンバー名、Slack アプリアイコンの横に表示される番号つきの赤い ◯ 印。 

請求連絡先
請求に関するメールの送信先。請求連絡先のリストにはワークスペースのオーナーが全員含まれますが、必要に応じてワークスペースの他のメンバーや外部の連絡先を追加することもできます。

請求明細書
支払い証明。請求が発生するごとにワークスペースのオーナーと請求連絡先にメールで送信されます。 

バインディングメール
シングルサインオンを有効にした Slack ワークスペースに新しいメンバーが登録するのに必要なメール。Slack は、アクセス権を与えようとしているユーザーが、バインディングメールの宛先でメールを受け取れることを確認します。

 

C

通話
Slack コールを使用すると、ワークスペースの誰でも音声通話やビデオ通話で会話ができます。 

チャンネル
Slack ワークスペース内に作成し、チームが仕事を行う場所。 

チャンネル詳細
チャンネルの目的や用途。チャンネルのトピック、目的、ピン留めしたアイテム、ハイライト、チャンネルに参加しているメンバーなどが含まれます。

チャンネルリスト
Slack デスクトップアプリの左側に表示されるチャンネル、ダイレクトメッセージ、アプリ、スター付きアイテムのリスト。 

チャンネル管理
管理者は、チャンネルの作成、アーカイブ、チャンネルからのメンバーの削除を行えるメンバーを選択できます。

チャンネル設定
チャンネルに表示されるメニュー。新しいメンバーの招待、通知の設定、チャンネルのミュートや退出などが行えます。

チャンネルのおすすめ 
Slackbot がたまに送るメッセージ。参加・退出したり、スターをつけるチャンネルを見つけるのに便利です。

会話の設定
ダイレクトメッセージのメニュー。メンバーのプロフィールの表示、会話の詳細表示やメッセージ保存期間の編集 (該当する場合) などを行うことができます。

Corporate Export (コーポレートエクスポート)
プラスプランのワークスペースのオーナーがアクセスを申請できるセルフサービスのエクスポートツール。このタイプのエクスポートには、パブリックチャンネルだけでなく、プライベートチャンネルやダイレクトメッセージのデータも含まれます。Corporate Export を有効にしたワークスペースでは、スタンダードエクスポートができなくなります。 

カスタム絵文字
カスタム絵文字をアップロードすれば、Slack でのメッセージやコミュニケーションの可能性がさらに広がります。 

カスタムステータス
会議中、昼休み中、休暇中など、ステータスをカスタマイズして他のメンバーに知らせることができます。

 

D

データ損失防止 (DLP)
機密情報や規制情報への顧客の義務遵守をサポートするソフトウェア製品。保護データの定期的なエクスポートやその他の管理を行います。 

デフォルトのチャンネル
新しいメンバーがワークスペースにアカウントを作成した際に自動的に参加するチャンネル。

アカウントの解除
ワークスペースから完全に退出したい時は、アカウントを解除します。複数のワークスペースに参加している場合は、アカウントを 1 つずつ解除する必要があります。 

ダイレクトメッセージ (DM)
他のメンバーと一対一で会話するための機能。

ディレクトリ
仕事に適したメンバーを探したり、円滑なコミュニケーションを保つための場所。

Discovery API
eDiscovery とデータ損失防止 (DLP) ソリューションに対応。機密情報や規制情報への顧客の義務遵守をサポートするために、保護データの定期的なエクスポートやその他の管理を行います。 

表示名
プロフィールに表示されるメンバーの名前やニックネーム。Slack ではこの表示名が他のメンバーに表示されます。

おやすみモード (DND)
これを設定しておくと、勤務時間外に自動的に通知が届かなくなります。非通知機能を手動で設定し、通知をしばらく停止することもできます。おやすみモードやスヌーズ機能をオンにすると、メッセージやメンションの通知 (デスクトップ、モバイル、メール) は一切届きません。 

ダウンタイム
(1) Slack を利用できなかった時間 (分単位) と、(2) 影響を受けた Slack ユーザーの割合の 2 つの要素にもとづく時間。Slack がダウンした時は、私たちがサーバー監視ソフトを利用して、サーバー側のエラー率、Ping テストの結果、Web サーバーのテスト、TCP ポートの接続、Web サイトテストなどを行います。

 

E

eDiscovery
機密情報や規制情報への顧客の義務遵守をサポートするソフトウェア製品。保護データの定期的なエクスポートやその他の管理を行います。 

メール通知
デフォルトの設定では、Slack でアクティブでない時にメンションされたり、ダイレクトメッセージがきた時にメールで届く通知。

絵文字
メッセージに簡単な相づちを送ったり意味を加えられる手軽な方法。Slack の絵文字は、どのデバイスで Slack にアクセスするかによって異なります。iOS や Mac デバイスでは Apple スタイルの絵文字、Windows、Linux、Android では Google スタイルで絵文字があります。

絵文字リアクション
Slack ですばやくメッセージに返答する時の手段。投票する、To-Do リストに加える、ワクワク感を表現するなど、ほかにもたくさんの使い道があります。

Enterprise Grid プラン
全社で複数の Slack ワークスペースを連携している場合に、その設計、運用、管理を最適に行える Slack のプラン。

Enterprise Key Management (EKM) 
ユーザーが暗号化キーを管理するための機能。Slack で送るデータをこのキーで暗号化・復号化することで、ユーザーが自社のデータを完全に管理できます。 

 

F

フェアビリングポリシー
非アクティブになったメンバーへの請求を自動的に停止する Slack 独自のポリシー。  

フリープラン
Slack は、限定数の機能を無料で利用できます。ただし、もっとたくさんの機能を使いたいという場合は、スタンダード、プラス、Enterprise Grid の 3 つの有料プランを用意しています。

スレッドをフォロー
スレッドをフォローすると、新しい返信があった時に通知が届きます。スレッドを参照。

パスワードの強制リセット
管理者は、ワークスペースのメンバー全員のパスワードをすべて強制的にリセットすることができます。パスワードがリセットされたことを伝えるメッセージが Slackbot からメンバーに送られ、続いてパスワードのリセットリンクがメールで送られます。

氏名
プロフィールに表示されるメンバーの氏名です。一般には「名と姓」ですが、文化や国によっては他の意味を持つ場合もあります。 

 

G

ゲスト
Slack にはそれぞれ権限の異なる 2 つのゲストタイプがあり、「シングルチャンネルゲスト」と「マルチチャンネルゲスト」と呼んでいます。 ゲストの権限とアクセス範囲は、ワークスペースの通常メンバーや管理者、オーナーのものとは異なります。

グループダイレクトメッセージ (グループ DM)
チャンネル外であなたのほかに最大 8 人が参加できる小さな話し合いの場です。 

 

H

ハイライト
最新の重要なアクティビティだけをまとめたスペースです。

 

I

アイコン
デスクトップ版とモバイル版の Slack アプリを使っている場合は、参加している複数のワークスペースに同時にサインインできます。今どのワークスペースにサインインしているかが一目でわかるように、画面左側のワークスペーススイッチャーに各ワークスペースのアイコンが表示されます。

請求書
Slack とお客様の間で交わされる商用書類です。販売条件を定め、支払方法に関する情報を記しています。

 

J

参加・退出メッセージ
Slack では、誰がチャンネルに参加・退出したかを他のメンバーに知らせるためにメッセージを表示するようになっています。デフォルトの設定では、参加・退出メッセージはすべてチャンネルに表示されます。Slack を少人数で使って仕事をしているグループには便利な機能ですが、大人数で使っている場合は煩わしく思うことがあるので、非表示にした方がいいでしょう。

 

K

キーワード
参加しているチャンネルであなたの関心を引く話題が会話に出た際にアラートを受け取りたい場合は、キーワードを設定しておきます。あなたが設定したいずれかのキーワードを誰かが使うと通知が届き、キーワードが黄色でハイライトされます。

 

L

ローディングメッセージ
Slack の起動中に表示されるのがローディングメッセージです。独自のローディングメッセージを作成することも、Slack が作ったメッセージを使うこともできます。 

 

M

マジックリンク
Slack にサインインする時に、24 時間有効な特別なサインインリンクをメールで受け取ることができます。パスワードを入力しなくても手軽にサインインできるようになります。

メンバー
Slack におけるメンバー種別のひとつです。ワークスペースに招待されたメンバーはデフォルトでこの種別に設定されます。

メンション (@メンション)
メッセージをメンション入りで送信すると、その相手に通知が届きます。誰かをメンションするには、@ マークに続けてその人の氏名か表示名を入力します。

メッセージフィールド
チャンネルや DM で送信するメッセージを書き込むフィールドです。

メッセージの保存と削除
デフォルトの設定では、メッセージは、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されますが、必要に応じて、一定の時間が過ぎると削除するように設定することも、特定のチャンネルだけに設定することもできます。

その他
メッセージにマウスポインターを重ねると、右側に「その他」メニューが表示されます。ここから、メッセージのフォローやリンクのコピー、未読設定、リマインダー設定、チャンネルへのピン留めなどができます。

マルチチャンネルゲスト
マルチチャンネルゲストは Slack でのメンバー種別のひとつで、ワークスペースの複数のチャンネルへのアクセスを許可する設定です。このゲストを招待できるのは、有料プランを利用しているワークスペースだけです。 

 

N

通知
Slack 通知機能を使って、大切なメッセージに関する通知を継続的に受け取ることができます。 

通知設定
デスクトップやモバイル、特定のチャンネルでの通知設定は、どの端末からでも変更することができます。

 

O

OrG
OrG はオーガナイゼーションの略称です。同じ企業や組織内に存在する複数の Slack ワークスペースを連携させ、コラボレーションを円滑に進め、一元管理を行う Enterprise Grid のオーガナイゼーションを指します。

オーガナイゼーション
Enterprise Grid では、オーガナイゼーションの利用により、同じ企業・組織内に存在する複数の Slack ワークスペースを連携させスムーズなコラボレーションを促進し、さらに一元管理を行うことができます。

オーガナイゼーションの管理者
OrG の管理者は、Slack のメンバー種別のひとつで、Enterprise Grid プランに固有のものです。オーガナイゼーションのポリシー、セキュリティやアクセス、OrG の設定を管理します。

オーガナイゼーションのオーナー
OrG のオーナーは、Slack のメンバー種別のひとつで、Enterprise Grid プランに固有のものです。オーガナイゼーションのポリシー、セキュリティやアクセス、OrG の設定を管理します。

オーガナイゼーションの URL
オーガナイゼーションの URL は Enterprise Grid プランを利用している組織で、メンバーが Slack にアクセスするために使うウェブアドレスです。

 

P

有料プラン
もっとたくさんの機能を使いたいというユーザーのために、Slack はスタンダード、プラス、Enterprise Grid の 3 つの有料プランを用意しています。

プラスアイコン
メッセージフィールドの左側にあるプラスアイコンからは、スニペット、ポスト、ファイルをチャンネルや DM に追加することができます。

ピン留め
重要なアイテムをチャンネルやダイレクトメッセージにピン留めすれば、アクセスしやすくなります。 

ポスト
プロジェクトの企画書やマニュアルなど、書式設定した長文コンテンツを、チームメンバーと Slack 上で直接共有したい時に便利な機能です。

プロフィール
プロフィールは、メンバーがお互いをもっとよく知るきっかけになります。デフォルトで設定されているプロフィールの項目は、「名前」、「担当業務または役職」、「電話番号」、「タイムゾーン」です。

目的
チャンネルの用途の説明です。

 

Q

クイックスイッチャー
キーボードから手を離さずに Slack を簡単に操作できる方法です。キーを 2 つ押すだけで、ダイレクトメッセージ (DM) やチャンネル、さらには複数のワークスペースを移動できます。

 

R

リアク字
絵文字リアクションを参照。

リアク字チャンネラー
Slack の公式アプリ。「リアク字」と呼んでいる特殊な絵文字リアクションを使えば、パブリックチャンネルのメッセージを別のチャンネルに瞬時にコピーできます。一つのチャンネルに投稿された内容が、ワークスペース内の他のチャンネルでの会話に役立つ場合などに便利な機能です。

最近のアクティビティ
メンションやリアクションなど、自分のメッセージに関する最近のアクティビティを確認できる場所です。

リマインダー
自分やメンバーにリマインダーを送ることができます。ミーティングや締め切り日など大切なイベントのリマインダーはもちろん、やる気を起こすためのメッセージを送ることもできます。

 

S

画面の共有
通話中に自分の画面を相手に見せて、コントロールを共有したり書き込んでもらうこともできます。 

検索
Slack の検索機能を使えば、以前に投稿されたメッセージやファイルが必要になった時、すぐにそこに戻って確認することができます。検索フィールドを使ってメッセージやファイルを見つけることも、フィルターや検索モディファイアで検索結果を絞り込むこともできます。

検索フィールド
ワークスペース内の情報を検索する時に使います。

サービス品質保証契約 (SLA)
Slack サービス品質保証契約 (SLA) では、プラスプラン以上のお客様に月間 99.99% のアップタイムを保証しています。アップタイムが保証されている 99.99% を下回った場合は、プラスプラン以上のお客様に、Slack を利用できなかった時間分のワークスペース料金の 100 倍を金額を払い戻します。

セッションの有効期限
いったんログインしたあと、メンバーが明示的にサインアウトするまで、サインイン状態が続く時間。これを設定しておくと、最後にログインしてから一定の時間が過ぎると、ログインし直さなければならなくなります。

シングルチャンネルゲスト
シングルチャンネルゲストは Slack でのメンバー種別のひとつ。ゲストはワークスペース内の 1 つのチャンネルにアクセスできるようになります。このゲストを招待できるのは、有料プランを利用しているワークスペースだけです。 

シングルサインオン (SSO)
あるシステム (Google や Okta など) で入力した名前とパスワードを、Slack ワークスペースのアカウントへのアクセスに転用するプロセス。Slack の認証情報は不要になります。

Slackbot
Slack のビルトインボットです。

Slackbot のレスポンス
ワークスペースで誰かがある語句を入力すると Slackbot からレスポンスが返されるように、Slackbot にカスタムの自動応答を追加しておくことができます。 

Slack API
Slack API ドキュメントは、開発者が社内向けツール、優れたボット、便利なアプリをビルドする時も、チームのワークフローを効率化する時も、App Directory 上でこれらのアプリを Slack の顧客と共有する時にも役立ちます。

Slack Foundry
Slack 公式のインタラクティブなトレーニングアプリです。

スラッシュコマンド
スラッシュコマンドは、Slack、アプリ、インテグレーションからメッセージやアクションをトリガーするショートカットとして機能します。

スニペット
スニペットは、コードの一部やプレーンテキストをワークスペースですばやく簡単に共有する方法です。

スタンダードエクスポート
Slack のどのプランでも、ワークスペースのオーナーと管理者はスタンダードエクスポートを使用して、メッセージやファイルへのリンクを含むパブリックチャンネルのデータをワークスペースからエクスポートできます。

スター
Slack 内で重要なアイテムに印をつける方法です。メッセージ、ファイル、チャンネル、ダイレクトメッセージにスターをつけることができます。

 

T

チーム
Slack を使ってコミュニケーションをとり、一緒に仕事をする人たちのグループを指します。 

テーマ
あなたのメッセージを自分好みのデザインに設定できます。シンプルでわかりやすく、はっきりとした「クリーン」と、一度に表示できる情報の多い「コンパクト」があります。

スレッド
Slack 上のメッセージとその返信から成る会話を指します。

スレッド領域
参加しているすべてのスレッドを表示できる Slack アプリのエリアを指します。

タイムスタンプ
メッセージを Slack で送信・共有した正確な日時を示します。

トピック
チャンネルの目的が誰にでもわかるように、チャンネルにトピックを設定しておきましょう。トピックはチャンネルのヘッダー内に表示され、チャンネルのメンバーなら誰でも変更できます。

オーナーの権限の引き継ぎ
Slack 内で最も高いレベルの権限を持つ人がプライマリーオーナーです。Slack ワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションを新しく作成した人がプライマリーオーナーになります。プライマリーオーナーの権限は、必要に応じて他のメンバーに引き継ぐことができます。

2 要素認証 (2FA、多要素認証)
アカウントへのサインイン時に 2 要素認証を必須とする環境設定です。

 

U

復元
アーカイブされたチャンネルは復元することができます。

全未読
デスクトップの全未読画面では、Slack から離れていた間に見逃した未読メッセージをすばやくまとめて確認でき、メッセージに対応することもできます。

アップタイム
月間アップタイムとは、ユーザーにとって Slack が利用可能な状態だった時間の合計の比率を指します。 

ユーザーグループ
一度に大勢の注目を集める時に便利です。たとえば @マネージャーなど、グループ固有の表示名をメンションすれば、そのグループのメンバー全員に通知が届きます。

 

V

ビデオ通話
Slack で音声通話やビデオ会議をするための方法です。

音声通話
Slack でチームのメンバーと音声通話をするための方法です。

 

W

ワークスペース
Slack は一緒に働くメンバーのためのビジネスコラボレーションハブです。

ワークスペースの URL
メンバーが Slack にアクセスする際に使用するウェブアドレスです。

ワークスペースの管理者
Slack でのメンバー種別のうちのひとつです。管理者は、ワークスペースのメンバーやチャンネルといった機能の管理を行います。

ワークスペースのオーナー
Slack でのメンバー種別のうちのひとつです。ワークスペースの管理者と同じ権限に加えて、支払い、認証方法、セキュリティポリシーといった最高レベルのセキュリティ事項や各種設定項目の管理権限を持ちます。

ワークスペースのプライマリーオーナー
Slack でのメンバー種別のひとつです。ワークスペースのオーナーと同じ権限に加えて、ワークスペースを削除する権限も持ちます。 

ワークスペースの設定
管理者は、ワークスペースの全メンバーに適用するワークスペース全体の設定や環境設定を変更できます。

ワークスペース全体の 2 要素認証
ワークスペースの全メンバーに対してサインイン時の 2 要素認証の構成・使用を必須にする設定です。

 

X

用語集の項目がありません。

 

Y

用語集の項目がありません。

 

Z

用語集の項目がありません。

関連記事

最近チェックした記事