デフォルトのおやすみモード時間を設定する

おやすみモードの時間がワークスペース あるいはEnterprise Gridオーガナイゼーションに デフォルト設定されている場合、その時間中は、Slack からのデスクトップ通知やモバイル端末へのプッシュ通知などがメンバーに送られることは決してありません


デフォルトのおやすみモード時間を設定する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーや管理者がデフォルトのおやすみモード時間を設定する方法は以下の通りです:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. おやすみモードまでスクロールダウンして開くをクリックします。
  4. デフォルトによりメンバーへの通知を停止する時間を選択します。
  5.  「設定を保存する」 をクリックして終了です!

個々のワークスペースレベル

ワークスペースのオーナーや管理者がデフォルトのおやすみモード時間を設定する方法は以下の通りです:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. おやすみモードまでスクロールダウンして開くをクリックします。
  4. デフォルトによりメンバーへの通知を停止する時間を選択します。
  5.  「設定を保存する」 をクリックして終了です!

Enterprise Grid オーガナイゼーションレベル

Org のオーナーや管理者が、Enterprise Grid オーガナイゼーションに接続されたすべてのワークスペースのおやすみモード時間を変更する方法は以下の通りです:

  1. デスクトップから Slack Enterprise Grid にサインインし、オーガナイゼーションの管理をクリックします。
  2. 設定の下にある   オーガナイゼーションのポリシーをクリックしてください。
  3. おやすみモードの横のポリシーを追加するをクリックしてください。
  4. 自動的に通知を無効にするの横のボックスをチェックし、オーガナイゼーションのメンバーに通知が送られないデフォルトの時間を設定します。
  5. ポリシーを保存するをクリックしてください。

注意 : ワークスペースあるいはオーガナイゼーションのおやすみモードのデフォルト時間を変更すると、メンバー個人の設定時間が上書きされますが、メンバーは任意で自分のおやすみモード時間を設定し直すか、この機能をオフにすることもできます。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースオーナー/管理者 OrG オーナー/管理者が この機能にアクセスできます。 
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事