言語設定を管理する

現在、Slack は複数の言語で作業できるよう、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語でご利用いただけます。言語設定はいつでも変更することができます。

選択する言語が、Slack アプリの大部分で表示される言語になります。ただし、特定のワークスペースや外部と同期されるメッセージは、OrG またはワークスペースの管理者が設定したデフォルトの言語で表示されます。

Tip : 日本語版 Slack がまもなく利用可能となります。今後、その他言語もリリース予定です!


言語設定を変更する

デスクトップ

iOS

Android

Windows Phone

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2.  Preferences   (環境設定) を選択します。
  3.  言語 & 地域 タブを選択します。
  4. Slack で使用する言語を選択してください。
  1. 右から左にスワイプしてサイドバーを開きます。
  2.  設定をタップします
  3.  言語 をタップし、希望する内容を選択します。
  1. 右上の    (オーバーフロー アイコン) をタップします。
  2.  設定をタップします
  3.  言語 & 地域をタップします
  4.  言語 をタップし、希望する内容を選択し、 OKをタップします。
  1. 右上の   (その他) アイコンをタップします。
  2. 設定をタップします
  3. 言語 & 地域をタップします
  4. 言語をタップし、希望する内容を選択し、OKをタップします。


メッセージとスペルチェック

Slack では、大抵の言語でメッセージを投稿したり読んだりすることができます。メッセージボックスにお好きな言語を使って入力して送るだけです!

注意 :  Slack では、現在のところ、アラビア語のような右から左へ書く言語には対応していません。今後これらの言語へも対応できるよう、検討を続けていきます。

ワークスペースではスペルチェック機能があらかじめ有効になっており、使用言語を検出して、その言語に応じたスペルチェックを実行します。メッセージボックス内のスペルミスのある語には赤の下線がつきます。

特定の言語に対してスペルチェック機能を設定したり、使いたくない場合はいつでもこの機能をOFFにすることができます。以下に手順を説明します!

デスクトップでスペルチェックを更新する

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2.  Preferences   (環境設定) を選択します。
  3.  Advanced  (詳細設定) タブを選択します。
  4. 入力オプションの項目のメッセージ入力時のスペルチェック機能を有効にするのチェックを外して、スペルチェック機能をOFFにします。 
  5. スペルチェックの言語を変更する場合は、Automatic by language (言語によって自動操作) をクリックして、メニューから目的の言語を選択します。
注意: スペルチェックがオンになっているのに入力している言語を検知しない場合には、 Help (ヘルプ)メニューをクリックして  Clear Cache and Restart(キャッシュのクリアと再起動)を選択します。もしくは、当社までご連絡ください — 喜んでお手伝いいたします! 

 

関連記事

最近チェックした記事