API トークンの生成と再生成

注意 :  ここで紹介するのは、レガシーカスタムインテグレーションと呼ばれる、チームにインテグレーションを追加する古い方法です。メッセージボタンやイベント API など、最新のプラットフォームの機能に関しては  Building Slack apps  (Slack アプリの作成) を参照してください。

API トークンは、チームメンバーとボットユーザーのどちらにも生成することが可能です。さらにセキュリティを強化するために、これらのトークンを定期的に更新することをおすすめします。

新しいトークンを生成する

  1. デスクトップブラウザから、 Legacy Tokens  (レガシートークン) :  api.slack.com/custom-integrations/legacy-tokens にアクセスします。
  2. トークンを生成しようとしている   チーム  ユーザー を選択します。
  3.  Create token  (トークンを生成する) をクリックします。

テストトークンは第三者に知られないようにしてください。 パスワードと同様に扱い、決して、テストトークンを他のユーザーやアプリケーションと共有しないでください。


トークンを再発行する

  1. デスクトップブラウザから、 Legacy Tokens  (レガシートークン) :  api.slack.com/custom-integrations/legacy-tokens にアクセスします。
  2. トークンを再発行しようとしている   チーム  ユーザー を選択します。
  3. Re-issue token  をクリックして、トークンを再発行します。(チームが  管理者によるアプリの事前承認  機能を有効にしている場合、ボタンが Request token に変わります。)

注意 : トークンの生成と再生成は本人のみ行うことができます。 他のユーザーの代わりにトークンを生成することはできません。 


ボットユーザーのトークンを再生成する

カスタムボットユーザー

  1.  Legacy Custom Integrations (レガシーカスタムインテグレーション) :  my.slack.com/apps/manage/custom-integrations  にアクセスします。
  2. 変更しようとしているボットユーザー名の横の    (Edit configuration アイコン) をクリックします。
  3. 設定画面で、現在のトークンの下の  Regenerate  をクリックします。新しいトークンが生成されました。この新しいトークンは、どこでも必要なところで利用することができます。


Hubot または Lita のインテグレーション

  1.  App Directory (App ディレクトリ):  my.slack.com/apps/manage  にアクセスします。
  2. インテグレーションの横の    (Edit configuration アイコン) をクリックします。
  3. 設定画面で、現在のトークンの下の  Regenerate  をクリックします。新しいトークンが生成されました。この新しいトークンは、どこでも必要なところで利用することができます。

注意 : ボットを作成した本人だけが、トークンを再生成することができます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら 誰でもこの機能を使えます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事