解除されたボットユーザーを復活させる

チームメンバーが解除されると、そのメンバーによって作成されたボットユーザーも同時に解除されます。ボットユーザーの所有権の譲渡は簡単で、別のチームメンバーがボットユーザーを復活させた時、その復活させたメンバーに自動的に移ります。ただし、前提条件として、そのチームメンバーはインテグレーションを管理する  権限  を持っていなければなりません。

復活の手順 :

  1. チーム名をクリックして、チームメニューを開きます。
  2.  Apps & integrations  を選択します。
  3. App Directory (App ディレクトリ) 画面の右上の  Manage  (管理) をクリックします。
  4. メニューから、Custom Integrations  をクリックし、Bots  をクリックします。
  5. 復活させたいボットユーザー名の横の    (鉛筆のアイコン) をクリックします。
  6.  API Token  の項目で「The API token is only available to the integration owner.」(API トークンはインテグレーションオーナーのみ利用可能です) と言うメッセージが表示されているのを確認します。
  7. 右上の  Enable   をクリックし、そのボットを本当に復活させたい場合は、OK をクリックします。
  8.  OK  をクリックしてページをリロードし、新しい API トークンを利用可能にします。
  9. このボットが利用していたスクリプトやライブラリ内のトークンを更新します。

Tip :  Hubot や Lita bot を復活させる場合は、Apps  の項目 :  my.slack.com/apps/manage  を確認してください。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら 誰でもこの機能を使えます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事