Slack で通話する

徹底的に話しあうことが必要な時もありますよね。そんな時は、Slack コールを使って、チームのメンバーと音声通話やビデオ通話で会話しましょう 📞✨

 

Slack の基本

ご利用を開始する前に、まずは Slack の通話機能と各デバイスでの可用性をご確認ください。 

機能 

音声通話  チームのメンバーと Slack で通話する
ビデオ通話  Slack で通話またはビデオ会議をする
自分の画面を共有 他の通話参加者に自分の画面を表示する* 

 *有料プランのチームのみご利用可能です。

ログイン状況

  Mac Windows Linux iOS Android
音声通話   ✓  ✓  ✓  ✓  ✓
ビデオ通話   ✓  ✓    
画面の共有   ✓  ✓  ✓    

 

対応ブラウザ :  Google Chrome を使用して、音声通話やビデオ通話をかけることができます。またその場合、チームのメンバーの画面を閲覧することはできますが、自分の画面を共有することはできません。現時点では、Firefox には対応しておりません。

 

通話を発信する

デスクトップ

iOS

Android

通話の発信の方法には、ダイレクトメッセージ から発信する方法と、チャンネル からの発信の 2 種類があります。

ダイレクトメッセージから発信

無料プラン・有料プラン、どちらをご利用のチームでも、1対1のダイレクトメッセージから直接通話を発信できます。操作手順 :

  1. ダイレクトメッセージを開きます。
  2. 画面上部の    (電話アイコン) をクリックします。
  3. 電話アイコンを押すとそのまますぐに通話開始となります。相手には、着信を知らせるポップアップ通知が表示されます。有料チームは、グループ DM からも通話を開始することができます。
  4. Mac/Windows版 Slack デスクトップアプリを利用している際には、  (カメラアイコン) をクリックすると、ビデオ通話に切り替えることができます。 

注意 : ステータスが 離席中 だったり、おやすみモード中のメンバーに通話をかけた場合、その相手に不在着信通知が届きます。


チャンネルから発信

有料プランをご利用のチームでは、チャンネルから通話を発信することも可能です。

チャンネルからの発信手順 :

  1. チャンネルを開き、画面上部の    (電話アイコン) をクリックします。
  2. 通話を開始するかの確認画面が表示されます。通話名を設定 (任意) し、準備ができたら  Start new call  (新しい通話を開始する) をクリックします。
  3. チャンネル内に、あなたが通話を開始したことを通知するメッセージが投稿されます。それを確認したメンバーは、この通話に参加する のボタンをクリックして通話に参加することができます。(最大15人まで同時に通話可能です。)
  4. Mac/Windows 版 Slack デスクトップアプリを利用している際には、通話ウィンドウの    (カメラアイコン) をクリックして、ビデオ通話に切り替えることができます。  
  1. ダイレクトメッセージやチャンネルの名前をタップして、 チャンネルや会話の情報を開きます。
  2.  Start a call  (通話を開始する) をタップします。
  1. ダイレクトメッセージやチャンネルの名前をタップして、 チャンネルや会話の情報を開きます。
  2.  Start a call  (通話を開始する) をタップします。

Tip :  ショートカットキーで通話開始できたらいいのに?  ー  そんなあなたの声に応えて、スラッシュコマンド 機能を用意しました!DM またはチャンネルで  /call  コマンドを入力するだけで、通話を開始できます。

 

通話の共有と招待

有料プランをご利用のチームでは、通話を共有したり、通話に他のメンバーを招待することが可能です。

デスクトップ

iOS

Android

以下の簡単 3 ステップで、現在進行中の通話に、特定のメンバーを招待できます :

  1. 通話ウィンドウの右上に表示される  (プラス アイコン) をクリックします。
  2. ユーザー名をタイプしていき、ユーザーリストをフィルタリングしていきます。
  3. 招待するメンバーを選択します。

通話を別のチャンネルで共有したい場合、以下の手順で行います :
  1. 通話ウィンドウの右上に表示される  (プラス アイコン) をクリックします。
  2. Share this call (この通話を共有する) をクリックします。
    share-call-in-channel.png
  3. ドロップダウンリストからチャンネルを選択して、Share (共有) をクリックします。または、Copy link (リンクをコピーする) をクリックして通話の共有リンクを取得します。

 

  1.  Invite  (招待する) をタップします。
  2. 通話に招待したい人の名前をタップします。
  3. Invite (招待する) を再度タップします。
  1.   (Add user/ユーザーを追加) アイコンをタップします。
  2. 通話に招待したい人の名前をタップします。
  3. Invite (招待する) を再度タップします。

 

通話に参加する

ダイレクトメッセージ通話に応答する

デスクトップ

iOS

Android

ダイレクトメッセージやグループメッセージから他のメンバーがあなたに通話をかけた時、あなたの画面には着信通知がポップアップ表示されます。緑色の  (電話アイコン) をクリックして通話に出ます。

christina.png

緑色の  (電話アイコン) をタップして通話に出ます。
  1. ポップアップ通知から、またはダイレクトメッセージに届く通知メッセージから Answer  (応答する) をタップします。
  2.   (電話アイコン) をタップします。

チャンネル通話に参加する

デスクトップ

iOS

Android

チャンネル内招待メッセージの  Join this call  (この通話に参加する) をクリックします。通話ウィンドウが開き、誰が通話に参加しているのか、誰が現在発言しているのかを確認できます。call-full-layout.png

 

チャンネル通話が行われているチャンネルで  Join this call  (この通話に参加する) ボタンをタップします。
チャンネル通話が行われているチャンネルで  Join this call  (この通話に参加する) ボタンをタップします。

 

自分の画面を共有

会議というのはアイデアの共有を行うためのものです。Mac または Windows 版デスクトップアプリで Slack を利用している場合、通話の参加者は、通話中に 画面を共有するのアイコンをクリックするだけで自分の画面を他の参加者に見てもらうことができます。

Full_Layout_-_screensharing__1_.png

注意 : 現時点では、Slack のモバイルアプリで画面共有機能を利用することはできません。

役に立つヒント

交代で共有しよう

通話中の画面の共有は1人ずつしかできませんので、自分の画面を提示し終えたら共有を解除して次のメンバーにバトンタッチするようにしましょう。

 

アクティブスピーカー 

デフォルト設定により、画面を共有しているメンバーがその通話のアクティブスピーカーとなります。つまり、そのアクティブスピーカー以外が喋っている間でも、その通話に参加している他のチームメンバーにはアクティブスピーカーの画面のみが表示されることになります。

 

Google Chrome

Google Chrome をご利用の場合は、チームのメンバーによる共有画面を閲覧することは可能ですが、自分から画面共有を開始することはできません。

 

通話のいろいろな機能

デスクトップ

iOS

Android

通話ウィンドウ内から、以下のビルトイン機能を確認できます :

アクション アイコン
メンバーを通話に追加する / チャンネルで通話を共有する  
マイクをミュートまたはミュートを解除する   
ビデオ通話のON/OFF  
画面共有を有効・無効にする  
通話設定 (通話タイトルや音声・ビデオの設定)  
絵文字リアクションを送る   
通話を終了する   

 

以下のショートカットキーを使うことも可能です:

アクション キー操作
ミュートのON/OFF M
ビデオのON/OFF V
招待されているメンバーリストを表示 +  または  A
チャンネル共有オプションを表示する S
絵文字リストの表示・選択 E  > 1 - 9

通話を発信する

チャンネルまたはダイレクトメッセージの名前をタップして、チャンネルや会話の設定を開き、 Start a call  (通話を開始する) を選択します


通話を終了する

赤い  End  ボタンを押して通話を終了します。


通話に応答する

ポップアップ通知から、または通話が行われているチャンネルやダイレクトメッセージに届く通知メッセージから、 Answer  (応答する) をタップします。 


通話を拒否する

ポップアップ通知の  Dismiss  (拒否する) を押して通話を拒否します。

通話を発信する

ダイレクトメッセージやチャンネルの名前をタップして、チャンネル会話の情報を開き、Start a call  (通話を開始する) を選択します。


通話を終了する

赤い    (End/終了) ボタンをタップして通話を終了します。


通話に応答する

ダイレクトメッセージの相手からの着信の場合は、グリーンの   (電話アイコン) をタップして通話に出ます。チャンネル通話に参加する場合は、そのチャンネルの  Join this call  (この通話に参加する) ボタンをタップします。


通話を拒否する

 Decline (拒否する) をタップして、着信を拒否します。

 

トラブルシューティング

接続エラー

オーディオエラー

ビデオのエラー

Tip :  通話の接続トラブルで最も多いのが、ファイアウォールの設定に原因があるケースです。接続エラーが発生した場合は、以下をチェックしてみましょう。

 

通話接続エラー

Slack での通話が開始できない場合は、ネットワークがポート 22466 へのアウトバウンド UDP 接続を許可するように設定されていて、 *.slack-core.com がホワイトリストに登録されているかを確認してください。または、会社の ITチームに問い合わせ、確認をしてもらいましょう。Slack サーバーは Amazon Web Services (AWS) 内で動的に再配置されるため、固定 IP アドレスリストを ユーザーの皆さまに提供することができせん。

以下、Slack を快適にご利用いただくために必要なバンドウィズになります :

通話タイプ DL 速度 UL 速度 
音声通話  200 kbps  100 kbps
 ビデオ通話* (1対1)  600 kbps  600 kbps
 ビデオ通話* (参加人数: 3人)  2 Mbps  600 kbps
 ビデオ通話* (参加人数: 5人以上)  4 Mbps  600 kbps

*画面共有も以上と同じ要件になります。

 

サーバー接続エラー

Slack から通話を発信しようとした時にサーバーに接続できない場合は、まずお使いのブラウザから  slack.com  にアクセスしてみてください。

  • slack.com ページが読み込めない場合は、ネットワークがポート 443 へのアウトバウンド TCP 接続を許可するように設定されているかを確認してください。
  • slack.com ページを読み込めるけれど依然としてサーバーエラーが確認される場合は、すぐに私たちまでご連絡ください。接続トラブルの原因について調査いたします。

音声に関するトラブルが発生した場合、通話に参加しているメンバー全員 (自分も含む) で、以下を確認してみてください : 

  • Slack デスクトップアプリを使用している場合は、通話ウィンドウの    (歯車のアイコン) をクリックしてオーディオの設定を開き、入力と出力の端末がそれぞれ正しく設定されているかを確認します。
  • 端末のシステム環境設定から、音声がミュートされていないか、入力と出力のデバイスがそれぞれ正しく選択されているか、を確認します。
  • Slack を再起動したら、再度通話を開始してみます。
  • Google Chrome 上でブラウザ版 Slack を使用している場合は、Chrome を終了して再起動したら、再度 Slack を開きます。

WebGL が使用できない

Slack コールでは、WebGL というテクノロジーを使ってビデオや画面共有を実現しています。WebGL が使用できない理由には以下が考えられます :

  • お使いのコンピューターのグラフィックカードのドライバが最新のものではない、または機能していない。これらドライバはグラフィック面のコンポーネントが別のコンポーネントとどう動作するかを管理します。
  • お使いのコンピューターのグラフィックカードが機能していないか、オペレーティングシステムが正しいグラフィックカードに切り替えていない。
  • お使いのコンピューターのグラフィックス・プロセッシング・ユニット (GPU) がパフォーマンス上の理由でブラックリストに登録されている。例えば、Intel 3000 HD グラフィックスカード搭載の 2011 MacBooks の一部は、ブラックリストに登録されている可能性があります。
  • USB-DVI アダプタをモニターに接続しているとグラフィックスドライバに見せかけられるため、実際のグラフィックスドライバが機能しなくなってしまう場合があります。
  • ビデオ通話中に複数のモニターを使っている場合は、グラフィックス処理のクラッシュが繰り返し発生する場合があります。

Tip: ビデオまたは画面の共有で問題にぶつかってしまった?Slack を再起動してみてください。再起動しても問題が解決しない場合は私たちまでお問い合わせください。

 

ビデオ接続エラー

ビデオ通話中、映像と音声がずれたり、フリーズする、または接続が切れたりする場合は、以下を確認してみてください :

  • インターネット接続は安定していますか?
  • ご利用のインタ−ネット回線の回線速度を測定し、バンドウィズがビデオ通話に十分か確認します。

 

映像が表示されない

ビデオ通話中に映像が表示されない場合は、以下を確認してみてください :

  • 外部カメラをご利用の場合は、必ず通話を開始する前にカメラのケーブルを接続しておいてください。通話中にカメラが接続されると映像が映らなくなります。
  • 通話開始前にカメラのケーブルを正しくつないだにも関わらず、映像が映らない場合は、以下を確認してください。
    1. 通話ウィンドウの    (歯車アイコン) をクリックして ビデオの設定 を確認します。
    2. 正しいカメラが選択されていることを確認します。
  • まだ問題が解消されない場合は、手動で一旦違うカメラを選択してから、再度使いたいカメラを選択してみてください。

 

CPU使用率が高い

ビデオ通話をしている時にコンピューターの動きが遅くなるなと感じたら、それはCPU使用率が高くなっている可能性があります。参加人数の多い通話では、必要がない限りはビデオを使わず音声のみで会話し、必要 のある時だけビデオ通話に切り替えることをお勧めします。

 

セキュリティ

Slack の音声・ビデオ通話では、オーディオとビデオデータの圧縮にそれぞれ Opus と VP8 を使用しています。また通話データの保全と機密情報保護を目的として、全てのトラフィックは、暗号化して送信されます。さらに、メディアストリーミング時には DTLS を使用し、メディアサーバーとの通信時には HTTPS を使用しています。

通話に関するメタデータの一部は、デバッグやサポート、サービスの品質向上に役立てることを目的として、Slack に保管されます。

[保管されるメタデータ]  
通話のタイトル、通話の発信ポイント (チャンネルやダイレクトメッセージ等) 、通話の発信者と参加者名、パフォーマンス指標 (レイテンシー、ジッター等)、通話の開始・終了時刻とメンバーの通話への参加・退出時刻

注意 :  通話のログやコピーが Slack に記録・保管されることはありません。Slack の音声・ビデオ通話機能は、Slack のその他機能と同じセキュリティプログラムに該当します。詳しくは、Security ポリシーのページからご確認ください。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトでは、全てのメンバーゲストがこの機能を使うことができます。
  • プライベート通話は どのプランのチームでも ご利用いただけます。グループ通話は 有料 プランでご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事