ワークスペースの通話機能をカスタマイズする

Slack で音声またはビデオ通話を発信したい時は、画面の上部にある電話のアイコンをクリックします。通話機能は 以下の2種類の設定にカスタマイズできます。

要注意!:ワークスペースのオーナー管理者のみ、通話設定を変更することができます。設定の変更はワークスペース全体に適用されますので、オーナーと管理者は設定管理には十分注意をしてください。それ以外のメンバーは通話設定を個別に変更することはできません。


電話のアイコンを有効・無効にする

Slack コール機能を有効にする

Slack コールを無効にする

Slack コール は、デフォルトの設定ではどのワークスペースにおいても有効になっていますが、ワークスペースのオーナーや管理者によって、別の音声・ビデオ通話アプリを使うよう設定変更したり電話アイコンを完全に削除して通話機能をメンバー全員が使えないようにすることも可能です。

電話アイコンが無効になっている時、有効にする場合は:

  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2. Settings (設定) ページにアクセスします。
  3. Calls  (通話) の項目の  Expand  ボタンをクリックします。
  4. Slack の通話機能を有効にする時は、 Enable calling in Slack  (Slack の通話機能を有効にする) の横のボックスにチェックを入れます。
  5.  Save  をクリックして設定を保存します。
Slack での通話機能を無効にする場合は:
  1. 左上のワークスペース名をクリックしてメニューを開きます。
  2.  Team Settings  (チームの設定) ページにアクセスします。
  3. Calls  (通話) の項目の  Expand  ボタンをクリックします。
  4. Slack の通話機能を無効にする時は、 Enable calling in Slack (Slack の通話機能を有効にする) の横のボックスのチェックを外します。
  5.  Save  をクリックして設定を保存します。

Slack コールについての詳細はSlack で通話を発信する  ページを参照してください。

デフォルトの通話アプリを変更する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースの電話アイコンからの通話で Slack コールを使うのか、または、対応しているサードパーティー製のアプリを使うのかを、デフォルトで設定することができます。

ワークスペースのデフォルトの通話アプリを他のサービスに変更したい場合、以下の手順で変更します:

ステップ1:  通話アプリを選択してインストール

まずは、Slack の App Directory (App ディレクトリ)から新たに設定したい通話アプリを選択してワークスペースにインストールします。対応しているアプリのリストとそのインストール先は 音声通話・ビデオ通話・ 画面共有アプリから確認できます。

注意 :  サードパーティー製の通話アプリを利用するにあたって、そのサービスで別途登録が必要になる場合があります。

ステップ2:  ワークスペースの デフォルトの通話アプリとして設定する

この設定を変更すると、メンバー全員の通話アプリのデフォルト設定が更新されます:

  1. Settings(設定)ページにアクセスします。
  2. Calls (通話) の項目の  Expand  ボタンをクリックします。
  3.  Enable calling in Slack  (Slack での通話機能を有効にする) の横のボックスにチェックが入っていることを確認します。
  4. ドロップダウンメニューから使いたいアプリを選択します。希望のアプリがリストにない場合は、ワークスペース へのインストールが正しくされているかを確認してください。(ステップ1を参照)
  5.  Save  をクリックして設定を保存します。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者によって有効にされた場合、全ての メンバーが利用することができます。 
  •  無料 プラン 有料 プランどちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事