ワークスペースまたはオーガナイゼーションの通話設定をカスタマイズする

デフォルトでは、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーション (OrG) 内でメンバー全員が Slack コールをかけられるよう、  (電話アイコン) が利用できるようになっています。音声通話とビデオ通話の設定は、いくつかの方法でカスタマイズすることができます :

  • メンバー全員が Slack コール を使用できるようにする場合は、電話アイコンを表示します。
  • Slack コール 機能を無効にする場合は、電話アイコンを非表示にします。
  • 別のサードパーティ製通話アプリを使用したい場合は、電話アイコンの設定を変更します。

要注意!: オーナーと管理者は、ワークスペースの通話設定を変更することができます。設定の変更はメンバー全員に適用されますので、オーナーと管理者は設定管理には十分注意をしてください。それ以外のメンバーは通話設定を個別に変更することはできません。

 

電話アイコンを設定する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーや管理者は以下の方法で電話アイコンを管理することができます:

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「設定と権限」を選択します。
  3. 「通話機能」 の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「次の方法で Slack での通話を有効にする」の項目のボックスをチェックする、またはチェックを外します。
  5.  「保存」  をクリックして設定を終了します。

Enterprise Grid の OrG レベルの詳細設定で通話を有効化し、電話アイコンを表示すると、Enterprise Grid オーガナイゼーションに接続されたすべてのワークスペースにこの設定が適用されます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」「オーガナイゼーションの設定」の順に選択します。
  3.   (設定) から「オーガナイゼーションの情報」クリックします。
  4. 「通話機能」までスクロールします
  5. 「次の方法で Slack での通話を有効にする」の項目のボックスをチェックする、またはチェックを外します。
  6. 「変更を保存する」をクリックします。

Tip : ここから画面共有を有効にすることもできます。

 💡Slack コールのビルトイン通話機能についての詳細は Slack で通話する のページを参照してください

 

デフォルトの通話アプリを変更する

ワークスペースのオーナーと管理者は、Slack コールまたはサポート対象の通話アプリを使用するようにワークスペースの  (電話アイコン) をデフォルト設定することができます。

ステップ1:  通話アプリを選択してインストール

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリ にアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。

ステップ2:  ワークスペースのデフォルトの通話アプリとして設定する

この設定を変更すると、ワークスペースのメンバー全員の通話アプリのデフォルト設定が更新される点にご注意ください。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「設定と権限」を選択します。
  3. 「通話機能」 の項目の「開く」をクリックします。
  4.  「次の方法で Slack での通話を有効にする」 の横のボックスにチェックが入っていることを確認します。
  5. 使いたいアプリを選択します。希望のアプリがリストにない場合は、ワークスペースへのインストールが正しくされているかを確認してください。(ステップ1を参照)
  6.  「保存」  をクリックして設定を終了します。

💡 その他の通話アプリのリストについては、音声通話・ビデオ通話・画面共有アプリ のページを参照してください。別のサードパーティ製通話アプリを選択する場合は、そのアプリで別途登録が必要になる場合があります。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー & 管理者OrG オーナー & 管理者 がこの機能を使用できます。
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事