ワークスペースから別のワークスペースにデータをインポートする

2 つのワークスペースを 1 つに統合したいときは、Slack のインポート/エクスポートツールを使いましょう。ワークスペースのメンバー、メッセージ、チャンネルのデータをエクスポートして、別のワークスペースにインポートすることができます。

注意 : Enterprise Grid オーガナイゼーションへのインポートには完全に対応していませんが、代わりに、ワークスペースにデータをインポートし、OrG にそのワークスペースを移行することができます。

 

Step 1 : インポートしたいワークスペースのコピーをエクスポートする

大抵の場合、ワークスペースを統合する際に移行できるのはパブリックチャンネルのメッセージとファイルのみです。Corporate Export の承認を受けたワークスペースのデータをエクスポートする場合には、プライベートチャンネルやダイレクトメッセージ (DM) も新しいワークスペースに移行することができます。

統合プロセスをシンプルにするため、小規模でアクティビティの少ないワークスペースからデータをエクスポートし、大規模でアクティビティの多いワークスペースにインポートすることをおすすめします。

  1. ワークスペースのデータのコピーをとる方法をワークスペースのデータをエクスポートするで確認します。
  2. エクスポートファイルのダウンロードが完了したら、データをインポートするワークスペースにサインインします。

 

Step 2 : エクスポートファイルをアップロードする

  1. セキュアなオンラインストレージサービス (Google ドライブや Dropbox、Box など) にエクスポートファイルをアップロードし、リンクを控えておきます。
  2. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  3. メニューから 「その他管理項目」「ワークスペースの設定」を選択します。
  4.  「データのインポート/エクスポート」をクリックします。「Slack」の横にある 「インポート」 をクリックします。
  5. エクスポートファイルへのリンクを「直接ダウンロードリンク」テキストフィールドに貼り付けます。
  6.  「ファイルをアップロード」をクリックします。
  7. ファイルのアップロード中はインポートページを開いたままにしてください。アップロードが完了するとメールで通知が届き、続行するようメッセージが表示されます。メールから 「インポートを続行する」、またはページから 「次へ」をクリックします。

 

Step 3 : インポートするメンバーを選択する

エクスポートしたワークスペースから別の Slack ワークスペースにメンバーを追加する準備が整いました。

インポートのオプションを検討する

  • ユーザーを統合する
    メールアドレスが一致するアカウントを統合します。
  • 新しいユーザーとしてインポートし Slack に招待する
    エクスポートしたファイルから Slack ワークスペースの新しいメンバーとしてユーザーを追加します。
  • 解除済みユーザーとしてインポートする
    ユーザーのメッセージが Slack に追加され、解除されたアカウントと関連付けられます。準備ができたら、これらのユーザーが新しい Slack ワークスペースを使用できるよう、復活させることができます。
  • これらのユーザーをインポートせず、そのメッセージだけをインポートする
    ユーザーの公開メッセージは Slack にインポートされてユーザー名と関連付けられますが、ユーザーのアカウントは作成されません。
  • これらのユーザーもそのメッセージもインポートしない
    ユーザーを除外し、そのメッセージやファイルもインポートしません。

追加するメンバーを選択する

  1. まず、 一致するメールアドレスを持つユーザーのインポート方法を設定します。「ユーザーを表示」の横の矢印をクリックすると事前に選択された個別のユーザーのインポート設定を変更することができます。
  2. 次に、 一致するメールアドレスがないユーザーのインポート方法を設定します。「ユーザーを表示」の横の矢印をクリックすると事前に選択された個別のユーザーのインポート設定を変更することができます。
  3. 「次へ」をクリックします。

注意 : 特定のユーザーのインポートをスキップすると、そのユーザーの DM は Slack に追加されなくなります。ユーザーのメッセージをインポートするオプションを選択した場合に追加されるのはパブリックチャンネルのメッセージのみです。

 

Step 4 : インポートするチャンネルを選択する

メンバーと同様に、名前が同じパブリックチャンネルも統合できます。 プライバシー上の理由により、同じ名前のプライベートチャンネルを統合することはできません。

 

チャンネルのインポートのオプション

  • チャンネルを既存の Slack チャンネルに統合する
    名前が同じパブリックチャンネルを統合します。
  • プライバシー設定を維持したまま新しいチャンネルを作成する
    チャンネルを作成し、他のワークスペースのプライバシー設定を引き続き適用します。*
  • 新しいパブリックチャンネルを作成する
    以前のチャンネルのプライバシー設定を維持せずに、新たにパブリックチャンネルを作成します。
  • 新しいプライベートチャンネルを作成する
    以前のチャンネルのプライバシー設定を維持せずに、新たにプライベートチャンネルを作成します。
  • チャンネルをインポートしない
    ワークスペースからチャンネルを除外し、そのメッセージやファイルもインポートしません。

*プラスプランをご利用で Corporate Export へのアクセスが可能な場合を除き、パブリックチャンネルのみが対象となります。Corporate Export が利用可能な場合には、パブリックチャンネルとプライベートチャンネルの両方を他のワークスペースへインポートすることができます。この際に DM もインポート可能です。


追加するチャンネルを選択する 

  1. まず、 チャンネル名が一致するチャンネルのインポート方法を設定します。「チャンネルを表示」の横の矢印をクリックすると事前に選択された個別のチャンネルのインポート設定を変更することができます。
  2. まず、 一致する名前がないチャンネルのインポート方法を設定します。「チャンネルを表示」の横の矢印をクリックすると事前に選択された個別のユーザーのチャンネル設定を変更することができます。
  3. エクスポートファイルに非公開のデータが含まれ、DM をインポートしたい場合には、「インポートするユーザー間のダイレクトメッセージ」の横のボックスにチェックを入れます。
  4. ボットメッセージは未処理の HTML データとして Slack にインポートすることができます。この場合、対象のボックスにチェックを入れます。
  5. 「次へ」をクリックします。

注意 : インポートされたメンバーは、参加しているチャンネルと、本人がメッセージを送った (送信先の) チャンネルに追加されます (そのチャンネルから退出している場合でも)。

 

Step 5 : サマリーを確認してインポートを実行する

  1. インポートのサマリーに含まれる情報を確認し、問題がないことを確かめます。
  2.  「インポートを開始する」 をクリックします。
  3. インポートが完了すると、確認メールが届きます。

注意 : 「インポートを元に戻す」ボタンをクリックすると、インポートがロールバックされます。インポートしたチャンネルとメッセージが Slack ワークスペース から削除されますが、メンバーは削除されません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者
  • フリースタンダードプラスの各プラン

関連記事

最近チェックした記事