Slack チームを統合する

同じ組織に所属するメンバーを一緒にして、一元管理のもと Slack を利用していきたい場合、Slack チームを統合することができます。

2つのチームを統合する

エクスポート/インポート機能を利用して、チームのコンテンツを別のチームへ移動させることができます。エクスポートには、パブリックチャンネルのメッセージ履歴と共有ファイルのリンク、アーカイブされたチャンネル、インテグレーションアクティビティログが含まれます。プライベートチャンネルとダイレクトメッセージのデータはエクスポートには含まれません。

Tip :  アクティビティやユーザー数の少ない方のチームをエクスポートして、より規模の大きいチームへインポートすることをお勧めします。

 

Step 1 :  一方のチームのデータをエクスポートする

データを エクスポート するチームからスタートします :

  1.  Export Data ページ :  my.slack.com/services/export  にアクセスします。 
  2.  Start Export  をクリックしてエクスポートを開始します。エクスポートが完了すると、Slack からメールで通知が届きます。
  3.  Export Data  ページで、 Ready for download  をクリックして、.zip ファイルをダウンロードします。  


エクスポートに関してさらに詳しくは、 チームの過去データをエクスポートする  を参照してください。

 

Step 2 :  もう一方のチームにデータをインポートする

警告 :   インポートの失敗の原因となる可能性があるため、インポートファイルは絶対に編集しないでください。

次に、データを インポート するチームに移動します :

  1.  Import Data  ページ :  my.slack.com/services/import  にアクセスします。 
  2. Slack の横の  Import  をクリックします。
  3.  Choose File  で、インポートしたいファイルを選択します。この時 上記 Step 3 でダウンロードした .zip 形式のファイルを指定してください。 
  4.  Start Import  をクリックしてインポートを開始します。


インポートに関してさらに詳しくは  メッセージ履歴をインポートする  を参照してください。

Note :  この時、インポート先と同様に、インポートしたいメンバーとチャンネルも選択することができます。詳しくは  インポートしたデータを Slack にマップする  のページを参照してください。

要注意 :  インポートの途中でインポートをキャンセルしたり、一旦完了した後にロールバックさせてから、もう一度インポートをやり直すことができます。インポート元サービスの  Import Data  ページから、 Cancel  または  Start Rollback  をクリックします。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • チームのオーナー 管理者 のみがこの機能にアクセスすることができます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事