ワークスペースから別のワークスペースにデータをインポートする

2 つのワークスペースを 1 つに統合したいときは、Slack のインポート/エクスポートツールを使いましょう。ワークスペースのメンバー、メッセージ、チャンネルのデータをエクスポートして、別のワークスペースにインポートすることができます。次にその手順を説明します。

注意 : Enterprise Grid の OrG へのインポートは対応していませんが、代わりに、ワークスペースにデータをインポートし、OrG にそのワークスペースを移行することができます。 


Step 1 : インポートしたいワークスペースのコピーをエクスポートする

ワークスペースを統合する際に移行できるのはパブリックチャンネルのメッセージとファイルのみです。統合プロセスをシンプルにするため、小規模でアクティビティの少ないワークスペースからデータをエクスポートし、大規模でアクティビティの多いワークスペースにインポートすることをおすすめします。

ワークスペースのコピーをエクスポートする方法は次のとおりです。

  1. ワークスペースのデータのコピーをとる方法をワークスペースのデータをエクスポートするで確認します。 
  2. ファイルをダウンロードしたら、データのインポートページ に移動し、「次へ」をクリックして続行します。


Step 2 : エクスポートを他のワークスペースへアップロードする

  1. エクスポートファイルをアップロードします。ファイルが 2GB 以下の場合は、「ファイルを直接アップロードする」をクリックしてください。2GB を超えるファイルは、いったん安全なクラウドサービス (Google ドライブや Dropbox、Box など) にアップロードし、「直接ダウンロードリンク」の下にそのファイルへのリンクを貼り付けます。
  2. アップロードする前はファイル名やファイルの内容を変更しないでください。あとの手順で、どのデータをインポートするかを選択できます。
  3. 「ファイルをアップロード」をクリックします。
  4. ファイルのアップロードが完了するまでウィンドウは開いたままにしてください。アップロードが完了すると、通知がメールで届きます。「インポートを完了する」をクリックして次に進んでください。


Step 3 : インポートするメンバーを選択する

エクスポートしたワークスペースから別の Slack ワークスペースにメンバーを追加する準備が整いました。まず、インポートの次のオプションを検討してください。

  • ユーザーを統合する
    メールアドレスが一致するメンバーのアカウントを統合します。
  • 新しいユーザーとしてインポートし Slack に招待する
    エクスポートしたファイルから Slack ワークスペースの新しいメンバーとしてユーザーを追加します。
  • 解除済みユーザーとしてインポートする
    このオプションでは、メッセージ履歴は保持されますが、ユーザーは解除済みメンバーとして Slack に追加されます (あとでこれらのユーザーをワークスペースに招待して追加することもできます)。
  • これらのユーザーをインポートせず、そのメッセージだけをインポートする
    メンバーのメッセージだけをインポートします。 
  • これらのユーザーもそのメッセージもインポートしない
    ユーザーを除外し、そのメッセージもインポートしません。
  • 各ユーザーごとに決定する
    各ユーザーのインポート方法を個別に選択します。 

その後、次の方法でメンバーのインポートを開始します。

  1. まず、一致するメールアドレスを持つユーザーのインポート方法を設定します。 
  2. 次に、一致するメールアドレスがないユーザーのインポート方法を設定します。
  3. 「次へ」をクリックします。

Tip : ユーザーのインポート設定を個別に変更するには、「ユーザーを表示」の横の矢印をクリックします。


Step 4 : インポートするチャンネルを選択する

メンバーと同様に、名前が同じチャンネルも統合できます。チャンネルのインポートには次のオプションがあります。

  • 既存の Slack チャンネルに統合する
  • 新しいチャンネルを作成する
  • チャンネルをインポートしない
  • 各チャンネルごとに決める

チャンネルをインポートするには、次の手順を行います。 

  1. 名前が一致するチャンネルのインポート方法を決めます。要望があれば、ワークスペースに統合する前にチャンネルのプライバシー設定を変更することもできます。 
  2. 「次へ」をクリックします。

Tip : ルームのインポート設定を個別に変更するには、「チャンネルを表示」の横の矢印をクリックします。

注意 : ボットメッセージは未処理の HTML データとして Slack にインポートされます。ボットメッセージをインポートしたくない場合は、「ボットメッセージ」のチェックを外してください。


Step 5 : インポートを実行する

  1. インポートするメンバーとチャンネルの概要を確認します。
  2. 「インポート」をクリックして終了します。

注意 : 「インポートを元に戻す」ボタンをクリックすると、インポートがロールバックされます。インポートしたチャンネルとメッセージが Slack ワークスペースから削除されますが、メンバーは削除されません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者
  • フリープランスタンダードプランプラスプラン

関連記事

最近チェックした記事