有料プランのアップグレード、ダウングレード、キャンセル

スタンダードプランまたはプラスプランのワークスペースのオーナー (または、ワークスペースをアップグレードした担当者) は、ワークスペースのプランのアップグレードとダウングレードができます。プランをアップグレードまたはダウングレードするには、次の手順に従ってください。質問等はいつでも気軽にお問い合わせください。 

Tip : フリープランからスタンダードプランまたはプラスプランにアップグレードすることを検討している場合は、無料ワークスペースを有料プランにアップグレードするをチェックしてください。


ワークスペースのプランを変更する

  1. デスクトップの左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 左側の列の「その他管理項目」>「料金・お支払い」をクリックします。
  4. 「概要」タブで「プランの変更」を選択します。
  5. メニューでプラン変更を選択します。

    ⬆️スタンダートからプラスにアップグレードするには、「プラスプランへアップグレード」を選択します。

    ⬇️プラスからスタンダートにダウングレードするには、「スタンダードプランへ変更」を選択します。

    ⬇️フリープランにダウングレードするには、「更新時にフリープランに切り替える」を選択します。有料プランを今すぐキャンセルするには、 「すぐにフリープランに切り替える」を選択してください。

  6. 「この変更の詳細を表示」をクリックします。
  7. 「この変更を確定する」を選択します。


フリープランへのダウングレード

有料プランからフリープランに移行する際は、以下の点に気をつけてください。

メッセージやストレージの制限

メッセージとストレージの制限が変わります。閲覧と検索の範囲が、直近のメッセージ 10,000 件までに制限されます。ワークスペースのデータがストレージ容量制限 (5GB) を超えている場合は、一部のファイルを削除しなければなりません。

アプリやインテグレーションの制限 ワークスペースで利用できるサードパーティ製アプリやカスタムインテグレーションの数が最大 10 件までになります。10 件に達すると、それ以上ほかのアプリやインテグレーションは追加できなくなります。
利用できる機能

ゲストアカウントはすべて無効になりますが、通常のメンバーとしてアカウントを再開することもできます。共有チャンネルの共有は停止されますが、どのワークスペースもそのチャンネルのコピーを保持できます。メールアプリはただちに無効にとなります。

返金と Slack クレジットポイント 有料プランに未使用のクレジットがある場合は、同額分の Slack クレジットポイントがワークスペースアカウントに与えられます。 

 

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー
  • スタンダードプランプラスプラン

関連記事

最近チェックした記事