アナリティクスの閲覧と使用

チームメンバーの Slack の利用方法を豊富なデータとアナリティクスでよりよく理解しましょう。 

利点✨ 

  • パブリックチャンネルやプライベートチャンネルの両方で、メッセージが最も活発にやり取りされているチャンネルを把握することができます。
  • パブリックチャンネルを名前、メンバー合計数、送信されたメッセージ数などの指標別に並べ替えることができます。
  • メンバーのメッセージ活用状況を簡単に知ることができます。

 

アナリティクスへのアクセス 

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Slack Enterprise Grid

ゲスト以外のメンバーなら誰でもワークスペースのアナリティクスを閲覧できます。

注意 : フリープランで利用できるアナリティクスは一部に限られますが、 スタンダードプランやプラスプランにアップグレード することで他のメトリクス (と機能) も利用できるようになります!

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューから 「アナリティクス」 を選択します。 
  3.  Overview (概要)タブから  Channels (チャンネル)または Members (メンバー)をクリックします。
  4.  「列を編集する」 をクリックしてテーブルをカスタマイズし、表示する列を選択します。
  5. 必要に応じて、 「CSV のエクスポート」 をクリックして Slack の外でデータを確認することもできます。 

OrG オーナーと OrG 管理者は、管理者ダッシュボードで OrG のアナリティクスを閲覧することができます。以下の方法で、ワークスペースや、共有チャンネル、メンバー別にフィルタリングすることも可能です :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後 「オーガナイゼーションの管理」を選択します。
  3. 管理者ダッシュボードの 「アナリティクス」 ページにアクセスします。
  4. 「ワークスペース」、「共有チャンネル」または「メンバー」セクションをクリックして詳しい内容を表示します。「列を編集する」をクリックしてテーブルをカスタマイズし、表示する列を選択します。
  5. 必要に応じて、「CSV のエクスポート」をクリックして Slack の外でデータを確認することもできます。

注意 : ワークスペースの アナリティクスデータは1日に1度更新されます。


アナリティクスを確認できるメンバーを制限する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Slack Enterprise Grid

デフォルトの設定では、メンバーなら誰でもアナリティクスにアクセスすることができます。ワークスペースのオーナーは、ワークスペースの設定から以下の方法でアクセス権限をオーナーと管理者のみに制限することができます :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「権限」から、「アナリティクス」を開きます。
  4. アナリティクスにアクセスできるメンバーを選択します。
  5. 「保存」をクリックして終了です。

Slack Enterprise Grid でアナリティクスを閲覧できるのは OrG 管理者と OrG オーナーのみです。

Tip : これらのインサイトはメンバーのワークスペース使用方法を理解する上で役立ちますが、Slack の外で行われた業務はこのデータには反映されません。

ワークスペースのアナリティクスを閲覧できるメンバー
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもワークスペースのアナリティクスを閲覧できますが、OrG 全体のアナリティクスを閲覧できるのは OrG のオーナーOrG の管理者のみです。
  •  スタンダードプラスSlack Enterprise Grid、どのワークスペースでも利用可能です。 フリープランでは制限があります。

関連記事

最近チェックした記事