人事部門での Slack の活用方法

企業は、最高の業務を実現できるためにも、最高の仕事がデキる人事部門チーム を必要としています。このページでは、人事部門チームが Slack を活用して従業員をサポートしていく方法をご紹介します。 

人事部門で Slack を使う利点

  • 社員が必要とする全ての情報を一ヶ所で提供する事により、社員研修を簡素化できます。
  • 話し合いや質疑応答を可能な限り公開することで情報の透明性が高まります。
  • ソーシャルチャンネルを活用したり目に見える形で社員の功績を褒めることで、企業文化を育んでいくことができます。

 

社員研修を簡素化する 

#新入社員 チャンネルを作成して、そこに新入社員に必要な情報を全てまとめておくことにより、新しいメンバーが Slack 内で安心して質問したり、検索したり、業務に追いつきやすくなります。会社のミッションや方針などを詳しく記載したメッセージやファイルをチャンネルにピン留めしておき、会社のチームリーダーや管理職クラスの関係者をチャンネルに招待し、新入社員を温かく迎えてもらいましょう。 

Slack_for_HR_-_new-hires.png

また、チャンネルを「#10月16日入社」のようにグループごとに作成すると便利です。こうしたチャンネルでは、新入社員の書類提出や福利厚生制度への登録について リマインダーを設定することができます。各グループに連帯感や結びつきが生まれるよう、このようなチャンネルはプライベートチャンネルに設定するようにしましょう。 

tip-hr-reminders.png

 

情報確認用のチャンネルを作る 

企業の重要な方針や最新情報を社員全員にくまなく通知することは、正社員、契約社員、または出身国の異なる社員といった具合に、さまざまな社員グループが存在する場合には、容易ではありません。このような場合には、 #福利厚生 といった専用チャンネルをグループごとに作成すれば、関連する人事情報をまとめて連絡することができます。 

tip-hr-quickswitcher.png

ポストを利用して会社の福利厚生に関する FAQ ドキュメントを作成し、関連チャンネルにピン留めしておきましょう。こうすることで制度の内容がわかりやすくなり、社員は自分で質問の答えを探せるようになります。FAQ の内容を更新したら、ポストでのコメントや アナウンスを行って 社内に通知しましょう。

tip-hr-post.png

 

透明性を高める

社員が探している情報を Slack から見つける事ができない場合には、パブリックチャンネルに質問を投稿してもらうようにします。質問内容が機密性の高いものでない限り、回答もできるだけパブリックチャンネル内で行うようにすれば、メンバー全員が学ぶことができるうえ、時間の節約にもなります。また、後日アーカイブを検索して回答を見つけることができるようにもなります。

チャンネルの目的 を設定する際に、そのチャンネルから入手できる情報や質問への回答に通常かかる時間などを記載しておくようにしましょう。

 

いい仕事をした社員やチームを褒め合う

#グッジョブ」といった、社員同士がお互いのいい仕事ぶりや功績を褒め合うチャンネルを作成するのも大変おすすめです。公の場で褒められるということは、社員にとっては自信につながり、モチベーションを高めてくれます。👏

tip-hr-kudos.png

Growbot などのサードパーティー製アプリをインストールすれば、社員がさらに気軽に感謝メッセージを送信できるようになり、またこれまでの「褒めた・褒められた」の記録を確認することもできます。こうした記録は、人事査定の時にも役立てることができます。

 

チーム文化を育む 

自社の企業文化について時間をかけてじっくり話し合う場として、「#企業文化」チャンネルの作成もお勧めです。こうしたチャンネルが、安心してチームのバリューについて議論し、質問をし、意識向上のためのアイデアを共有できる場となります。Leo などのサードパーティ製アプリで定期的に社員の満足度を測れば、年に数回フィードバックを集めるよりも高い効果が期待できます。

社員に趣味チャンネルの作成や参加を推奨することで、部門の枠を超えた社員同士の交流を促進することができます。このようなチャンネルは基本的に誰でも参加可能とし、そのテーマは「#グルメ」「#サーフィン」「#音楽」など自由に設定してもらいましょう。

SLACK_FOR_HUMAN_RESOURCES_tip-hr-affinity.png

 

人事向け Slack アプリ 

Hired

Slack と Hired を連携させれば、採用プロセスを簡単に管理できます。Hired で何か更新があった場合は、Slack 内の指定チャンネルに情報が投稿されるので、ツールを切り替える事なく更新情報を受け取り、採用について話し合うことができます。 

tip-hr-hired__1_.png

Bonusly

Bonusly を Slack に連携させれば、ボーナスポイントを送る形で社員がお互いを褒め合うことができます。このポイントは、カスタマイズ可能なカタログ内のアイテムと交換することができます。

tip-hr-bonusly.png

💡  他にも人事部門にとって便利なさまざまなアプリが揃っています。詳しくは App ディレクトリ を参照してください。

関連記事

最近チェックした記事