人事部門での Slack の活用方法

企業は、最高の業務を実現できるためにも、最高の仕事がデキる人事部門チーム を必要としています。このページでは、人事部門チームが Slack を活用して従業員をサポートしていく方法をご紹介します。

 

人事部門で Slack を使う利点

  • 社員が必要とする全ての情報を一ヶ所で提供する事により、社員研修を簡素化できます。
  • 話し合いや質疑応答を公開することで情報の透明性が高まります。
  • 社員間で親近感を生み出すような趣味チャンネルを作り、それを通して企業文化を育んでいくことができます。

 

社員研修を簡素化する 

#新入社員 チャンネルを作成して、そこに新入社員に必要な情報を全てまとめておくことにより、新しいメンバーが Slack 内で安心して質問したり、検索したり、業務に追いつきやすくなります。会社のミッションや政策などの重要なメッセージやファイルをチャンネルにピンしておけば、新入社員がそれらを自分ですぐ確認することができます。人事担当者やチームリーダー、その他関係者をチャンネルに招待し自己紹介や歓迎メッセージを投稿してもらい、新入社員を温かく迎えましょう。 

Slack_for_HR_-_new-hires.png

また、チャンネルを「#10月16日入社」のようにグループごとに作成すると便利です。。各グループの連帯感や結びつきを強化させるためにも、このようなチャンネルはプライベートチャンネルとして作成するようにしましょう。これらチャンネル内で  /リマインド のコマンドを活用すれば、入社時の様々な提出物の締め切りを新入社員に手間をかけずにリマインドする事もできます。

tip-hr-reminders.png

 

情報確認用のチャンネルを作る 

人事部門では、企業の重要な方針や更新情報を社員全員に伝達することが大変重要になります。しかし、企業の多くでは、正社員、契約社員、または国別での社員といった具合に、異なる社員グループが存在します。このような場合には、#福利厚生 といった専用チャンネルを グループごとに作成すれば、関連する人事情報をまとめて連絡する事ができます。

tip-hr-quickswitcher.png

ポストを利用して会社の福利厚生に関する FAQ ドキュメントを作成し、関連チャンネルにピンしておきましょう。そして、各社員には、何か分からない事があった時にはまずそこを確認してもらうようにすれば、パブリックチャンネルでの質問回答の作業を大幅に減らす事ができます。ポリシーに変更があった場合には、この FAQ ポストを更新することを忘れないようにしましょう。また更新があった場合には、ポストにコメントしたり、関連チャンネルで通知して、社員が更新に気づくようにしましょう。

tip-hr-post.png

 

透明性を高める

もし社員が探している情報を Slack から見つける事ができなかった場合には、できるだけパブリックチャンネルに質問を投稿してもらうようにします。質問内容が機密事項であったりセンシティブな問題でない限り、回答もできるだけパブリックチャンネル内で行うようにすれば、メンバー全員が学ぶことができるうえ、時間の節約にもなります。また、回答はアーカイブされるため、今後他の社員も同じような質問があった場合にアーカイブを検索して回答を見つけることができるようになります。

チャンネルの目的を設定する際に、そのチャンネルからどのような情報が入手できるか、質問への回答までに通常どのくらいかかるかを記載しておくようにしましょう。

 

いい仕事をした社員やチームを褒め合う

#グッジョブ」といった、社員同士がお互いのいい仕事ぶりや功績を褒め合うチャンネルを作成するのも大変おすすめです。公の場で褒められるということは、社員にとっては自信につながり、モチベーションを高めてくれます。

tip-hr-kudos.png

GrowbotBonusly のようなサードパーティー製アプリをインストールすれば、社員がさらに気軽に感謝メッセージを送信できるようになり、またこれまでの「褒めた・褒められた」の記録を確認することもできます。人事査定の時には、会社への貢献度を図る指標としても役立ちます。

 

チーム文化を育む 

自社の企業文化について時間をかけてじっくり話し合う場として、「#企業文化」チャンネルの作成もお勧めです。社員には自由に質問やアイデアを投稿してもらい、士気やエンゲージメントを高めるための意見をどんどん交換していってもらいましょう。

社員に趣味チャンネルの作成や参加を推奨することで、部門の枠を超えた社員同士の交流を促進することができます。このようなチャンネルは基本的に誰でも参加可能とし、そのテーマは「#グルメ」「#今日の癒し」「#音楽好き」など自由に設定してもらいましょう。プライベートチャンネルは、「女性の職場進出」や「子育て」のようなセンシティブな問題についての個人的な話を共有したい場合のみに使用することをお勧めします。

Tip: 趣味グループ用のチャンネルを作成する場合、例えば「女性の職場進出」や「子育て」のように、センシティブな問題についての個人的な話を共有したい場合のみにプライベートチャンネルを使用することをお勧めします。 

SLACK_FOR_HUMAN_RESOURCES_tip-hr-affinity.png

社員のエンゲージメントを定期的に評価することを目的とした Leo のようなサードパーティ製アプリを利用することもできます。年に数回フィードバックを集めるよりも効果的です。

 

人事向け Slack アプリ 

Hired

Slack と Hired を連携させれば、採用プロセスを簡単に管理できます。Hired で何か更新があった場合は、Slack 内の指定チャンネルに自動的に情報が投稿されるので、ツールを切り替える事なく更新情報を受け取り、採用について話し合う事ができます。 

tip-hr-hired__1_.png

Bonusly

Bonusly を使用すると、メンバーはピアツーピアでボーナスポイントを確認でき、ポイントがたまったら、ワークスペースのカスタマイズ可能なギフトカタログのアイテムと交換できます。

tip-hr-bonusly.png

💡 他にも様々な人事部門にとって便利なアプリが揃っています。詳しくは App Directory (App ディレクトリ) を参照してください。

関連記事

最近チェックした記事