フェアビリングポリシー

チームに請求される額は、Slack を実際に利用しているアクティブユーザーの分のみであるべきだと考えます。そこで Slack が提案させていただくのが、 フェアビリングポリシー です。

概要

  • 有料プランにアップグレードした日にカウントされたアクティブメンバーの人数を基に、料金が請求されます。
  • もしメンバー全員のアカウントが非アクティブの場合は、無料プランにダウングレードしない限り、最低料金としてメンバー1人分の料金が請求されます。
  • アクティブメンバーの数に変更があった場合は、その差額が月々のご利用明細に反映されます。


有料チームに新規メンバーを追加する

有料プランをご利用のチームが、請求締め日前に新規メンバーを追加した場合、新メンバーの分に関しては、実際に利用した時間分のみの料金が請求されます。利用時間に関しては Slack 側で正確に記録し、それを基に毎月末に料金を請求いたします。

例えば:

Standard プランで毎月払いを選択しているチームの場合、メンバー1人あたりの月額料金は$8です。たとえば、請求月が切り替わって10日目 (締め日まで残り20日) に新メンバーが追加されたとします。

その場合、新メンバー分の料金に関しては、1人あたりの料金 ($8) をその月の日数 (30日) で割った金額に、請求締め日までの残日数 (20) を掛けて算出した日割額 ($5.33) が請求されます。 

年払いを選択されている場合も、同様に計算されます。新メンバー分に関しては、年末までの残日数で日割り計算された料金が、新メンバーが追加された月の月末に請求されます。

請求書払いの場合  ——  所定のメンバー数をもって1年間の利用料金を算出し、請求書を発行します。発行後、チームに予定外の増員があった場合には、四半期ごとに差額料金を算出し、その都度請求書をお送りします。


非アクティブまたは解除されたアカウントへのご請求

Slack は、メンバーのアカウントが非アクティブになると自動で検知します。その場合、そのメンバーが支払済みの料金を日割で精算し、クレジットにて Slack アカウントに払い戻します。 クレジットには貨幣または交換価値がなく、譲渡や返金は不可能です。また、チームの有料プランの終了に伴い失効します。

例えば :

Standard プランで毎月払いを選択しているチームの場合、メンバー1人あたりの月額料金は$8です。たとえば請求月が切り替わって15日目に、あるメンバーのアカウントが解除されたとします。

その場合、1人あたりの料金 ($8) をその月の日数 (30日) で割った金額に、そのメンバーがその月に Slack を利用した日数 (15日) を掛けて算出した日割額 ($4) 分のクレジットが、チームのアカウントに払い戻されます。

 

アカウントアクティビティ ステータス 請求金額への影響

アカウントが14日以上利用されていない場合

非アクティブ 請求期間中に利用されなかった日数分の日割額が、クレジットとして Slack アカウントに払い戻されます

チームの管理者によってアカウントが解除された場合

非アクティブ 請求期間中に利用されなかった日数分の日割額が、クレジットとして Slack アカウントに払い戻されます

解除されたアカウントが再開された場合や、非アクティブなアカウントが Slack の利用を再開した場合

アクティブ ステータスの変更が自動で検知され、請求締め日までの残日数分の日割額が請求されます。

 

チームメンバーのタイプ

メンバー管理者オーナーMulti-Channel ゲストは有料チームメンバーです。チームに何人でもメンバーを招待することができます。料金に関する詳細は、 Pricing Guide を確認してください。

複数のチームを持つオーガナイゼーション :  1人のメンバーが複数のチームに参加することが可能です。チーム内でのステータスがアクティブであれば、参加している各チームにおいてアクティブユーザーの合計人数にカウントされます。そのため、1人のメンバーに対して複数アカウント分の料金が請求されることになります。

ボットSingle-Channel ゲスト は無料です。チームの有料メンバー1人につき、Single-Channel ゲストを5人まで招待できます。ゲストをさらに増やしたい場合は、チームにさらに有料メンバーを招待します。

Tip : メンバー種別に関する詳細は、Slack メンバーのタイプと権限  を参照してください。

関連記事

最近チェックした記事