タイムゾーンを変更する

世界中を飛び回って活躍する皆さんのために、Slack では簡単にタイムゾーンの変更ができます。目的地に着いたらすぐ、以下の手順でローカル時間に更新しましょう!

デスクトップ

iOS

Android

Windows Phone

  1. チーム名をクリックして、チームメニューを開きます。
  2.  Profile & account (プロフィール & アカウント) を選択し、 右サイドバー にプロフィールを開きます。
  3.  Edit profile (プロフィールを編集する) をクリックします。
  4. 自分の現在の  Time Zone  (タイムゾーン) を選択します。
  5.  Save Changes  (変更を保存する) をクリックします。
  1. Web ブラウザを起動して、 Account (アカウント) ページ :  my.slack.com/account  にアクセスします。サインインが必要な場合はサインインします。
  2.  Time Zone (タイムゾーン) の項目の  expand  (開く) をタップします。
  3. リストから自分の現在のタイムゾーンを選択したら、 Save Time Zone  (タイムゾーンを保存する) をタップします。

Tip : タイムゾーンを現在地の時刻に素早く設定するには、画面を左にスワイプして右サイドバーを開き、Settings (設定)_、Advanced (詳細設定) の順にタップし、トグルボタンを  Set time zone automatically (タイムゾーンを自動的に設定する) に切り替えます。

  1. Web ブラウザを起動して、 Account (アカウント) ページ :  my.slack.com/account  にアクセスします。サインインが必要な場合はサインインします。
  2.  Time Zone (タイムゾーン) の項目の  expand  (開く) をタップします。
  3. リストから自分の現在のタイムゾーンを選択したら、 Save Time Zone  (タイムゾーンを保存する) をタップします。
  1. Web ブラウザを起動して、 Account (アカウント) ページ :  my.slack.com/account  にアクセスします。サインインが必要な場合はサインインします。
  2.  Time Zone (タイムゾーン) の項目の  expand  (開く) をタップします。
  3. リストから自分の現在のタイムゾーンを選択したら、 Save Time Zone  (タイムゾーンを保存する) をタップします。

注意 : タイムゾーンを更新すると、全てのメッセージには (送信元がどこであろうと)、自分のタイムゾーンの時刻が刻印されます。つまり、リマインダー Do Not Disturb モード (おやすみモード) は自分が意図した設定時刻に正しく実行されるということです。

関連記事

最近チェックした記事