個人的なメモやファイルを保存する

Slack を使うと、なんでも一箇所にまとめることができます。メンバーとの共有データだけでなく、Slack に個人使用のデータも保存することができます。サイドバーのダイレクトメッセージリストから自分の名前を探してクリック…そこが自分だけのプライベートスペースです!

自分に対して送ったメッセージやアップロードしたファイルも通常通り検索可能ですが、他の人が検索しても結果リストに表示されることはありません。それらを確認できるのは、あくまで自分だけです。

自分だけのメモ張

作業途中のデータやメモ書き、To-do リストなどを保存したい時は、メッセージに入力または添付して、自分に送りましょう!

save_private_notes_and_files_-_details.png

自分に対するダイレクトメッセージ (DM) は、手軽に使えて、さらに検索もできる、個人的なメモ帳として大変便利です。

Tip :  やる事メモに、終わったら取り消し線をつけたり、絵文字リアクションを使ってチェックマーク ✅   をつけたりと、自分へのDM を自由に編集 して、さらに使いやすくしていきましょう!

 

ファイルストレージ

完成していないポストや、後で使うために保存しておきたいファイルがあった場合、それらを自分へ DM で送って保存しておけば安心です。

チームのメンバーと共有するものではなくても、ポストや画像、ファイルなどを自分に DM しておけば、どこにいても簡単にアクセスができるので便利です。ぜひ活用してみてください。

関連記事

最近チェックした記事