#general チャンネルについて

Slack 開始時には、どのチームにも #general (ジェネラル) チャンネルがデフォルトで用意されています。他の Slack チャンネルと異なり、#general はメンバー全員の参加が必須で、誰もチャンネルを抜けることができません。また、チームに参加する時に、メンバーは自動的に #general チャンネルに追加されるため、わざわざ招待する必要がありません。 ——  これらの特徴から、#general は使いようによっては大変便利なチャンネルなのです!

#general チャンネルは、重要なメッセージを共有するのに最適な場です。多くのチームでは、チームが大きくなってきた時には通常の会話に #general を利用するのをやめ、重要な通知のアナウンスに活用しています。

Tip :   チーム全体に連絡したい緊急のメッセージがある時は、#general で @everyone とメンションするといいでしょう。さらに、メッセージを確認したらリアクションしてもらうようにお願いしておけば、誰がメッセージを確認したかをチェックすることもできます。


重要事項を共有する

#general に投稿された全てのメッセージは、チームのメンバーなら誰でも確認することができます。そのため、必要のないメッセージの投稿はできるだけしないようにメンバーには伝えておきましょう。その効果的な方法をいくつかご紹介します。


#general に投稿できるメンバーを制限する

もしチームのメンバーが #general チャンネルに重要でないメッセージを頻繁に投稿してしまう場合は、チームのオーナーは投稿できるメンバーを制限することができます。以下の操作手順に従って設定してください。

  1. チーム名をクリックして、チームメニューを開きます。
  2.  Team settings  (チームの設定) を選択します。
  3.  Permissions  (権限) のタブをクリックします。
  4.  Messaging  (メッセージ) の項目の  expand  (開く) をクリックします。
  5.  Who can post to your #general channel (#general チャンネルに投稿できるメンバー) のドロップダウンリストから、投稿できるメンバーの種別を選択し、設定します。
    Screen_Shot_2017-03-22_at_5.38.57_PM.png
  6.  Save (保存する) をクリックします。

Tip :  チームのオーナーは、チーム全体での @here と @channel の使用制限と同様に、#general チャンネルでの @everyone の使用に関しても制限することができます。 Messaging  (メッセージ) ページにアクセスして、制限のオプションを確認してください。


#general を抜ける代わりにできること

#general チャンネルを抜けることはできませんが、以下の設定によって似たような状態にすることは可能です。

Tip :  自分の Slack を使いやすくするためのヒントを  ムダを減らして Slack をもっと使いやすく  のページで更に紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

最近チェックした記事