プラスデータエクスポートを申請する

デフォルト設定では、ワークスペースのオーナーと管理者は、パブリックチャンネルで共有されたメッセージとファイルだけをエクスポートできるようになっています。プラスデータエクスポートが有効になっている場合は、プライベートチャンネルとダイレクトメッセージのデータも含めることができます。適用方法については以下の説明を参照し、申請が承認された場合は、プラスデータエクスポートをオンにしましょう。

注意 : プラスデータエクスポートは、Plus プランのワークスペースのみで利用できます。必要な場合は、プランのアップグレード方法を参照してください


Step 1 : 申請書を提出する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。workspace_menu
  2. メニューから「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の  Import/Export Data (データのインポート/エクスポート) をクリックし、Export  (エクスポート) タブを選択します。
  4.  「ここから申請する」 をクリックします。
  5. 「今すぐ申請する」 を選択し、「会社名」と Slack 「ワークスペース名」を入力します。
  6. 入力が終わったら、「次へ」 をクリックします。確認のための契約書がメールで届き、あなたがプラスデータエクスポートへのアクセスに申請したことがワークスペースのオーナー全員に Slackbot から通知されます。

注意 : 申請してから1週間以内に、承認されたかどうかを伝えるメッセージが Slackbot から送信されます。 


Step 2 : プラスデータエクスポート機能を 有効にする

承認された場合、以下の手順に従ってプラスデータエクスポートをオンにすることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。workspace_menu
  2. メニューから「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」 をクリックし、「エクスポート」タブを選択します。
  4. 「この機能を有効にする」を選択します。
  5. Slackbot からメンバーに送られるメッセージを確認します。必要に応じてカスタムメッセージを追加できます。
  6. 「通知して有効にする」をクリックして、変更を保存します。
  7. 「有効にする」を選択して、プラスデータエクスポートを有効にします。変更に関する通知が Slackbot からメンバーに即座に送信されます。

Tip : メンバーは 「ワークスペースの設定」ページから、メッセージとファイル保存ポリシーの詳細と、プラスデータエクスポートが有効になっているかを確認できます。


プラスデータエクスポートに含まれるアイテム

プラスデータエクスポートには、チームのメッセージ履歴 (JSON 形式) および、プライベートファイルと特別なトークンが添付されたサムネイルへのリンクを含む .zip ファイルが含まれます。 プラスデータエクスポートには、チームでこの機能が有効化される前に送信されたプライベートチャンネルとダイレクトメッセージ内のメッセージは含まれません。

エクスポートしたデータの読み取り方法についての詳しい情報は、 Slack データエクスポートについてを参照してください。

注意 :  トークンがあれば誰でもワークスペースのファイルにアクセスできます。チームのメッセージ履歴のセキュリティを高めるために、 Revoke All  (すべて無効にする) をクリックするだけで、すべてのアクティブなトークンをいつでも解除することができます。

Tip :  パブリック/プライベートチャンネルとダイレクトメッセージの  メッセージ保存ポリシー  を変更する必要があるかもしれません。その場合は  ワークスペースの設定  ページにアクセスしてください。


プラスデータエクスポートを定期的にスケジュールする

ワークスペースの データのエクスポート ページでは、プラスデータエクスポートを日、週、または月単位で実行することを選択できます。また、 「エクスポート開始」ボタンをクリックすれば、いつでもエクスポートをオンデマンドで実行できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。workspace_menu
  2. メニューから「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の  Import/Export Data (データのインポート/エクスポート) をクリックし、Export  (エクスポート) タブを選択します。
  4. エクスポートの頻度を選択します。
誰がこの機能を利用できますか?
  •  ワークスペースのオーナーがこの機能にアクセスできます。 
  • プラス プランで利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事