SSO アカウントを Slack に連携させる

チームでシングルサインオンが初めて有効化された時や、メンバーが再認証する必要が出た場合に、あなたの Slack アカウントを ID プロバイダに連携させる方法に関するメールが Slack から届きます。これを「バインディング」と呼びます。

初めて SSO が有効にされた時には、以下画像のようなバインディングメールが Slack から届きます。このメールの  Authenticate your account  (アカウントを認証する) ボタンを押すだけで、バインディングを開始できます。所要時間は1分ほどです。

connec_your_SSO.png

注意 :  デスクトップからでも、移動中ならモバイルからでも、自分の SSO アカウントを Slack に連携できます。

 

セッションリセット後の SSO アカウントの再バインド

ワークスペースのオーナーによってセッションリセットが実行されて、メンバーが Slack から強制的にサインアウトされた場合、その影響を受けた全メンバーに対し、SSO の再バインディングメールが送信されます。

ワークスペースに再度サインインする時は、まず、受信トレイから SSO 再バインディングメールを確認します。それから、IDP と自分の Slack アカウントを再度連携させます。以下に大まかな手順を記載しましたので参照してください。それが終了したら、IDプロバイダからサインインできます。

  1. 再バインドするには、メンバーそれぞれが、バインディングメールにある  Sign in to authenticate your account  (サインインしてアカウントを認証する) ボタンをクリックします。
  2. ユーザーによっては、そのアカウントに  引き続きバインドさせる (強制的にログアウトされる前に利用していたアカウントをそのまま使う) か、または 切り替える  かの選択肢が提示される場合があります。

Tip :  メッセージ履歴を保管するためには、メンバーは必ず、自分のアカウントに引き続きバインドさせるオプションを選択してください。 

注意 :  SSO バインディングメールに添付されたリンクは72時間で無効になりますが、管理者は、Members (メンバー) のページから、個々のメンバーに新しいメールを改めて送信することができます。

 

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーは、すべてのメンバーゲストがこの機能を使えるように設定できます。
  • スタンダードプラン または プラスプランでご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事