チームで利用するアプリを管理する

デフォルト設定では、メンバー全員が Slack チームにアプリを追加することができます。ただし、チームのオーナーは次のいくつかの方法でこれを制限することができます:

  • アプリやインテグレーションを承認できる メンバーを制限することができます。 
  • Slack の App ディレクトリに掲載されたアプリのみにインストールする対象を制限することができます。 
  • メンバーのインストールするアプリの承認内容を管理することができます。 

 

アプリの権限を変更する

アプリとカスタムインテグレーションを管理できるメンバーを決める

チームのためのアプリやカスタムインテグレーションを承認・管理する権限を持つメンバーを制限する手順は以下のとおりです :

  1. 左上のチーム名をクリックしてメニューを開きます。
  2.  Apps & integrations  を選択します。
  3. App Directory (App ディレクトリ) 画面の右上の Manage (管理) をクリックします。
  4. Permissions (権限)をクリックします。
  5. Approved Apps (承認済アプリ)をオンにします。
  6. チームで利用する承認済アプリやカスタムインテグレーションを管理できるメンバーを選択します。Screen_Shot_2017-07-07_at_2.38.06_PM__1_.png

アプリのインストール元を決める

Slack ではセキュリティの重要性をよく理解しています。ですので、Slack のApp ディレクトリに掲載されていないアプリのインストールを制限することができます。操作手順 :

  1. 左上のチーム名をクリックしてメニューを開きます。
  2. Apps & integrations (アプリとインテグレーション)を選択します。
  3. App Directory (App ディレクトリ) 画面の右上の Manage (管理) をクリックします。
  4. Permissions (権限)をクリックします。
  5. Restrict app installations to apps listed in the App Directory (App ディレクトリに掲載されたアプリのみインストールできるよう制限する)をオンにします。.

注意:チームによっては、ゲストアカウントによるスラッシュコマンドの使用を制限する必要があるかと思います。その場合は、App ディレクトリの Permissions (権限)の項目から変更してください。

  

承認済アプリのリストを作成する

チームのオーナー (と権限を与えられたメンバー) は、チームがインストールできるアプリのリストを作成することによって、メンバーが利用できるアプリをコントロールすることができます。チームの承認済のアプリは Slack のApp ディレクトリの特別なカテゴリーに表示されます。 Screen_Shot_2017-07-07_at_3.23.09_PM__2_.png

承認済リストに使いたいアプリが入っていない場合、 メンバーはアプリのインストール承認リクエストを送ることができます。 

承認済アプリ

承認済アプリのリストを作成するには、以下の手順に従ってください :

  1. 左上のチーム名をクリックして menu (メニュー)を開きます
  2.  Apps & integrations  を選択します。
  3. App ディレクトリ画面の右上の Browse (閲覧)をクリックします。
  4. App ディレクトリで承認したいアプリやサービスを検索します。アプリのページから、Approve for Team(チームでの利用を承認する) をクリックします。
    Screen_Shot_2017-07-07_at_3.33.28_PM__1_.png

Note : 承認済アプリ機能を有効にする前にメンバーによってインストールされたアプリやカスタムインテグレーションは、機能を有効にした後もそのまま使えます。 チームで利用可能なアプリを確認したい場合は、App ディレクトリの Manage  (管理) をクリックしてください。

制限されたアプリ 

制限されたアプリを見直して再度検討したい場合の手順は次の通りです:

  1. App ディレクトリから右上の Manage (管理)をクリックします。
  2. Apps (アプリ)を選択して制限されたアプリのリストを表示します。
  3. 変更したい場合には、Approve (承認)をクリックします。

Screen_Shot_2016-07-20_at_5.05.34_PM.png

 

アプリリクエストを承認する

アプリ

メンバーが新しいアプリの追加をリクエストすると、チームのオーナー(とアプリを承認する権限を持つメンバー) Slackbot メッセージによる通知が行われます。

リクエストされたアプリに関し、メンバーの利用を許可する場合は、 Approve for Team (チームでの利用を承認する) を、利用を許可しない場合は、Restrict for Team (チームでの利用を禁止する) をクリックします。

Slackbot_Admin_1_-_Abacus_2x.png

チームのオーナーは、App ディレクトリ画面の Manage (管理) をクリックして、承認保留になっているアプリリクエストを確認することができます。Approve (承認する)をクリックするとメンバー全員がアプリをインストールすることができるようになります。 

Screen_Shot_2017-07-07_at_2.56.50_PM__1_.png

注意: アプリを承認する前に、App ディレクトリの該当するアプリのページで アプリがアクセス可能な許可と OAuth の範囲について詳しく確認しましょう。 

カスタムインテグレーション

Slack の App ディレクトリにあるアプリのように、チームメンバーはカスタムインテグレーション (スラッシュコマンドなど) のインストールをリクエストすることもできます。以下の点に注意してください :

  • メンバーが1度にリクエストできるのはカスタムインテグレーション1点です (例: スラッシュコマンド1点)。
  • カスタムインテグレーションのリクエストを送信した本人のみが、アプリをインストールすることができます。

 

アプリのログを確認する

チームのオーナーと管理者が追加・変更・削除されたアプリを確認するためにはアプリログを利用することができます。承認済アプリの機能を有効にしているチームの場合 、ログにはアプリの承認・制限の記録も残ります。

アプリログは、Activity Log (アクティビティログ) のページにアクセス、または Slack チームの履歴データをエクスポートする時に確認できます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  •  チームのオーナー のみがこの機能にアクセスすることができます。
  •  無料プラン 有料プラン どちらでもご利用いただけます。

関連記事

最近チェックした記事