ワークスペースのアプリを管理する

ワークスペースのオーナーは、Slack にアプリを追加できるメンバーを以下のように制限することができます。

  • アプリやインテグレーション を承認できる メンバーを決める。
  • メンバーがインストールできるアプリを管理する 
  • Slack の App ディレクトリに掲載されたアプリのみインストールできるように制限する 


アプリの権限を変更する

アプリとカスタムインテグレーションを管理できるメンバーを決める

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択します。
  3. 「アプリを管理する」を選択します。
  4. 左側の列の「権限」をクリックします。
  5. Approved Apps (アプリのインストール制限)をオンにします。
  6. ワークスペースのアプリのインストール制限とカスタムインテグレーションを管理できるメンバーを選択します。who_can_approve_apps

アプリのインストール元を決める

Slack はセキュリティの重要性をよく理解しています。だから、Slack の App ディレクトリにない外部アプリがワークスペースにインストールされないように制限することができます。手順は次のとおりです。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択します。
  3. 「アプリを管理する」を選択します。
  4. 左側の列の「権限」をクリックします。
  5. App ディレクトリのアプリのみを許可する」をオンに切り替えます。

: ワークスペースによっては、ゲストアカウントによるスラッシュコマンドの使用を制限したい場合があります。その場合は、App ディレクトリの「権限」セクションで設定を変更できます。


承認済アプリのリストを作成する

ワークスペースのオーナー (およびオーナーが選んだその他のメンバー) は、承認済アプリのリストを作成することで、メンバーが入手できるアプリを制限できます。承認済アプリは、Slack の App ディレクトリの特別なカテゴリーに表示されます。approved_apps

アプリが承認済リストにない場合、メンバーはそのアプリのインストールリクエストを送信できます (ワークスペースのオーナーがこのオプションを有効にしている場合)。

承認済アプリ

承認済アプリのリストを作成するには、以下の手順に従ってください :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューから「その他管理項目」を選択します。
  3. 「アプリを管理する」を選択します。
  4. App ディレクトリの右上にある「ブラウズする」をクリックします。
  5. App ディレクトリで承認したいアプリやサービスを検索します。各アプリのページから、「設定」をクリックし、「ワークスペースでの利用を承認する」 をクリックします。

注: アプリのインストール制限設定を有効にする前からインストールされていたアプリとカスタムインテグレーションに関しては引き続き利用できますが、今後アプリをインストールする場合に関して制限され、メンバーは承認をリクエストする必要があります。

Tip: メンバーに提供されているアプリを確認するには、App ディレクトリの右上にある「管理」をクリックします。

制限されたアプリ 

制限されたアプリを見直して再度検討したい場合の手順は次の通りです:

  1. App ディレクトリから右上の Manage (管理)をクリックします。
  2. Restricted Apps (制限付きアプリ) にあるアプリのリストを確認します。
  3. 変更したい場合には、Approve (承認する)をクリックします。

click_approve


アプリリクエストを承認する

アプリ

メンバーが新しいアプリをリクエストすると、ワークスペースのオーナー (および承認済アプリへの権限を持つメンバー) の元に Slackbot メッセージが届きます。

リクエストされたアプリに関し、メンバーの利用を許可する場合は、「承認する」 を、利用を許可しない場合は、「拒否する」をクリックします。

Slackbot_Admin_1_-_Abacus_2x.png

ワークスペースのオーナーは、App ディレクトリの「管理」をクリックすると、保留中のアプリのリクエストを確認することもできます。「承認する」をクリックすると、メンバー全員がアプリをインストールできるようになります。 

注: アプリを承認する前に、該当する App ディレクトリのページにアクセスして、そのアプリの権限とアクセス対象の OAuth 範囲の詳細を確認してください。 

カスタムインテグレーション

Slack の App ディレクトリにあるアプリのように、メンバーはカスタムインテグレーション (スラッシュコマンドなど) のインストールをリクエストすることもできます。以下の点に注意してください。

  • メンバーが1度にリクエストできるのはカスタムインテグレーション1点です (例: スラッシュコマンド1点)。
  • カスタムインテグレーションのリクエストを送信した本人のみが、承認された場合にアプリをインストールできます。

ワークスペースのオーナーは、App ディレクトリの「管理」をクリックしてから、「カスタムインテグレーション」をクリックすると、保留中のカスタムインテグレーションを確認することもできます。「承認する」をクリックすると、メンバー全員がアプリをインストールできるようになります。


アプリのログを確認する

ワークスペースのオーナーと管理者は、追加、変更、または削除されたアプリを追跡する際にアプリログを利用できます。ワークスペースでアプリのインストール制限機能を有効にしている場合、ログには、承認されたアプリや制限されたアプリも記録されています。

アプリログは、アクティビティログ ページで表示できます。また、ワークスペースの Slack 履歴をエクスポートするときにも見ることができます。


解除されたアプリやインテグレーションを管理する

Slack アカウントが解除されたメンバーは、ワークスペースへのアクセスができなくなります。加えて、このメンバーが設定したアプリやインテグレーションは全て自動的に無効となるため、こうしたツールを愛用しているチームの他のメンバーにとっては、問題となる可能性があります。そのためここでは、トラブルを避け、スムーズな業務を維持するための方法を紹介します。

影響を受けるアプリやインテグレーションの見分け方、またこれらを再度有効にするための方法など、サポートが必要なワークスペース管理者の方は Slack までお問い合わせください

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーだけがこの機能にアクセスできます。 
  • フリープランと有料プランのワークスペースで利用できます。

関連記事

最近チェックした記事