ワークスペースのアプリを管理する

アプリの承認設定を有効にすると、ワークスペースのオーナーとアプリの管理権限を持つメンバーは、ワークスペースにインストール可能なアプリをよりきめ細かくコントロールできるようになります。

  • メンバーがインストールするアプリを事前に承認する
  • インストールを許可するアプリをSlack の App ディレクトリにあるもののみに制限する
  • メンバーが使用したいアプリをリクエストできるかどうかを設定する 
  • アプリのインストールリクエストを承認・拒否する

Tip : アプリの管理権限があるメンバーなら誰でも、App ディレクトリのアプリの管理ページから、保留中のリクエスト、アプリの権限、承認の決定を確認できます。

 

承認済アプリのリストを作成する

ワークスペースのオーナーとアプリの管理権限をもつメンバーは、インストール可能なアプリを、ワークスペースで承認されたアプリのみに制限することができます。この制限を設定すると、メンバーが発見・インストールできるのは、App ディレクトリの事前承認済みアプリ一覧にあるアプリのみとなります。

承認済アプリ

承認済みアプリのリストを作成する方法は以下の通りです。 

  1. App ディレクトリへ移動します。
  2. 右上の「検索」をクリックします。
  3. アプリまたはサービスを検索し、検索結果の一覧から選択します。
  4. アプリのページから、 ワークスペースでの利用を承認をクリックします。

注意 :  アプリの承認機能を有効にする前にインストールされたアプリは、この機能を有効にした後もそのまま使えます。メンバーは、新しいアプリのインストールについてはすべて承認をリクエストする必要があります。

制限されたアプリ

ワークスペースで新しいアプリを制限したり、以前に制限済みのアプリを確認するには以下の手順に従ってください。

  1. App ディレクトリ画面の右上の  「管理」をクリックします。
  2. 制限されたアプリにあるアプリの一覧を確認します。
  3. 変更したい場合には、「承認する」をクリックします。

Tip : ゲストによるスラッシュコマンドアクションアプリの使用を制限するには、App ディレクトリの権限を変更します。

 

App ディレクトリのアプリのみを許可する

Slack のApp ディレクトリに掲載されていないアプリのインストール制限は以下の手順で行います。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「App 管理」を選択します。
  3. 画面左側にある「権限」の項目をクリックします。
  4. 「Slack App ディレクトリのアプリのみを許可する」をオンに切り替えます。

 

アプリのリクエストを確認する

アプリとスコープ

アプリのスコープとは、Slack にインストールされたアプリが実行できる内容とアクセス範囲を定める一連の権限を指します。

アプリの承認 設定が有効になっている場合、メンバーが新しいアプリをインストールするには、リクエストの送信が必要となります。また、アプリの開発者がスコープを変更した場合、メンバーにリクエストの送信を促すメッセージが表示される場合があります。

App_Request_-_Previously_Approved.png

リクエストが承認されない場合、すべてのメンバーに関してアプリの使用が制限されます。アプリの新しいスコープを制限した場合には、メンバーは承認済みアプリの既存のバージョンを引き続き使用できます。

リクエストを承認するには、「ワークスペースでの利用を承認」を選択します。拒否するには、「ワークスペースでの利用を制限」を選択します。

カスタムインテグレーション

App ディレクトリにあるアプリのように、チームメンバーはカスタムインテグレーション (スラッシュコマンドなど) のインストールをリクエストすることもできます。その際、以下の点を考慮してください :

  • メンバーが1度にリクエストできるのはカスタムインテグレーション1点です (例: スラッシュコマンド1点)。
  • カスタムインテグレーションのリクエストを送信した本人のみが、承認後にそれをインストールすることができます。

 

アプリのログを確認する

何のアプリが追加・変更・削除されたのか把握しやすいように、アプリログが利用可能です。アプリログにはアプリとスコープの承認・制限の記録も残ります。

アプリログを表示するには、ワークスペースのアクティビティログページを確認するか、ワークスペースのデータをエクスポートします。

 

無効化されたアプリやインテグレーションを管理する

Slack アカウントが解除されたメンバーは、ワークスペースにアクセスできなくなります。また、そのメンバーが作成またはインストールしたアプリの一部も自動的に無効となります。仕事への影響を最低限に抑えるため、ワークスペースのオーナーと管理者は無効になったアプリを再び有効にして引き続き使えるようにすることができます。

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー、場合によってはメンバー
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

関連記事

最近チェックした記事