利用しているツールを Slack に連携させる

Slack はあなたとチームそしてよく使うツールを繋ぐ、デジタルワークプレイスです。外部サービスを Slack に連携させれば、重要なアラートや更新情報の受信、プロジェクトの進捗チェックや管理、その他様々な情報の収集・確認まで、全部 Slack から直接行うことができるようになります。必要なヒトもアプリケーションも全部一箇所にある  ——  そんな、チームが最高の仕事をするのに理想の環境を、Slack は可能にします。

 

Slack プラットフォーム概要

以下2つの方法で、チームの業務を Slack と連携させることができます。

App をインストールして、Slack とサードパーティー製ツールを連携させます。

  • Google ドライブ、Zendesk、Asana、GitHubなどのような、すでにチームで利用していたツールを Slack に連携させれば、更新情報の受信や情報の確認などを Slack 上で直接できるようになります。そのため、このツール…こっちのウィンドウ…と、作業の度に画面を切り替えずに、よりシームレスに作業ができるようになります。
  • さらに、App ディレクトリ  には、多種多様な連携可能なツールがあります。毎日の電話会議に取って代わる自動スタンドアップ・ミーティングツールや、経費精算を簡略化できるツール、チームのエンゲージメント監督ツールなど、チームに役立つ新しいツールを探して取り入れれば、チームの効率もやる気もアップできます。

Slack API を利用してカスタムインテグレーションを作成 すれば、Slack と自社システムを連携させることが可能です。カスタムインテグレーションは完全にあなたの組織独自のものですので、Slack を社内のデータベースと連携させたり、新入社員の研修に役立てたりと、自分達の業務に必要なシステムやツールとどんどん連携させて使うことができます。


Slack とツールを連携させる利点は?

毎日使うツールや一緒に働く仲間を繋ぐことで、チームには以下のようなメリットがあります。

情報へのアクセスをよりオープンにします

チーム内での情報共有を自然と進めることができます。例えば、Statsbot のようなアプリを利用すれば、情報分析担当以外の人でも簡単に、四半期の目標に対しての達成具合を確認することができます。または、会社の Twitter アカウントと連携させれば、カスタマーサポートやマーケティングチーム以外の人も、自社のブランドについてのお客様の意見をより良く知ることができるようになります。

 

急ぎの案件により早く対応できるようになります

モニタリングツールと Slack を連携させてチームに導入し、担当者にタイムリーにアラートや通知が届くようにすれば、急ぎの案件が見逃されることがなくなります。例えば、PagerDuty アプリを「#オペレーション」チャンネルに連携させれば、メンバーはサーバーがダウンしたら即座に知ることができ、リアルタイムデータを同時に確認しながら、メンバーで協力して解決策を相談し、すぐに対処することができるようになります。

 

プロジェクトの進行がよりスムーズになります

プロジェクト管理ツールやファイル管理ツールを特定の「#プロジェクト」チャンネルに繋げることで、プロジェクトに関するすべての情報に一箇所からまとめてアクセスできるようになります。つまり、何件もの異なるメールスレッドを確認したり、外部ツールを開いたりする手間が省けるということです。さらに、そのチャンネルを部門の枠を超えて関係者全員が参加してやり取りする場として使うことで、全員が各自の仕事に必要な情報を効率良く確認できるようになります。

 

意思決定が早くなります

チームの会話と並行してデータを確認することにより、より効果的で現状に合わせた決断をすることができるようになります。外部ツールからのデータをチャンネルで直接確認することで、今後の対応を決断するのに必要な人物を即座に会話に巻き込むことができます。

 

仕事をより快適にします

お仕事をちょっとでも快適にしてくれるモノをいろいろ想像してみてください  ——  フィードバックのやり取りや、毎日のランチ (意外に面倒くさいですよね?)、経費精算処理… そんな毎日のちょっと面倒なコトが、Slack に連携させたアプリを使えば、ぐっとシンプルに、そして楽になります。

 


では、早速アプリを連携させてみましょう!

  •  App ディレクトリ には何百もの連携可能なアプリが登録されています。まずは、ここから色々なアプリを見てみてください。
  • もしすでに使っているツールが見つかったら、早速そのアプリをインストールしましょう。新しいものもどんどん試していってください。

もっと詳しく知りたい場合は、 チームにアプリを追加する  のページからより詳細な手順を確認できます。

 


関連記事

最近チェックした記事