消費税に関して

チームのアカウントの所在地によっては、Slack の料金に消費税がかかる場合があります。

米国の消費税

米国内に所在するチームの場合、消費税は所在する州の州税および地方税の税率に基づいており、請求書に項目として記載されます。

消費税が適用される州 :

  • New York
  • Texas
  • District of Columbia
  • Colorado (Boulder 市のみ)

 御社の住所 の郵便番号に基づいて税率が決定します。 チームの支払い情報を変更する場合は  Billing  ページの  update their billing details  から更新します。

請求書に関するご質問がございましたら、弊社までご連絡ください。喜んでお手伝いさせていただきます!

要注意 :  現時点では、米国以外に所在するチームには消費税は課税されません。この規定に変更がある場合には、チームのオーナーへ事前にご連絡いたします。

Value Added Tax (VAT / 付加価値税) :  今後 EU に所在する有料チームに VAT が課される可能性があります。それまでは Settings  (設定) ページにアクセスして、チームの VAT ID を保管してください。


免税

非課税団体として認定されているチームについては署名済みの最新の消費税非課税証明書を  tax@slack.com  までお送りください。その際、チームの  URL  (例: cat.slack.com) 、および Slack の 正式名称住所 が含まれていることを必ずご確認ください。

Slack Technologies, Inc.
155 5th Street
San Francisco, CA 94103
USA

関連記事

最近チェックした記事