新しいメンバーの Enterprise Grid での体験をプレビューする

OrG の新しいメンバーが Enterprise Grid に初めてサインインするときのプロセスはどのような感じなのか・・・ちょっと気になりますよね?ID プロバイダでサインインした後に、新しいメンバーが体験するプロセスは以下のようなものです。

  • サービス利用規約を確認する
  • ワークスペースを検索して起動する


サービス利用規約を確認する

新しいメンバーがオーガナイゼーションに初めてサインインする際には、Slack のサービス規約を確認するよう促されます。希望に応じて、自社で作成した カスタムサービス規約 をここに含めることもできます。📜✨

「同意します」をクリックすると、次のステップに進むことができます。

Screen_Shot_2018-02-21_at_4.43.48_PM.png


ワークスペースを検索する

次に、できるだけ早く Slack を使い始められるよう、参加できるワークスペース探しのお手伝いをします。 

特定のワークスペースにすでに招待またはプロビジョニングされているメンバーの場合には、そのワークスペースへ移動します。

特定のワークスペースに割り当てられていないメンバーの場合には、以下のいくつのオプションがあります。

  • チームのメンバー (上司や同僚など) を検索すると、その人が参加しているワークスペースが表示されます。
  • 参加すべきワークスペースが分かっている場合には、特定のワークスペースを検索します。

Screen_Shot_2018-02-21_at_3.48.25_PM.png

注意 : Enterprise Grid でアクセスできるワークスペースの数が つ未満の場合には、新しいメンバーは参加できるワークスペースを探すようワークスペースディレクトリへ案内されます。

 

チームメンバーを検索する

ワークスペースを検索する

新しいメンバーは、チームの他のメンバーを検索して、そのメンバーが参加しているワークスペースを確認することができます。ワークスペースへのアクセスが 公開、 リクエスト制または 招待制に設定されている場合、メンバーにはそのチームメンバーが参加している全てのワークスペースが表示されます。

 

公開 Screen_Shot_2018-02-21_at_4.20.29_PM.png公開されたワークスペースにすぐに参加し、Slack を起動することができます。

 

リクエスト制 Screen_Shot_2018-02-21_at_4.20.57_PM.pngメンバーはリクエストが必要なワークスペースへの参加をリクエストし、承認を待ちます。 

アクセス設定が 非公開に設定されているものを除き、メンバーはオーガナイゼーションのワークスペース全てを閲覧することができます。

Screen_Shot_2018-02-21_at_4.39.43_PM.png

注意 : チームメンバーが参加している招待制のワークスペースは誰にでも表示されますが、参加するには招待が必要になります。

関連記事

最近チェックした記事