Enterprise Grid の監査ログ

監査ログからは Enterprise Grid 上の変更や使用の履歴が確認でき、OrG を安全な状態に保ち、誤ったツールの使用を防ぐ上で役立ちます。 

Slack の監査ログ API は、以下のような Enterprise Grid OrG のセキュリティ、法的、コンプライアンス上の要件を念頭に設計されています。

  • セキュリティ情報/イベント管理 (SIEM) ツールにデータを送信する。
  • セキュリティ上の潜在的な問題や OrG への悪質なアクセスの試みを監視する。
  • 社内での Slack の使用方法について理解を深めるカスタムアプリを構築する。 


監査ログ API を使用する

監査ログへは管理者ダッシュボード内からアクセスすることはできませんが、監査ログ API の使い方について詳細を確認 したり、チームの技術担当者に相談してこのメソッドの使用を検討してみると良いでしょう。  

Tip :  Slack Enterprise Grid 向けのアナリティクスでオーガナイゼーション全体をよりよく理解しましょう。

注意 : 監査ログでは、この API メソッドがワークスペースに適用された 2018年3月中旬時点までのデータを確認することができます。   

 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG のオーナーが監査ログ API にアクセスできます。
  •   Enterprise Grid プランで利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事