Slack でスクリーンリーダー (画面読み上げ機能) を使用する

スクリーンリーダー機能は、Slack の キーボードアクセシビリティショートカットを基に構築されています。操作しやすいよう、Slack アプリのセクションやエレメントには全て ラベルが追加されています。また、スクリーンリーダーは、オートコンプリートやスター付きまたはピン留めされたメッセージを認識したり、その他のアクション (リアクションや返信など) をトリガーすることもできます。

スクリーンリーダーの動作

スクリーンリーダーの種類により、Slack の操作やアクションのための方法が異なる場合があります。以下のステップでは、Slack でスクリーンリーダーを使用する際の基本的な操作について説明しています。

🗺 トップレベルの操作

Slack アプリは、チャンネルサイドバー、ワークスペースメニュー、チャンネルヘッダー、検索フィールド、メッセージ画面、メッセージフィールドと右サイドバーの7つのトップレベルセクションで構成されています。

これらのセクションの操作は、見出し名から行うことができます。もしくは、キーボードショートカット  Ctrl `  (Windows/Linux の場合。Mac の場合は Control `) を使って次のセクションへ移動することもできます。

Tip : デスクトップアプリでは、ショートカット F6 を使って移動することもできます。ウェブブラウザで Slack を使用する際には、 ControlF6 (Windows/Linuxの場合。Mac の場合は (CmdF6) を使って移動が可能です。

 

📖 メッセージを読む

閲覧中のチャンネルのメッセージウィンドウがメインのセクションとなり、そのチャンネル名のラベルが追加されています。メッセージ一覧を読む方法は以下の通りです :

バーチャルナビゲーション

フォーカスナビゲーション

バーチャルナビゲーションでは、各メッセージがリスト項目となり、その他のアクションそれぞれにボタンが表示されます。

  1. メッセージ画面に移動するには Control (Ctrl/Control) `を押してください。 
  2. 個々のメッセージ間を移動するには、 I を押してください。

Note: バーチャルカーソルは通常、最初のリスト項目にジャンプしますが、これが古いメッセージである場合もあります。このため、最新のメッセージから読み始めるには、フォーカスナビゲーションでメッセージを読むことをおすすめします。

  1. メッセージ画面に移動するには Control (Ctrl/Control` を押してください。 
  2.   または  を押して、個々のメッセージ間を移動します。
    または、以下のキーのいずれかを使用します :

    Page up (Windows) / (Mac) : ページの上方向へ移動
    Page down(Windows) / (Mac) : ページの下方向へ移動
    Home (Windows) /fn (Mac) : 一番古いメッセージへ移動
    End (Windows) /fn (Mac) : 最新のメッセージへ移動

    Spacebar : メッセージ間の移動

 

🔄 チャンネルまたは DM への切り替え

チャンネルとダイレクトメッセージはすべて、見出し付きでARIAランドマークとしてチャンネルサイドバーセクションに一覧表示されます。こうした第2レベルのエレメントは、会話間をすばやく移動するうえで役立ちます。

バーチャルナビゲーション

フォーカスナビゲーション

  1. チャンネルサイドバーに移動するには Control (Ctrl/Control` を押してください。 
  2. チャンネルまたは DM に移動するには I を押してください。
  3. 選択するには Enter を押してください。
  1. チャンネルサイドバーに移動するには Control (Ctrl/Control` を押してください。 
  2. チャンネルあるいは DM に移動するにはTabを押してください。
  3. 選択するには Enter を押してください。

Tip : チャンネルと DM 間ですばやく切り替えるには、Cmd+K (Mac) または Ctrl+K (Windows/Linux) を使いましょう。クイックスイッチャーの使い方を参照してください。

 

🔔 通知へのアクセス

スクリーンリーダー使用中に通知を受信するためには、Slack デスクトップアプリをダウンロードしてデスクトップ通知を有効にします。

また、「アクティビティ」にアクセスして、メンションを含むメッセージや絵文字リアクションを見つけることもできます :

バーチャルナビゲーション

フォーカスナビゲーション

  1. Control (Ctrl/Control` を押してチャンネルヘッダーに移動します。
  2. I を押して 「アクティビティ」 ボタンに移動し、Return を押します。
  3. Tab を押すと、「アクティビティ」 項目のさまざまなアクション間を移動することができます。
  4. メッセージを時系列で表示するには、 を押します。
  1. チャンネルヘッダーに移動するには Control (Ctrl/Control) ` を押してください。 
  2. Tab を押して 「アクティビティ」 ボタンに移動し、Enter を押します。
  3. Tab を押すと、「アクティビティ」 項目のさまざまなアクション間を移動することができます。
  4. メッセージを時系列で表示するには、 を押します。

Tip : キーボードショートカット Ctrl+Shift+M を使って 「アクティビティ」 にアクセスすることもできます。

 

スクリーンリーダーとキーボードショートカットの併用

Slack アプリは標準のキーボードアクセシビリティに対応していますが、Tab 操作は時間がかかる場合もあると思います。そこで、より手早く操作できる キーボードショートカットをご用意しています。

キーボードショートカットすべてを一覧表示するには、チャンネルヘッダーセクションの  (3つの垂直ドットアイコン) へ移動し、Enter を押すか、Control (Ctrl/Control)/のショートカットを使います。

関連記事

最近チェックした記事