解除されたメンバーのアプリやインテグレーションを管理する

Slack アカウントが解除されたメンバーは、ワークスペースへのアクセスができなくなります。加えて、このメンバーが設定したアプリやインテグレーションは全て自動的に無効となります。 

メンバーの解除後に、ワークスペースの他のメンバーはアプリやインテグレーションを再度有効にすることができます。場合によっては、これらのアプリやインテグレーションを新しいオーナーへ譲渡することも可能です。


簡単に説明すると:

アプリやインテグレーションを新しいオーナーに譲渡する際のプロセスは、対象となるアプリやインテグレーションのタイプやアカウント解除のタイミングにより異なります。

譲渡できるアプリとできないアプリ

 譲渡できる内容 

  • アプリやインテグレーションの一部 (Slack やレガシーカスタムインテグレーションが作成したものも含まれます)
  • 例 : 着信 Webhook やボットユーザーなど

🚫 譲渡できない内容 

  • 各メンバーに固有の API トークンを必要とするアプリやインテグレーション (App ディレクトリに含まれるアプリの大半)
  • 例 :  Google Calendar、MailChimp、Stripe、Zapier など

Tip : API トークンはユーザーに関連付けられているため、メンバーのアカウントが解除された時点でトークンも自動で無効化されます。この場合、アプリの使用を再開するためには、別のメンバーがアプリを新たにインストールし、設定する必要があります。  

内部アプリについてヒトコト: 解除されたメンバーは、ワークスペースの内部アプリのコラボレーターではなくなります。コラボレーターが1人しかいなかった場合には、ワークスペースのオーナーや他のメンバーがコラボレーターとなることができます。


アプリとインテグレーションの譲渡

ほとんどの場合、解除されたメンバーに属するアプリやインテグレーションについては、他のメンバーが再度有効にするのが最も簡単な方法です。この方法ではアプリが他のメンバーに譲渡されることはありませんが、再度アプリが利用できるようになります。  

譲渡対象となるアプリやインテグレーションの譲渡を希望する場合には、ワークスペースのオーナーから Slack へお問い合わせください。お問い合わせには以下の内容を記載してください : 

  • ワークスペース名
  • アプリやインテグレーションの移行先となるメンバーのメールアドレス
  • 解除される予定の (または、すでに解除された) メンバーのメールアドレス

注意 : ボットインテグレーションを譲渡する場合には、対応するトークンが自動で再生成されます。譲渡後は、古いボットトークンを参照先とするすべてのコードの更新が必要となります。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー が譲渡をリクエストすることができます。
  •  全てのプランで利用することができます。

関連記事

最近チェックした記事