ワークスペースからメンバーのプロフィールを削除する

ワークスペースと OrG のプライマリーオーナーは、メンバーの個人データを Slack から削除するよう、Slack に対しリクエストすることができます。 企業の 一般データ保護規則 (GDPR) の遵守をサポートするため、こうしたユーザーの個人情報を削除する機能をご用意しました。

メンバーへのヒトコト : ワークスペースからあなたの個人情報を削除してもらいたい場合には、プライマリーオーナーに削除リクエストを提出しましょう。詳しい方法はここから

Slack に問い合わせる

Slack は、プライマリーオーナーからリクエストがあった場合にのみ、メンバーのプロフィール情報を削除することができます。プライマリーオーナーがメンバーのプロフィールを削除するようリクエストを受けた場合には、Slack までお知らせください。その際に、対象となるメンバーの氏名、メールアドレス、ワークスペースの URL を必ず記載してください。

プライマリーオーナーの許可のもと、Slack は対象のメンバーの名前やメールアドレス、その他のそのメンバーに固有の識別子をワークスペースから削除します。 

✅削除される内容

メンバーのプロフィール情報 : 

  • 表示名
  • 氏名
  • プロフィール写真 
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • タイトル
  • その他のプロフィール情報 (カスタムフィールド)

🚫削除されない内容

メッセージ履歴を保存するための情報 :

  • メッセージの内容 (パブリックチャンネル、プライベートチャンネルや DMからのもの)
  • ポストやファイル 
  • メンション (氏名や表示名は @deactivateduser として表示されるようになります)
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのプライマリーオーナー と  OrG のプライマリーオーナー は、 メンバーのプロフィールの削除をリクエストすることができます。 
  • 無料 プラン・ 有料 プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事