デスクトップ通知のトラブルシューティング

デスクトップアプリやブラウザの通知がきちんと機能していない?大丈夫!このガイドが問題の診断と解決をお手伝いします。 

 

通知の基本

✅ 以下の場合に通知が送信されます 

  • メンションが使われた場合 (例 : @everyone、@here、@ユーザー名、等)
  • メッセージにあなたのキーワードが含まれている場合
  • かがスレッドであなたのメッセージに返信した場合 
  • 誰かが #general チャンネルに投稿した場合

🚫 以下の場合には通知は送信されません 

  • チャンネルまたはワークスペースがミュート状態の場合
  • おやすみモードが有効になっている場合
  • メッセージ送信時にあなたがチャンネル内でアクティブ状態の場合
  • お使いのオペレーティングシステムで通知がオフになっている場合 

注意 : メッセージを編集して @メンション を追加した場合、そのメンションされたメンバー宛には Slack からの通知は送られません。

 

デスクトップアプリのトラブルシューティング

Step 1 : おやすみモード設定をチェック

届くはずの通知が届かない・・という場合、おやすみモードがオンになっている可能性があります。この設定は環境設定から確認することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューの「環境設定」をクリックします。
  3. 画面左の「通知」タブの「おやすみモード」の項目で、この機能が通知機能を妨害していないか確認しましょう。

 

Step 2 : テスト通知を送信

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    workspace_menu
  2. メニューの「環境設定」をクリックします。
  3. 「通知」の項目の「サウンド & 表示」で、「通知サンプルをチェック」をクリックします。

うまく機能すれば、「ナイス!機能したようですね。」という通知メッセージがポップアップ表示されます。

 

Step 3 : オペレーティングシステムをチェック

テスト通知の読み込みがうまくいかなかった場合には、ご利用のオペレーティングシステムによって通知がブロックされていないかを確認してください。

Mac OS

Windows

  1. 「システム環境設定」から「通知」をクリックします。
  2. 左側に表示されるリストから「Slack」を見つけます。
  3. 「Slack の通知スタイル」「バナー」または「通知パネル」に設定します。

Tip : バナー は画面上に数秒間表示され、通知パネルはユーザーが操作して消すまで表示されたままになります。

  1. 「Windows アクションセンター」をタスクバー右下から開きます。 
  2. 「すべての設定」>「システム」の順にクリックします。
  3. サイドバーから「通知と操作」を選択します。 
  4. 「アプリの通知を表示する」のオプションがオンになっていることを確認します。
  5. 最後に、そのリストの中から「Slack」を見つけて、通知を送信するオプションがオンになっていることを確認します。

 

ブラウザ版 Slack のトラブルシューティング

ブラウザで Slack を利用している場合には、お使いのブラウザ設定で通知が有効になっていることを確認してください。

Google Chrome

Firefox

Safari

  1. メニューから「環境設定」をクリックします。
  2. ページの一番下で「詳細設定」をクリックします。
  3. 「プライバシーとセキュリティ」の項目で、「コンテンツ設定」>「通知」の順にクリックします。
  4. 「送信する前に確認する (推奨)」がオンになっていることを確認します。
  1. メニューから「環境設定」をクリックします。
  2. 「プライバシーとセキュリティ」>「設定」(「通知」の隣) の順にクリックします。
  3. 「通知の許可」リストにご利用の Slack ワークスペースが含まれていることを確認します。
  1. メニューから「環境設定」をクリックします。
  2. 「ウェブサイト」タブで「通知」を選択します。
  3. ご利用の Slack ワークスペースによる通知の送信が「許可」されていることを確認します。

注意 : お使いのブラウザで開いているワークスペースについてのみ通知が届きます。

それでも通知が届かない?以上を試しても通知がやっぱり届かない・・という場合は、Slack までお気軽にお問い合わせください! 

関連記事

最近チェックした記事