Hipchat のデータを Slack へインポートする

Slack へようこそ!このガイドでは、Hipchat から Slack へデータをインポートする方法を詳しく説明します。Slack が初めての方は、始める前に Slack のワークスペースを作成する必要があります。ワークスペースがすでに作成されている場合は、ワークスペースにサインインしてください。

Slack インポートの仕組み :

  • アクティブな Slack ワークスペースをすでにお持ちですか?Slack は一致するデータを自動でペアリングするので、ユーザーやルーム (Room) の統合も、ステータス (アクティブ、解除済み、パブリック、プライベートなど) の維持も簡単にできます。
  • Slack のワークスペースを新しく作成する時も、既存のワークスペースを使う時も、ユーザーやルームの事前に選択されたインポート設定を変更して、ワークスペースを思いのままに設定できます。
  • Enterprise Grid の OrG へのインポートには対応していませんが、代わりに、ワークスペースにデータをインポートし、OrG にそのワークスペースを移行することができます。

サポートが必要なら、いつでも気軽に Slack サポートチームまでお問い合わせください

 

Step 1 : グループのアーカイブのコピーをダウンロードする

Hipchat のアーカイブは、グループのユーザー、ルーム、ダイレクトメッセージをすべてまとめた 1 つのファイルです。このファイルを使用して、データを Slack にインポートします。次の手順でアーカイブをダウンロードします。

  1. Hipchat のバージョンに応じて、Atlassian のエクスポートガイドの Hipchat CloudHipchat Server/Data Center のいずれかの手順に従ってください。
  2. エクスポートする時に入力したパスフレーズをメモしておきます。次のステップで必要になります。

Tip : 移行をできるだけスムーズに行うために、Hipchat から Slack への移行に関するよくある質問のページと開発者向けアプリ移行ガイドをチェックしてください。

 

Step 2 : アーカイブを Slack へアップロードする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」「ワークスペースの設定」を選択します。
  3.  「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4.  「Hipchat または Stride」 の横にある  「インポート」を選択します。
  5. 「ファイルを直接アップロードする」をクリックし、アーカイブファイルを選択します。ファイルをアップロードする前に名前や内容を変更しないでください。どのデータをインポートするかは、このあとのステップで詳しく選択できます。
  6. パスフレーズを入力し、 「アップロード」をクリックします。
  7. ファイルのアップロード中はウィンドウを開いたままにしてください。アップロードが完了すると、メールで通知が届きます。メール上の「インポートを続行する」をクリックして Step 3 に進みます。

アップロードするファイルが大きく、2GB を超える場合は、オンラインストレージサービス (Google ドライブ、Dropbox、Box など) にアップロードしてから、「直接ダウンロードリンク」のテキストフィールドにリンクをペーストしてください。

 

Step 3 : インポート設定を確認してユーザーを追加する

これで、アーカイブから Slack にユーザーを追加する準備が整いました。特定のインポートオプションが表示されるかどうかは、ワークスペースのステータスによって異なります。

  • 新しい Slack ワークスペースの場合 :
    Slack のワークスペースにはまだメンバーを招待していません。
  • 既存の Slack ワークスペースの場合 :
    ワークスペースに追加したメンバーがすでに Slack を利用しています。 

インポートには次のオプションがあります。

  • ユーザーを統合する
    メールアドレスが一致する Hipchat ユーザーと Slack メンバーを統合します。
  • 新規ユーザーとしてインポートし Slack に招待する
    Hipchat ユーザーを新しい Slack メンバーとして追加し、ワークスペースに招待します。
  • 解除済みユーザーとしてインポートする
    ユーザーのメッセージが Slack に追加され、解除されたアカウントと関連付けられます。準備ができたら、これらのユーザーが Slack を使用できるよう、復活させることができます。
  • これらのユーザーをインポートせず、そのメッセージだけをインポートする
    ユーザーの公開メッセージは Slack に追加されユーザー名と関連付けられますが、ユーザーのアカウントは作成されません。ダイレクトメッセージやファイルはインポート対象外となります。
  • これらのユーザーもそのメッセージもインポートしない
    ユーザーを除外し、そのメッセージやファイルもインポートしません。

次の手順でユーザーをインポートします。 

新しい Slack ワークスペース

既存の Slack ワークスペース

  1. 「ユーザーを表示」の横の (矢印アイコン) をクリックすると、アーカイブに含まれるユーザーと事前に選択されたインポート設定が一覧表示されます。
  2. ユーザーのインポート設定を確認します。特定のユーザーに対して個別の設定を選択するには、ユーザー名の横のドロップダウンメニューを開き、必要な設定を選択します。
  3. 完了したら、「次へ」をクリックして次に進みます。 
  1. まず、一致するメールアドレスを持つユーザーのインポート方法を設定します。特定のユーザーごとに個別のインポート設定を選択するには、「ユーザーを表示」横の矢印をクリックします。
  2. 次に、一致するメールアドレスがないユーザーのインポート方法を設定します。「ユーザーを表示」の横の (矢印アイコン) をクリックすると特定のユーザーに対して個別のインポート設定を選択することができます。
  3. 「次へ」をクリックして次に進みます。

Tip : ユーザー全員に同じインポート設定を適用するには、メインの「ユーザーをインポートする」ドロップダウンメニューから適用したい設定を選択します。

 

Step 4 : インポート設定を確認してルームを追加する

Hipchat ルームをチャンネルとして Slack に追加していきます。ユーザーの追加と同様に、パブリックルームとワークスペース内の Slack チャンネルは同名のもの同士を統合することができます。

新しい Slack ワークスペース

既存の Slack ワークスペース

  1. 「ルームを表示」の横の (矢印アイコン) をクリックすると、アーカイブ内のルームと事前に選択したインポート設定が一覧表示されます。
  2. ルームのインポート設定を確認します。特定のルームに対して個別のインポート設定を選択するには、ルーム名の横のドロップダウンメニューを開いて設定を選択します。
  3. 完了したら、「次へ」をクリックして次に進みます。 

注意 : Slack 内の既存のプライベートチャンネルと、インポートした Hipchat ルームの名前が同一であっても、これらは統合されません。プライバシー上の理由から、新しいチャンネルが作成されます。

  1. 一致する Slack チャンネルがあるルームについて、そのインポート方法を設定します。この段階でチャンネルのプライバシー設定を変更することもできます。
  2. 一致する Slack チャンネルがないルームに関し、そのインポート方法を設定します。必要であればプライバシー設定を変更してください。
  3. 「次へ」をクリックして次に進みます。

 

Step 5 : サマリーを確認してインポートを実行する

  1. 選択された情報を確認し、問題がないことを確かめます。
  2. インポートに最終的な変更を加える必要がある場合には、 「編集する」をクリックします。インポート手順の Step 4 に戻り、チャンネルのデータを編集できるようになります。ユーザーを変更するには、 「インポートするユーザーを選択する」を選択します。
  3.  「次へ」をクリックしてインポートのサマリーに戻ります。
  4. データをインポートする準備ができたら 「インポート」をクリックします。データのインポート状況はインポートプログレスバーから確認できます。現在 Slack へ移行中のデータの横には 「Importing...」 のメッセージも表示されます。
  5. インポートが完了すると、Slack からメールで通知が届きます。 

インポートのトラブルシューティング

インポートが途中で止まってしまった場合には、お問い合わせください。インポートを続行できるよう Slack サポートチームがお手伝いします!

インポートをロールバックするには、 「インポートを元に戻す」ボタンをクリックします。インポートしたチャンネルとメッセージが Slack ワークスペースから削除されますが、メンバーは削除されません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー管理者
  • フリースタンダードプラスの各プラン

関連記事

最近チェックした記事