Hipchat のデータを Slack へインポートする

Slack へようこそ!新しいコミュニケーションの拠点として Slack へ移行するに当たって、Hipchat のデータをインポートすることもできます。Slack が初めての場合でも、すでに Slack を使いこなしている場合でも、このガイドを参考にしてスムーズにインポートを完了させましょう。

  • 初めて Slack を使う場合
    Hipchat グループのコピーを使用してワークスペースを新規作成します。
  • すでに Slack ユーザーである場合
    Hipchat の既存のユーザーとルームを Slack ワークスペースへ追加します。

分からない点がある? 途中で行き詰まった時には、お気軽に お問合せくださいSlack 使い方ガイド も特別に用意しています!

データをインポートする

Tip : 移行をできるだけスムーズに行うために、Hipchat から Slack への移行に関するよくある質問のページと開発者向けアプリ移行ガイドをチェックしてください。

初めて Slack を使う場合

すでに Slack ユーザーである場合

最初に、Slack ワークスペースを作成します。(ステップごとに分かりやすい説明がありますのでご安心を!) ワークスペースの準備ができたら、「Hipchat のデータを Slack へインポートする」をクリックします。

後から Slack の データのインポート ページに戻ってきてインポートを開始したい場合は、以下の手順に従います:

  1. デスクトップの左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4. Hipchat の項目の「   インポート」をクリックします。


Step 1 : Hipchat グループのアーカイブのコピーをダウンロードする

Hipchat のアーカイブは、グループのユーザー、ルーム、1対1のメッセージのすべてが1つのファイルにまとまっています。このファイルを使用して、Hipchat のデータを Slack へインポートすることができます。ファイルへのアクセス方法 :

  1. お使いのバージョンにより、Hipchat Cloud または Hipchat Server/Data Center のいずれかのドキュメンテーションを確認します。
  2. Hipchat からのエクスポート時に入力したパスフレーズをメモしておきます。(次のステップで必要になります!)
  3. Slack のデータのインポートページで「次へ」をクリックして続行します。 


Step 2 : Hipchat のアーカイブを Slack へアップロードする

  1. アーカイブへのリンクを「直接ダウンロードリンク」 フィールドに貼り付けるか、「直接アップロードする」 をクリックしてファイルを選択します。アップロードする前は、ファイル名やファイルの内容を変更しないでください。インポートするデータは、このあとのステップで選択できます。
  2. 「アップロード」をクリックします。
  3. Hipchat のエクスポート時に使用したパスフレーズを入力します。
  4. 「送信」をクリックします。
  5. ファイルのアップロード中はウィンドウを開いたままにしてください。アップロードが完了すると、メールで通知が届きます。メールに記載の「インポートを完了する」をクリックして続行します。

大きなファイルで サイズが2GB を超える場合には、オンラインストレージサービス (Google ドライブや Dropbox、Box など) に一旦アップロードして、「リンクを Slack に提出する」をクリックしてください。



Step 3 : インポートするユーザーを選択する 

次に、Hipchat アーカイブから Slack へユーザー (Slack では「メンバー」と呼ばれます) を追加します。以下のインポートオプションのいずれかを選択できます:

  • ユーザーを新規作成し、招待する
    Hipchat ユーザーを新規の Slack メンバーとして追加し、ワークスペースに参加するための招待を送信します。
  • 解除済みアカウントとしてユーザーを登録し、招待はしない
    このオプションでは、メッセージ履歴は保持されますが、Slack へユーザーは追加されません (解除済みメンバーとして表示されます)。後でこれらのユーザーをワークスペースに招待し、追加することも可能です。
  • 新しいユーザーを作成せずに、メッセージだけをインポートする
    ユーザーのメッセージだけが Slack にインポートされます。メッセージはユーザー名に関連付けられますが、メンバーのプロフィールは作成されません (1 対 1 のメッセージとファイルは含まれません)。 ユーザーをインポートしないと、プライベートチャンネルに作成者以外のメンバーが存在しない状態になります。
  • 特定のユーザーを除外して、そのメッセージもインポートしない
    Slack へ追加したくないユーザーについてはこのオプションを使用します。
     

ユーザーのインポートは以下の手順で行います :

  1. Hipchat からユーザーをインポートする方法を選択します。
  2. 個別のユーザーのインポート設定を変更したり、別々の設定を適用するためには、「ユーザーを表示」の横の矢印をクリックします。
  3. 「次へ」をクリックして続行します。

注意 : 招待の有効期限は24時間 (ワークスペースで SSO を有効化している場合には72時間) となります。


Step 4 : インポートするルーム (room) を選択する

Slack へインポートされたルームはすべて「チャンネル」として扱われます。インポートには以下のオプションがあります :

  • 新しいルーム (チャンネル) を作成する 
  • ルームをインポートしない
  • 手動で設定する
  1. ワークスペースにインポートする Hipchat ルームを選択します。
  2. ルームをパブリック (メンバー全員に公開) にするか、プライベート (特定のメンバーのみに公開) にするかを決定します。ここでの選択内容により、ルームが Slack でパブリックチャンネルとプライベートチャンネルのどちらになるかが決まります。
  3. 個別のルームのインポート設定を変更するためには、「ルームを表示」の横の矢印をクリックします。
  4. 「次へ」をクリックして続行します。

注意 : ボットメッセージは未処理の HTML データとして Slack にインポートされます。ボットメッセージをインポートしたくない場合は、 ボットメッセージのチェックを外してください。



Step 5 : インポートを実行する

  1. インポートするユーザーとルームの概要を確認します。
  2. 「インポート」をクリックして終了です。

注意 : 「インポートを取り消す」のボタン を使用するとインポートがロールバックされます。この動作により、インポートされたルームと Slack ワークスペースからのメッセージが削除されますが、ユーザーは削除されません。

すでに Slack をお使いですか?以下の手順により、Hipchat のデータを既存のワークスペースへインポートすることができます。

注意 : 現時点では、Enterprise Grid Org へのエクスポートには対応していません。その代わりに、ワークスペースへデータをインポートし、Enterprise Grid Org へそのワークスペースを移行することができます。

Slack の データのインポート ページへ移動します。

  1. デスクトップの左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4. Hipchat の項目の「   インポート」をクリックします。


Step 1 : Hipchat グループのアーカイブのコピーをダウンロードする

Hipchat のアーカイブは、グループのユーザー、ルーム、1対1のメッセージのすべてが1つのファイルにまとまっています。このファイルを使用して、Hipchat のデータを Slack へインポートすることができます。ファイルへのアクセス方法 :

  1. お使いのバージョンにより、Hipchat Cloud または Hipchat Server/Data Center のいずれかのドキュメンテーションを確認します。
  2. Hipchat からのエクスポート時に入力したパスフレーズをメモしておきます。(次のステップで必要になります!)
  3. Slack のデータのインポートページで「次へ」をクリックします。


Step 2 : Hipchat のアーカイブを Slack へアップロードする

  1. アーカイブへのリンクを「直接ダウンロードリンク」 フィールドに貼り付けるか、「直接アップロードする」 をクリックしてファイルを選択します。アップロードする前は、ファイル名やファイルの内容を変更しないでください。インポートするデータは、このあとのステップで選択できます。
  2. 「アップロード」をクリックします。
  3. Hipchat のエクスポート時に使用したパスフレーズを入力します。
  4. 「送信」をクリックします。
  5. ファイルのアップロード中はウィンドウを開いたままにしてください。アップロードが完了すると、メールで通知が届きます。メールに記載の「インポートを完了する」をクリックして続行します。

大きなファイル でサイズが2GB を超える場合には、オンラインストレージサービス (Google ドライブや Dropbox、Box など) に一旦アップロードして、「リンクを Slack に提出する」をクリックしてください。 



Step 3 : インポートするユーザーを選択する 

Hipchat アーカイブから Slack へユーザーを追加します。ユーザーの中には、Slack を初めて使うメンバーと、すでに Slack ワークスペースに参加しているメンバーが混在する場合もあるかと思います。

インポートには以下のオプションがあります :

  • ユーザーを照合する
    Hipchat と Slack の間でメールアドレスが一致するユーザーを統合します。
  • ユーザーを新規作成し、招待する
    Hipchat ユーザーを新規の Slack メンバーとして追加し、ワークスペースに参加するための招待を送信します。
  • 解除済みアカウントとしてユーザーを登録し、招待はしない
    このオプションでは、メッセージ履歴は保持されますが、Slack へユーザーは追加されません (解除済みメンバーとして表示されます)。後でこれらのユーザーをワークスペースに招待し、追加することも可能です。
  • 新しいユーザーを作成せずに、メッセージだけをインポートする
    ユーザーのメッセージだけが Slack にインポートされます。メッセージはユーザー名に関連付けられますが、メンバーのプロフィールは作成されません (1 対 1 のメッセージとファイルは含まれません)。ユーザーをインポートしないと、プライベートチャンネルに作成者以外のメンバーが存在しない状態になります。 
  • 特定のユーザーを除外して、そのメッセージもインポートしない
    ユーザーを除外し、そのメッセージも Slack へインポートしません。
  • 手動で設定する
    各ユーザーのインポート方法を個別に選択します。


ユーザーのインポートは以下の手順で行います :

  1. 一致するメールアドレスを持つユーザーのインポート方法を設定します。「ユーザーを表示」の横の矢印をクリックすると個別のユーザーのインポート設定を変更することができます。
  2. 次に、一致するメールアドレスがないユーザーのインポート方法を設定します。「ユーザーを表示」の横の矢印をクリックすると個別のユーザーのインポート設定を変更することができます。
  3. 「次へ」をクリックします。

Step 4 : インポートするルーム (room) を選択する

ユーザーと同様に、一致する Hipchat ルームと Slack チャンネルを統合したり、チャンネルを新規に作成することができます。Slack への移行後のルームをパブリック (メンバー全員に公開) にするかプライベート (特定のメンバーのみに公開) にするかを決定することも可能です。

Slack 内に既に同名のプライベートチャネルがあってもチャンネルの統合は行わず、新しいチャネルが作成されます (プライバシー保護のため) 。

インポートには以下の方法があります :

  • ルームとチャンネルを照合する
  • 新しいチャンネルを作成する
  • ルームをインポートしない
  • 手動で設定する 


ルームのインポートは以下の手順で行います :

  1. 一致する Slack チャンネルがあるルームに関し、そのインポート方法を設定します。「ルームを表示」の横の矢印をクリックすると個別のルームについて選択内容を変更することができます。 
  2. 一致する Slack チャンネルがないルームに関し、そのインポート方法を設定します。「ルームを表示」の横の矢印をクリックすると個別のルームのインポートオプションを変更することができます。
  3. 「次へ」をクリックして続行します。

注意 : ボットメッセージは未処理の HTML データとして Slack にインポートされます。ボットメッセージをインポートしたくない場合は、 ボットメッセージのチェックを外してください。


Step 5 : インポートを実行する

  1. インポートするユーザーとルームの概要を確認します。
  2. 「インポート」をクリックして終了です。

注意 : 「インポートを取り消す」のボタン を使用するとインポートがロールバックされます。この動作により、インポートされたルームと Slack ワークスペースからのメッセージが削除されますが、ユーザーは削除されません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナー 管理者のみが この機能にアクセスすることができます。 
  • 無料プラン・有料プラン、どちらのワークスペースでも利用可能です。

関連記事

最近チェックした記事