アプリの新しいフレームワーク (レガシー)

注意 : Slack では、フィードバックをもとに機能の改善を随時行っています。開発者がアプリをアップグレードしやすく、また、ユーザーに対してより信頼性の高いアプリを提供できるよう随時変更を加えています。詳細は Slack プラットフォームブログ を参照してください。

現在、Slack 向けアプリの構築方法 を更新中です。信頼性を高める技術的基盤を構築し、ワークスペースのオーナーや管理者のためのアプリ管理機能のさらなる改善に取り組んでいます。 App ディレクトリ にはすでにこの新しいフレームワークを使用したアプリがいくつか登場していますが、今後この数がさらに増える予定です。 


新しいアプリのフレームワークについて

この新しいフレームワークを理解するためには、アプリと一緒にビルドされる「トークン」の種類に着目するとよいでしょう。トークンによって、アプリと Slack ワークスペースとの連携が可能になります。

現在、Slack アプリ用に開発者が使用できるトークンには以下の2種類があります。この2つのトークンの主な違いは、ワークスペースへの接続方法にあります :

  • ユーザートークン
    現在のアプリの大半はユーザートークンを用いて構築されているため、個別のメンバーに紐付けられています。したがって、アプリはそのアプリをインストールしたユーザーのアクセスを反映し、そのメンバーが参加しているすべてのチャンネルに自動でインストールされます。こうした技術的な構造というのは通常はだれも気が付かない場合が多いですが、アプリをインストールしたメンバーがワークスペースから退出すると、インストールされたアプリも無効化されます。
  • ワークスペーストークン
    新しいフレームワークにより、アプリは、個別のユーザーではなく、ワークスペーストークン経由でワークスペースへ連携されるようになります。アプリがアクセス可能なチャンネルは簡単かつ詳細に設定することができます。アプリはインストールしたメンバーに紐付けられていないため、そのメンバーが異動してメンバーの Slack アカウントが解除された場合でも、アプリの連携は維持されます。


アプリをチャンネルに連携させる

  1. Slack へ他のアプリを連携させる方法とまったく同じ方法で新しいアプリをインストールします。詳しくは ワークスペースにアプリを連携させる を参照してください。
  2. アプリが使えるチャンネルを選択します。すべてのパブリックチャンネルや特定のパブリックチャンネルで使えるようにすることも、すべてのチャンネルでアプリを使えないようにすることもできます。

ワークスペースへのインストールが完了したら、以下のいずれかの方法でいつでも他のチャンネルへアプリを連携させることができます:

  • スラッシュコマンド: /invite [アプリ名] 
  • 左サイドバーから: 「アプリ」 の横の (プラスアイコン) をクリック 
  • 右サイドバーの  「チャンネル詳細」 から、 「+アプリを追加する」 ( 「アプリ」の項目) をクリックする


ワークスペースからアプリを削除する

  1. デスクトップから、 Slack の App ディレクトリ にアクセスします。
  2. 削除するアプリを検索して選択します。
  3. 対象のアプリのページで、「設定」ボタンをクリックします。
  4. 左のメニューから、「ワークスペースへのアクセス」を選択します。
  5. 「アプリをアンインストールする」をクリックします。


新しいフレームワークで構築されたアプリを試してみる

  • 📋Asana
    業務のトラッキングとプロジェクト管理のためのオンラインツール。
  • 💻Github
    ソースコードのプロジェクトをホストするレポジトリサービス。Git リビジョン管理システムを使用して変更を追跡することができます。
  • 🛠Sentry
    オープンソースのエラー追跡システム。スタック内のクラッシュが、発生した時点でエラーを修正するためのコンテキストと共に表示されます。
  • 👩‍💻Zendesk
    カスタマーサポートチケットの追跡、優先順位付けや解決のためのシステム。

Tip : 新しいフレームワークでのワークスペースアプリのビルドに興味がありますか?Slack の API ドキュメンテーション をチェックして、開発者用プレビューに参加 してみましょう!

関連記事

最近チェックした記事